• 医療関係者の皆様
  • 学生・研修医の皆様へ
  • 黄斑診療ケアユニット 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症をはじめとする黄斑疾患。国内トップクラスのチームが最適な治療を提供します!

    東京女子医科大学

    東京女子医科大学病院

    研修概要

    Photo_研修概要_No.1

    初期臨床研修医

    女子医大の眼科は伝統的に患者様には親切、丁寧に対応し心から親身になって治療する精神が受け継がれています。
    専門分野は多岐にわたり、網膜疾患、角膜・結膜疾患、ぶどう膜炎疾患は歴代の教授が専門分野を極め、今もなおその伝統を受け継いでいます。また眼科は外科である、という現教授の考えのもと若い先生たちにも手術の機会を出来るだけ与える教育を心がけています。

    初期研修でも積極的に白内障手術の助手やウエットラボ(豚眼を使用した手術研修)にも参加してもらっています。研修期間は1ヶ月でも可能です。学生の実習では経験できない様々な疾患、手術の研修を通じて、多くの研修医の皆さんが眼科の奥深さにふれ改めて感動しています。

    眼科は人の生命に直接関連する診療科ではないかもしれません。しかし、多くの患者様は体に重症な病気を抱えていても、もし眼が見えなくなったら生きていけないとおっしゃいます。とても小さな世界かもしれません、しかし視機能の改善から生まれる無限の可能性を担う診療科としてとてもやりがいのある仕事です。

    ≫『卒後臨床研修センター』ホームページはこちら

    医療練士研究生(後期臨床研修)

    初期臨床研修修了者を対象に、眼科専門医の養成を目的とした後期臨床研修プログラムです。
    入局した医療練士研修生は眼科診療の第一歩から研修を始めることを原則とします。5年間のプログラムの中で、眼科専門医になるために、眼の生理学、病理学、社会医学を学び、薬物治療、手術治療の研鑽を積みます。

    また、患者に接する医師としてのマナー、説明と同意を得るための幅広い知識を習得し、眼科医であると同時に社会人としての育成を目指します。

    研修4年時に、日本眼科学会認定の眼科専門医 試験を受験し、眼科専門医の認定を受けることを到達目標とします。 その後は各自、専門分野を選択し、スペシャリストをめざすこととなります。

    ≫『医療練士制度』ホームページはこちら

    ページの先頭へ