関節再生医療

03-3353-8111(大代表)
東京女子医科大学 東京女子医科大学病院

関節再生医療について

関節再生治療とは

変形性関節症やケガ(軟骨、半月板、靱帯などの損傷)が原因で、関節に痛みがある場合、その関節の変形が強く、軟骨が広い範囲で無くなっている場合は、人工関節置換術が適しています。人工関節は、とても重度な変形でも治すことができるすぐれた治療です。しかし、まだ関節の変形がひどくなく、軟骨が十分に残っている場合は、関節温存治療が有効な可能性があります。

関節温存治療とは、関節面を人工物で置き換えることなく治療する方法で、薬・注射・リハビリテーションなどの保存療法から、関節鏡手術骨切り術が含まれます。それらに加えて、自分の細胞を用いて、関節内の炎症をとり傷んだ組織の修復も期待する、関節再生治療とも呼ばれる治療があります。

関節再生治療の方法はいくつかあります。

  1. 自分の血液から有効成分を抽出して関節内に投与する方法
  2. 脂肪や関節内から「幹細胞」と呼ばれる万能細胞を採取して、「幹細胞」を原料として組織を修復させる方法
  3. 関節内から軟骨を採取して、それを培養した後に、損傷軟骨に移植する方法

1の方法の利点は、材料の採取が採血だけなので、患者さんの身体への負担が少なくて済みます。その点で2と3の方法は、材料の採取に手術が必要です。一方で、2は「幹細胞」の強い組織治癒能力による高い効果が期待されています。3は、損傷軟骨を直接治すことができるため、すでに保険適応となっていますが、広範囲の軟骨が傷んでいる変形性関節症には適応がありません。それぞれ長所・短所・適した病状が違います。現在、変形性関節症に効果がありうると示されているのは1と2です。

多血小板血漿(PRP)療法とは

上記1の方法です。血液の中には、組織の修復を促したり、炎症を抑えたりする効果がある物質(成長因子)が含まれています。血液を遠心分離すると、いくつかの層に分けられますが、それらのうち、血小板が多く含まれる層に、それらの成長因子も多く含まれることが知られています。この層を抽出して、特殊な方法で有効成分を取りだし、関節内に注入する方法です。自分の血液由来なので、アレルギーなどの副作用が少ないことが報告されています。変形性膝関節症に対する治療効果についても多くの研究がなされていますが、投与後半年から1年の時点で、膝の症状を評価するスコアでの有意な改善が示されたものが多いです。投与を受けた患者さんの6〜7割に痛み軽減の有効性が認められたとされています。(Yalong D, Arthritis Research & Therapy 20: p128, 2018)


多血小板血漿(PRP)療法

多血小板血漿(PRP)療法の効果が期待できる患者さんは?

残念ながら、すべての患者さんに治療効果がでるものではありません。報告されている多くの研究と、それらに基づく予測から、つぎのような患者さんは効果が得られる可能性があると考えられます。(※ただし、報告されている研究も、科学的エビデンスが低いものも多く、その効果についても、まだ未知のことがたくさんあります。したがって、下記は一つの例であり、あてはまらないこともあります)

  • 関節の変形が軽く、軟骨がたくさん残っている患者さん
  • O脚変形やX脚変形がない患者さん
  • 靱帯がしっかりしていて、関節が不安定でない患者さん
  • 過去に骨切り術や半月板の手術を行ったが、十分に痛みがとれていない患者さん

上記にあてはまらない患者さんは、手術など他の方法が適当かもしれません

血小板由来因子濃縮物(PFC-FD)療法とは

PRP由来の有効成分を使用する方法です。自分の血液49mlから濃縮したPRPを作成し、さらに細胞を除去して成長因子などの有効成分を濃縮して抽出し、凍結乾燥させたものを投与直前に注射用水に溶かして関節内に投与する方法です。含まれる成長因子が多いことが示されています。(セルソース株式会社(東京都渋谷区)に製品の製造委託をしています)

健康保険適応外の自費診療について

この治療は健康保険の適応外です。治療効果についての科学的な証拠がまだ不足しているからです。そのため、この治療にかかる診療費は全額自己負担となります。保険適応された治療や検査などと一緒に行うこともできません(混合診療の禁止)。治療にかかる費用は下記のとおりです。主治医とよく相談し、保険で認められた他の治療法と比較して、その費用対効果をよく納得した上で受けられてください。

  • PFC-FD療法1回につき200,000円(税別)(両膝分割投与も可能)
  • その他の追加検査を行った場合はその費用
  • PFC-FD療法前の血液検査で感染症が見つかった場合は投与が出来ませんが、検査料として10,000円(税別)がかかります。

十分な効果が得られなかった場合

期待した効果が得られなかった場合での料金の返却はありません。他の治療について主治医が検討します。また、万一合併症が生じた場合は、保険診療で治療します。

インフォームドコンセントについて

上記内容を医師が十分に説明をします。よく理解して納得の上選択されてください。