ス タ ッ フ 教   育 研   究 L I N K お問合わせ トップページ
化学物質を中心とした有害環境要因が生体に及ぼす影響について、以下の研究を行っています。単なる化学物質の毒性研究にとどまらず、生体の環境ストレスに対する応答や適応機構を明らかにし、疾病予防や健康の保持増進に貢献できることを目標にしています。
1. 化学物質の毒性発現分子機構の解明
2. 曝露および健康影響指標の開発と評価
3. 毒性発現の防御・抑制法の開発
4. 化学物質の健康リスク評価法の確立
5. 労働環境中の有害因子の評価とその健康影響
6. ゼブラフィッシュおよび線虫を用いたストレス応答
学術論文・総説・著書
学会発表
情報管理者:松岡 雅人/公開責任者:蒋池 勇太
Department of Hygiene and Public Health I, Tokyo Women's Medical University
,,