科学的根拠に基づく 「産業保健における復職ガイダンス」

科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」
公開のお知らせ

日本産業衛生学会関東地方会で作成しておりました、科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」が第90回日本産業衛生学会総会のシンポジウムを経て公開の運びとなりました。産業医・産業保健師だけでなく、復職に関わる人事担当者などにも理解しやすい内容の、中小企業においても活用しやすい復職ガイダンスとなっています。
要約版に4つの推奨をまとめましたので下記よりご確認ください。ガイダンス本文、GRADEのエビデンス集などさらに詳しい情報も参照できます。また、本ガイダンスを含めた復職プロジェクトに対してご意見がある方のコメントもお待ちしております。

科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」 を確認する

復職プロジェクトにコメントする


Publication


<学会発表>

1) 小島原典子他 科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」 口演 第89回産業衛生学会(福島) 平成28年5月27日

2) 第90回日本産業衛生学会総会(東京) 公募シンポジウム11 科学的根拠に基づく産業保健における復職ガイダンス 平成29年5月12日
 1.科学的根拠に基づく産業保健ガイダンス GRADEを用
   いた作成方法 小島原典子
 2.主な疾患の一般的な休職期間 谷山佳津子
 3.休職中の介入  原野悟
 4.復職判断に活用できる指標  吉川悦子
 5.エビデンスに基づく就業上の配慮と支援  能川和浩