活動報告

その他/ Other

TEAM FATSがMICCAI 2013で開催されているDTI Challengeに参加しました。

田村学助教,小西良幸助教,鈴木孝司助教の3名
Manuba Tamura, Yoshiyuki Konishi, Takashi Suzuki; Performance Evaluation of Default Module for Interactive Tractography Seeding, MICCAI 2013 DTI Tractography Challenge, 22 Sep, Nagoya, 2013.

本発表は、脳神経外科医,放射線技師、工学者の異分野の背景を持つ3名の研究者が一丸となって、トラクトグラフィ(脳の神経走行の描出)に取り組んだものです。

また村垣善浩教授が臨床的な観点からトラクトグラフィの有用性について講演を行いました。

PAGE TOP