クリニカルパス

ご自分が受ける医療の内容がよくわかります

クリニカルパスとは

病気ごとに治療や検査、看護ケアなどの内容およびタイムスケジュールを一覧できる形式にまとめたものを 《クリニカルパス》 といいます。

患者さん用と医療スタッフ用があり、医師、看護師、薬剤師やコメディカルなど医療スタッフが一緒に検討して作成しています。

 

わかりやすい医療のご提供からチーム医療の推進へ

患者さん用のクリニカルパスは、入院中などに受ける治療や検査、たとえば手術前後の処置やリハビリ、食事、入浴などの内容と予定が日ごとに、イラストつきでわかりやすく示されており、安心して医療をお受けになれます。

当院では主に医療スタッフ用のクリニカルパスが作成されている病気ごとに患者さん用のクリニカルパスも作成されており、入院が決まった段階か入院当日にお渡ししています。なお、複雑な病態である場合など標準的スケジュー ルと異なる際、まだクリニカルパスが作成されていない病気の際にはお渡しできないケースもございます。

患者用パス

 

医療スタッフ用のクリニカルパスは、医学的な根拠に基づいた当院の専門的かつ先進的な医療内容から構成されており、複数の医療スタッフが情報を共有することでスムースな連携を図り、安全で適切なチーム医療の推進に役立てられています。

最近では当院での診療後に地域のかかりつけ医の先生方とクリニカルパスを共有して、病気ごとに手帳形式のような「地域連携パス」を用いながら複数の主治医 (病院の担当医とふだんのかかりつけ医)に診ていただく仕組みが進んで参りました。このように地域医療の先生方とのチーム医療にも役だっています。

 

クリニカルパスのメリット

当院でクリニカルパスを導入しているねらいは、チーム医療を推進するクリニカルパスの活用により、良質で安全な医療をご提供することにあります。すなわち「医療の質の向上」と「安心・安全な医療の推進」にあります。

情報の共有からチーム医療の推進、さらに地域医療連携につながる特徴を持っていることが先進的で高度な医療をお受けになる患者さんのメリットにつながると思われます。

 

当院の取り組み

東京女子医科大学病院では、院内の標準化されたクリニカルパスの推進に力を入れ、院内のさまざまな職種から選ばれたメンバーから成るパス実行委員会を2004年1月より組織し、運用評価やより良い改訂に向けた検討の機会を設けています。

2005年4月には、全国に先駆けてクリニカルパスの専任看護師と診療情報管理士からなるパス専任部署 ≪クリニカルパス推進室≫ を組織しました。

2007年にはクリニカルパスの電子化を導入しました。これにより診療にまつわる情報のトータルな管理ができ、複数の診療科同士、外来と入院病棟の間や医療スタッフ間において、リアルタイムに情報の共有が実現できるようになりました。

クリニカルパス当院の取り組み

また、医育機関として、医学部学生へのクリニカルパス教育にも力を入れています。

 

医療者用クリニカルパス一覧

(平成29年5月15日現在)

脳神経系 開頭術パス
ガンマナイフパス
筋・神経生検パス
経鼻的下垂体腫瘍摘出術パス
ジレニア導入パス
睡眠ポリグラフィー検査(PSG)・ 睡眠潜時反復検査(MSLT)入院パス
睡眠ポリグラフィー検査(PSG)入院パス
CPAP治療入院パス
頭蓋内腫瘍摘出術パス:良性腫瘍
穿頭血腫除去術パス
内頚動脈内膜剥離術(CEA)パス
脳血管撮影付きガンマナイフパス
脳血管撮影パス
脳血管塞栓術パス
脳血管バイパス術パス
脳梗塞パス
未破裂脳動脈瘤クリッピング術パス
眼科系 眼瞼下垂症手術パス
硝子体手術パス:片眼
白内障手術パス
耳鼻咽喉科系 顔面神経減苛術パス
頚部リンパ節生検パス
顕微鏡下咽頭手術(ラリンゴマイクロサージャリー)パス
鼓室形成術パス:全身麻酔10日
耳下腺・顎下腺腫瘍摘出術パス
頭頚部OK-432硬化療法パス
内視鏡下鼻内手術(ESS)パス
扁桃摘出術パス:IgA腎症合併
扁桃摘出術パス:慢性扁桃炎
呼吸器系 2・3回目サーモプラスティパス  
CT下肺生検パス
気管支鏡肺生検(TBLB)パス
気胸パス
在宅酸素療法(HOT)導入パス
初回サーモプラスティパス  
超音波気管支鏡下針生検(EBAS-TBNA)パス
肺・縦隔・胸壁疾患手術パス
循環器系 AS精査入院パス
PVI肺静脈隔離術パス
TAVI(TA):経カテーテル大動脈弁治療パス
TAVI(TF):経カテーテル大動脈弁治療パス
開心術パス
下肢静脈瘤パス
胸部大動脈瘤ステントグラフト留置術パス
経食道心エコーパス:小児
経食道心エコーパス:成人
経皮的カテーテル心筋焼灼術パス
循環器デバイス交換術パス
心臓カテーテル検査・インターベンションパス
腹部大動脈瘤開腹術パス
腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術パス
先天性心疾患ペースメーカー・ICD手術パス
先天性心疾患心カテパス:2~12歳未満
先天性心疾患心カテパス:2歳未満
先天性心疾患心カテパス:成人
消化器系 肝生検パス
肝切除術パス
肝動脈塞栓術(TACE)パス
経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)パス
結腸切除術パス
消化器緊急入院パス
消外:肝動脈塞栓術(TACE/TAI)パス
小腸切除・ストーマ閉鎖術パス
食道癌手術パス
鼡径ヘルニア根治術パス:成人
大腸全摘パス
大腸ポリープ切除術パス
直腸切除パス
内視鏡下胃粘膜下層剥離術(ESD)パス
内視鏡的胃粘膜切除術(EMR)パス
内視鏡的胃ポリープ切除術パス
腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
幽門側胃切除術パス
ラジオ波焼灼療法(RFA)パス
筋骨格系 下肢局所麻酔手術パス
下肢全身麻酔手術パス
肩腱板修復術パス
頬骨・眼窩底骨折観血的整復固定術パス
鏡視下膝関節手術パス
筋生検パス
頚椎椎弓形成・固定術パス
上肢局所麻酔手術パス
上肢全身麻酔手術パス
人工股関節全置換術(THA)パス
人工膝関節全置換術(TKA)パス
脊髄腔造影(ミエログラフィー)パス
脊椎除圧・固定術パス
切断指接合術パス
前十字靭帯再建術(ACL)パス
内視鏡下髄核摘出術(MED)パス
ナス法ペクタスバー挿入術パス
ナス法ペクタスバー抜去術パス
鼻骨骨折徒手整復術パス
皮膚・皮下組織系 帯状疱疹パス
皮膚腫瘍摘出術パス
蜂窩織炎・丹毒パス
化学療法系 EGFR-TKI導入パス
FOLFIRI化学療法パス
MEA化学療法パス
mFOLFOX6化学療法パス
PE化学療法パス:脳外小児
R-CHOP化学療法パス
S1+CDDP化学療法パス
S1+CDDP化学療法パス:Day8 CDDP
tri-w DOC+CBDCA化学療法パス
tri-w TC化学療法パス
XELOX化学療法パス
エンドキサンパルス療法パス
抗サイトカイン療法:アクテムラ
抗サイトカイン療法:レミケード
ニボルマブ療法パス:オプジーボ
肺・縦隔腫瘍 化学療法パス
ベバシズマブ化学療法パス
ペムプロリズマブ療法パス:キイトルーダ
乳房・代謝・内分泌系 外来インスリンポンプ(CSII)導入パス
下垂体機能検査パス
原発性アルドステロン症検査パス
甲状腺腫瘍摘出術パス
選択的副腎静脈サンプリングパス
糖尿病血糖コントロール入院パス
入院・外来インスリンポンプ(CSII)導入パス
乳房切除術パス
副甲状腺腫瘍摘出術パス
片側(異所性)褐色細胞腫手術パス
両側褐色細胞腫手術パス
腎・尿路系及び男性生殖器系 ADPKDサムスカ初回導入パス
移植腎生検パス
開腹腎摘除術パス
開腹腎部分切除術パス
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)パス
血液透析導入教育パス
小児移植腎生検パス
小児固有腎生検パス
小児腎疾患ステロイドパルス療法パス
小児ネフローゼ リツキシマブパス
腎疾患ステロイドパルス療法パス:15歳以上
腎生検パス
生体腎移植レシピエントパス
前立腺がんシード永久挿入術パス
前立腺多箇所生検パス
バスキュラーアクセス:内シャントパス
バスキュラーアクセス:表在化パス
泌尿器ドナー腎摘出術パス
腹腔鏡下腎摘除術パス
腹腔鏡下ドナー腎摘出術パス
経尿道的尿管砕石術(TUL)パス
前立腺全摘除術(腹腔鏡下/ロボット補助下)パス
腹腔鏡/ロボット補助下腎部分切除術パス
膀胱尿管新吻合術
産科・婦人科系 産褥パス
体外受精(採卵)パス
帝王切開パス
子宮・付属器開腹手術パス
広汎子宮全摘術パス
腟式子宮全摘術パス
膣式手術パス:TCR・コニゼーション
腹腔鏡下子宮・付属器手術パス
傍大動脈リンパ節廓清術パス
血液・免疫系 骨髄採取パス
末梢血幹細胞採取パス
新生児系新生児(33w以降)安定期パス
新生児(35w以降)パス
新生児特発性黄疸パス
小児科系 RSV感染パス
川崎病パス
気管支喘息/喘息性気管支炎パス
急性胃腸炎パス
小児 全身麻酔下小手術パス
小児鼡径ヘルニア手術パス
小児鎮静パス
小児内分泌負荷試験パス
小児肺炎パス
小児レスパイト入院パス
食物負荷試験パス
長時間脳波パス
ファブラザイムパス
ボツリヌス療法パス
マイオザイムパス
精神科系 うつ病診断・治療パス
クロザピン再入院パス
クロザピン導入パス
身体拘束観察パス
電気痙攣療法(ECT)パス
歯科・口腔外科系 下顎骨骨折観血的整復固定術パス
下顎骨骨折非観血的整復パス
顎骨骨折プレート除去術パス
顎骨嚢胞・腫瘍摘出術パス
歯原性蜂窩織炎パス
舌部分切除術パス
全身麻酔下抜歯パス
抜歯パス
その他 中心静脈ライン設置術パス
局所麻酔手術パス
脊髄くも膜下麻酔手術パス
全身麻酔・全身麻酔+硬膜外麻酔手術パス
がん疼痛緩和ケアパス(紙パス)
退院調整パス(紙パス)
療養サポートパス (紙パス)

 

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.