当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 病院組織図のご案内 > 眼科・小児眼科

眼科・小児眼科

眼科・小児眼科 眼科では白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、小児眼科など眼疾患全般を診療します。患者さんのご要望にきめ細かく応えられるように、最新の医療技術、検査および手術機器を備えて治療にあたります。
眼科専門医、視能訓練士、看護師ら医療従事者が一丸となって、積極的にチーム医療を実践しています。また、関係各科や東京女子医大本院、周辺医療施設などとの密な医療連携を構築しながら、患者さんが安心して医療を受けられるように常に心がけています。

診療案内

眼科では白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、小児疾患、角結膜疾患など、眼疾患全般を診療します。最新の診断機器や手術システムを使用して、安全性の高い手術やレーザー治療を行っています。白内障や眼瞼疾患の日帰り手術も積極的に行っています。東京女子医大本院、周辺医療施設とも密接な医療連携を構築しながら、患者さんが最善の医療を受けられるように常に心がけています。

医師紹介

医師イメージ

篠崎 和美(Kazumi Shinozaki)

准教授・診療科長

資格
臨床研修 指導医
日本眼科学会 専門医
日本眼科学会 指導医
インフェクションコントロールドクター
視覚障害者用補装具適合判定医
難病 指定医
身体障害者福祉法第15条 指定医
専門分野
涙器疾患、眼瞼疾患、眼感染症
ドライアイ、小児眼科、ロービジョン
一言
涙液はじめ眼表面の絶妙な機能、微生物と人とのバランスに魅せられ、ドライアイ、感染症をはじめ角膜結膜疾患の治療・研究に取り組んでおります。また、将来の視機能が係った小児眼科、現在の医療の可能性と限界のなかで保持されたロービジョンも大切にしています。全身疾患からの眼の病気もあります。眼から全身疾患を見つけることもあります。全身の中の眼、眼から全身を診るという意識も大切に診療をしています。『女子医大に来て良かった。』と思っていただけるよう恪勤を尽くしたいと思います。

医師イメージ

豊口 光子(Mitsuko Toyoguchi)

医員

資格
日本眼科学会 眼科専門医・指導医
専門分野
ぶどう膜炎・眼炎症疾患
未熟児網膜症 、小児眼科
白内障、緑内障
白内障手術・斜視手術・外眼部手術
一言
人間の得られる情報の約70%が視覚から入ってきます。
視覚(見ること)はより良い生活を送るために大切な機能です。その機能をできるだけ回復させるため、日々奮闘しています。赤ちゃんから、ご高齢の方まで幅広く診療に励んでいます。

医師イメージ

荒川 久弥(Hisaya Arakawa)

医員

資格
日本眼科学会 眼科専門医
PDT 認定医
専門分野
網膜・黄斑疾患、白内障

医師イメージ

青山 幸弘(Yukihiro Aoyama)

医員

資格
日本眼科学会 眼科専門医
専門分野
眼科一般

医師イメージ

入江 光太朗(Kotaro Irie)

医員

一言
地域の皆様の目の健康に貢献できるよう、
努力してまいります。