高齢者の医療費助成

70歳を過ぎて医療を受ける場合、会計で支払う医療費は1~3割(受給証に記載されています)となります。

受給者証の種類

次の3種類があります。

後期高齢者
被保険者
Ⅰ 75歳以上の方
Ⅱ 65歳以上で身体障害者手帳1、2、3級の方
(4級基準による)※ 
国民健康保険
高齢受給者証
70~74歳 国民健康保険の方
○○健康保険
高齢受給者証
被用者保険
(社会、共済保険など)の方

 

自己負担の割合

現役並みの所得者※ 3割
一般世帯 1割または2割
住民税非課税世帯

 ※現役並みの所得者とは、月収28万円以上であり、かつ同一世帯の70歳以上の収入総額が520万円以上の方

 ※申請によっては1割負担 となる方
 現役並みの所得者でも70歳以上の方の年収が夫婦等で520万円以下、単身者で383万円以下であれば、申請により認定されると1割負担になります。

 

医療費が高額になった時

●外来の場合

1ヶ月の自己負担限度額を超えた場合は、限度額までの支払いとなります。

該当者 自己負担の割合 1ヶ月の自己負担限度額
現役並みの所得者 3 割 44,000円
一般世帯 1割 または 2割 12,000円
住民税非課税世帯  8,000円
●入院の場合

1ヶ月の自己負担限度額を超えた場合は、限度額までの支払いとなります。食事療養費(1食360円)や室料は別途、自己負担となります。

該当者 自己負担の割合 1ヶ月の自己負担限度額
現役並みの所得者一般世帯 3 割 80,100円+(かかった医療費-267,500円)×1%
一般世帯 1 割 44,000円円
住民税非課税世帯 24,600円(15,000円※)

 ※住民税非課税の世帯で、世帯員の所得が一定基準に満たない方。一定基準については自治体窓口でご確認ください。

※住民税非課税世帯の場合、申請により食事療養費が減額されます。また長期入院(過去1年間に合計90日以上)の場合、91日目からさらに減額されます。

※現役並みの所得者の方で、一年間に4回以上、上記限度額以上の医療費 がかかった場合、4回目以降の限度額は、44,400円/月となります。

 

払い戻しの手続き

外来と入院の医療費の合算により、限度額を超えて支払った場合、手続きにより払い戻しが受けられます。必ず手続きが必要となりますので忘れずに申請をして下さい。

申請窓口
  対 象 窓 口
後期高齢者
被保険者証の方
区市町村役場
後期高齢者医療制度担当課
国民健康保険高齢
受給者証の方
区市町村役場
国民健康保険課
健康保険高齢
受給者証の方
社会保険事務所または
各健康保険組合
必要なもの
1. 領収書
2. 健康手帳
3. 医療受給者証
4. 保険証
5. 口座番号のわかるもの
6. 印鑑    など

*受給者証により異なるため、各窓口にご確認下さい。