• 医療関係者の皆様
  • 学生・研修医の皆様へ
  • 黄斑診療ケアユニット 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症をはじめとする黄斑疾患。国内トップクラスのチームが最適な治療を提供します!

    東京女子医科大学

    東京女子医科大学病院

    スタッフ紹介staff


    眼科学講座

    飯田 知弘

    教授・講座主任
    飯田 知弘(いいだ ともひろ)Tomohiro Iida
    新潟大学 1985年卒

    専門領域
    黄斑疾患、網膜硝子体疾患
    外来担当
    黄斑外来:月曜/木曜 午前午後
    一般外来:月曜/木曜 午前
    コメント
    眼科学の目的は、より良質な視機能を患者さんに提供すること。当眼科では、幅広い眼科領域に対応できる診療体制を整え、常に最高水準にある医療を提供しています。現在は、従来の診療領域に加えて、私の専門である加齢黄斑変性をはじめとした黄斑疾患に対する最先端の診断・治療も進めています。社会から失明を減らし、患者さんの生活の質の向上を目指して、患者さんひとりひとりに最適な医療を提供するために、日々の診療と先端医療の研究に取り組んでいます。
    大平 明彦

    客員教授
    大平 明彦(おおひら あきひこ)Akihiko Ohhira
    東京大学 1976年卒

    専門領域
    神経眼科
    外来担当
    神経眼科外来:月曜午後
    コメント
    眼を支配している神経とそれに関連した多種の疾患を扱う神経眼科外来を担当しています。単純に表現すると、眼球の周囲や頭蓋内に生じて見え方に悪影響を与える病気を扱う専門外来です。専門の眼科スタッフはもちろん、他科とも密に連携しつつ、診療にあたっています。
    高村 悦子

    臨床教授
    高村 悦子(たかむら えつこ)Etsuko Takamura
    東京女子医科大学 1979年卒

    専門領域
    角結膜感染症、ドライアイ、アレルギー性疾患
    外来担当
    ドライアイ外来:火曜午後、角膜外来:水曜午後
    一般外来:水曜/土曜 午前
    コメント
    ドライアイや難治性アレルギー性結膜疾患の治療、角結膜感染症のなかでも角膜ヘルペスの治療、再発予防をテーマに診療、研究に取り組んでいます。慢性、再発性の疾患は何かと不安が多いと思います。わかりやすい説明を心がけ、皆様の眼に「うれし涙」の光る日をめざして診療にあたっています。
    篠崎 和美

    講師
    篠崎 和美(しのざき かずみ)Kazumi Shinozaki
    東京女子医科大学 1987年卒

    専門領域
    涙器疾患、眼瞼疾患、眼感染症、ドライアイ、小児眼科、
    ロービジョン
    外来担当
    ドライアイ外来:火曜午後、角膜外来:水曜午後、
    ロービジョン外来:水曜午前・金曜午後
    一般外来:火曜/金曜 午前
    コメント
    涙液はじめ眼表面の絶妙な機能、微生物と人とのバランスに魅せられ、ドライアイ、感染症をはじめ角膜結膜疾患の治療・研究に取り組んでおります。また、将来の視機能が係った小児眼科、現在の医療の可能性と限界のなかで保持されたロービジョンも大切にしています。
    女子医大を卒業し、女子医大を中心に医療に携わってきました。『女子医大に来て良かった。』と思っていただけるよう恪勤を尽くしたいと思います。
    古泉 英貴

    講師
    古泉 英貴(こいずみ ひでき)Hideki Koizumi
    京都府立医科大学 1998年卒

    専門領域
    黄斑疾患、網膜硝子体疾患
    外来担当
    黄斑外来:月曜 午前午後 水曜 午前
    一般外来:月曜/火曜/水曜 午前
    コメント
    黄斑疾患、とりわけ加齢黄斑変性の診断と治療、非侵襲的眼底イメージングの開発と臨床応用をライフワークとして診療、研究、教育に取り組んで参りました。京都生まれ、京都育ちでしたが、御縁があり2012年より女子医大でお世話になっております。1人でも多くの患者様の目を守るべく、微力ながら全力を尽くす所存です。
    小暮 朗子

    准講師
    小暮 朗子(こぐれ あきこ)Akiko Kogure
    群馬大学 1996年卒

    専門領域
    網膜硝子体手術、眼循環研究
    外来担当
    眼循環外来:月曜午後
    一般外来:月曜/水曜 午前
    コメント
    患者様の症状が改善し、手術で回復される御様子を拝見する時に、眼科医としての最大の喜びを感じております。日々研鑽し、より良い治療を提供して参りたいと思っております。

    視覚病態学寄附研究部門

    丸子 一朗

    特任講師
    丸子 一朗(まるこ いちろう)Ichiro Maruko
    福島県立医科大学 1999年卒

    専門領域
    黄斑および網膜硝子体における画像診断・治療・手術
    外来担当
    黄斑外来:月曜/木曜 午前午後
    未熟児外来:火曜 午後
    一般外来:月曜/木曜 午前
    コメント
    飯田教授の元で黄斑疾患におけるmedicalからsurgicalの両面から診療および研究を行っています。蓄積されたエビデンスに基づいた患者一人一人に最適な治療を行うとともに、新たなエビデンスを作るため努力しています。また、若い医局員や研修医に対しては未来の眼科のために情熱をもって指導しています。
    ページの先頭へ