病院のご案内

担当副院長のごあいさつ(令和4年4月1日現在)

診療支援部門担当 副院長
田畑 務

この度、診療支援部門担当副院長として前年度に引き続き担当させていただくこととなりました。当院では、常に質の高い医療を安全で安心して患者様に受けていただくために、医師だけではなく医療行為を支援する薬剤師、検査技師、放射線技師など様々な職種の者がチーム一丸となって診療に当たらせていただきます。そして、患者様が病気療養をする上で抱える様々な問題に対して相談に応じ、地域の先生方との連携を密にとり病診連携を図ってまいります。また、新宿区にある災害拠点病院として、有事の際には被災者に対する適切な医療を提供できるよう、診療支援部門担当副院長として整備してまいります。さらに、今年度より病院機能評価の認定を目指し、より一層の充実した病院となるよう取り組んでまいります。皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしております。何卒よろしくお願い申し上げます。


診療部門(外科系)担当 副院長
新浪 博

この度、診療部門(外科系)担当副院長を拝命いたしました。診療部門においては、外来、入院、手術において安全・安心な医療を提供するために、診療科及び看護部や薬剤部、臨床工学部など関係する様々な部署との連携を大切にいたします。また、各診療科が患者様やご家族が満足していただける医療を提供できるよう担当副院長として、最大限努力いたします。

当院は将来的に病院機能評価の認定病院を目指し、医療の質の向上と医療安全を整備することに取り組んでおります。この取り組みを通して、当院の更なる発展とともに、今まで縦割りの傾向が強かった各センターや診療科を横に繋ぐ効果も期待できると考えています。何よりも、安全・安心な医療を患者様に提供するために、女子医大病院職員一同が一丸となって取り組む所存でございます。


診療部門(外科系)担当 副院長
川俣 貴一

このたび、副院長(診療部門(外科系))を拝命いたしました脳神経外科の川俣貴一でございます。

近年ではCOVID-19により社会情勢と医療を取り巻く環境が激変し、大学病院には指針に沿った柔軟性と即応力を求められています。今後も臨機応変できめ細かな対応と感染対策の継続が必要不可欠です。常に患者さん中心の視点を大切にし、安心・安全な医療の実践と高度・先進的な医療を引き続き提供し、最良の医療を実践できるよう尽力する所存です。また、病院長、副院長の方々や各関連部門の皆様と密に協力・連携しながら、誠実に職責を果たせるよう努力いたしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


診療部門(内科系)担当・看護部門担当 副院長
多賀谷 悦子 

この度、副院長を拝命いたしました呼吸器内科の多賀谷悦子です。新型コロナウイルス感染症の流行により、診療体制が変化するなか、各現場の状況を把握し、心理的安全性を高めることで、最善の医療を提供できるように尽力していく所存であります。板橋病院長をサポートし、内科診療部門、看護部担当副院長として、各部門と連携を取りながら、安全安心の医療を心がけてまいります。皆様の御協力、並びにご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


診療支援部門(広報)担当 副院長 
田中 淳司

皆様に安全で高度な医療を提供できるように、東京女子医科大学病院においては放射線技師、検査技師、薬剤師、看護師、事務員、医師など多職種の職員が一丸となって協働し、かつ中央放射線部・中央検査部・輸血・細胞プロセシング部・リハビリテーション部・臨床工学部・医療連携・入退院支援部・医療材料部・中央材料部などの各診療支援部門が密に連携しながら最善を尽くしてしてまいります。また皆様にこのような本院の取り組みをご理解頂けるように、広報活動にも努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。


医療安全・医療対話部門担当 副院長
世川 修

私は、前病院長の任期中に副院長を4年半務め、その間に医療安全啓発センターを立ち上げ、患者サービス室を医療対話推進室と名称変更しました。その後の2年間も医療安全科を兼務し、医療対話推進室の室長も務め、医療安全と医療対話に継続して従事して参りました。今回、2年ぶりに板橋新病院長のもとで、医療安全・医療対話部門担当副院長に復帰することになりました。

現代の医療では、医療安全と医療対話は医療の根底をなす、必要不可欠な分野です。全ての職員が特別なことと考えずに、当たり前の習慣として医療安全と医療対話に取り組み、職員全員が医療事故で疲弊したり萎縮したりすることなく、モチベーションを保ち、個々の力を最大限に発揮し患者の命を救うことができる環境を作ることが、私の使命であると考えています。


管理部門担当・臨床研修教育部門担当 副院長
西村 勝治

管理部門と臨床研修教育部門を担当いたします。管理部門では、主に病院機能・診療情報の管理を担っております。個人情報の保護、医療記録の適正な運用、それらを支える電子カルテ等の情報システムの運用・管理、保険診療の適正化など、医療が適正に機能するための基盤となる部分をしっかりと支え、本学の医療の質向上に取り組む所存です。 

また、臨床研修教育部門(卒後臨床研修センター)では、当院の基本理念「患者視点に立って、安全・安心な医療の実践と高度・先進な医療を提供する」にあらためて立ち戻り、カリキュラムや研修プログラムを丁寧に再構築して、一人でも多く、明日を支える医療人を育成したいという決意です。本業は精神科です。コミュニケーションを大事にします。何卒よろしくお願いいたします。


労務部門担当 副院長
村﨑 かがり

平成30年に、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律が成立し、私たち医療人も、労働者として、それぞれの事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進してゆくこととなりました。長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置が、当院でも推進されているところです。現在は、新型コロナ感染症の流行により、医療人の労働環境は大きく変化しておりますが、病院職員の皆様と力を合わせ、この難局に対応したいと思います。どうぞよろしくご指導賜りますようお願い申し上げます。


Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.