2006年の研究業績

原著論文

  • Yoshiyuki Fujita, Yoshihiro Muragaki, Kyojiro Nambu, Tomokatsu Hori, Hiroshi Iseki, Three-way Bipolar Forceps: a Novel Bipolar Coagulator System for Nerve Stimulation and Detection of Nerve Potentials, Neurologia medico-chirurgica, 46(4):169-175, 2006
  • Hiroki Taniguchi, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Ryoichi Nakamura, Takaomi Taira, New Radiofrequency Coil Integrated with a Stereotactic Frame for Intraoperative MRI-Controlled Stereotactically Guided Brain Surgery, Stereotactic and Functional Neurosurgery, 84(4):136-141, 2006
  • 松家大介、石川達也、村垣善浩、伊関洋、正宗賢、フレームレス医用断層画像オーバーレイ表示システムの開発、 日本コンピュータ外科学会誌、8(1):9-17、2006
  • M. Izawa, M. Chernov, M. Hayashi, Y. Kubota, H. Kasuya, T. Hori, Fatal Intratumoral Hemorrhage Immediately after Gamma Knife Radiosurgery for Brain Metastases: Case Report, Minimally Invasive Neurosurgery, 49:251-254, 2006
  • Mikhail F. Chernov, Motohiro Hayashi, Masahiro Izawa, Yuko Ono, Tomokatsu Hori, Proton magnetic resonance spectroscopy (MRS) of metastatic brain tumors: variation of metabolic profile, Int J Clin Oncol, 11:375-384, 2006
  • Koji Nishizawa, Masakatsu G Fujie, Kazuhiro Hongo, Takeyoshi Dohi, Hiroshi Iseki, Development of Surgical Manipulator System "HUMAN" for Clinical Neurosurgery, Japan Medical Association Journal, 49(11.12):335-344, 2006
  • Noriko Yamauchi, Keiichi Ito, Kaoru Imajo, Yoshiyuki Fujita, Junichi Mogi, Hiroshi Iseki, Effect of sleep-wake rhythm on consciouness disturbance in cerebrocascular patients, British Journal of Neuroscience Nursing, 2(10):514-520, 2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、田中雅彦、伊関洋、久保長生、髙倉公朋、堀智勝、 多中心性Gliomaに対する画像上全摘出術の意義、Neuro-oncology、16(1):32-35、2006
  • 中村亮一、悪性脳腫瘍等の外科的治療における精密誘導手術を実現する探査型マイクロ手術ロボットシステムの開発、医科学応用研究財団研究報告、Vol.23、p82-87、2006
  • Muragaki Y, Iseki H, Maruyama T, Kawamata T, Yamane F, Nakamura R, Kubo O, Takakura K, Hori T; Usefulness of Intraoperative Magnetic Resonance Imaging for Glioma Surgery. Acta Neurochirurgica, Suppl 98, 67-75, 2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、伊関 洋、高倉公朋、田中雅彦、久保田有一、篠原千恵、堀智勝、山本哲哉、坪井康次、松村明、膠芽腫患者に対する自家腫瘍ワクチンを用いた 多施設共同臨床研究~オープンラベル臨床第Ⅰ/Ⅱa相多施設共同試験~、Neuro-Oncology16(2),2006 P40~P43

総説等

  • 伊関洋、精密誘導手術実現のために、病院設備、48(2):25-26、2006
  • 中村亮一、村垣善浩、丸山隆志、大和雅之、臨床再生医学のための細胞移植手術用精密誘導マニピュレータシステムに関する基礎的研究、サッポロ生物科学振興財団 第20回 助成研究報告書、p25-30、2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、中村亮一、伊関洋、久保長生、髙倉公朋、堀智勝、情報誘導によるグリオーマ手術、脳神経外科ジャーナル、15(5):384-395、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、先端工学外科における医工連携・インテリジェント手術室、臨床看護、32(8):1113-1119、2006
  • 林基弘、ガンマナイフ治療、臨床看護、32(8):1144-1151、2006
  • 田倉智之、アウトカムリサーチ、臨床看護、32(8):1159-1163、2006
  • 村垣善浩、伊関洋、中村亮一、髙倉公朋、丸山隆志、堀智勝、MRIガイド下治療の最新動向 ここまで来たオープンMRIを用いた精密誘導手術とインテリジェントオペ室、 INNERVISION、21(9):55-58、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、丸山隆志、中村亮一、及川光照、堀智勝、高倉公朋、グリオーマ-最新の治療- 術中モニタリング、脳と神経、58(12):1043-1050、2006
  • 丸山隆志、村垣善浩、堀智勝、聴神経腫瘍の手術、脳神経外科、34(7):681-693、2006
  • 丸山隆志、村垣善浩、堀智勝、覚醒下手術:脳腫瘍の立場から(Awake Craniotomy と麻酔管理)、LiSA(Life Support and Anesthesia)、13(7):666-671、2006

著書

  • 伊関洋、ロボティックサージェリー(精密手術)、神経疾患最新の治療2006-2008、小林祥泰 水澤英洋 編、南江堂、p32-34、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、丸山隆志、術中CT/術中MRI、山浦晶総編集 脳神経外科学大系 第2巻「検査・診断法」、中山書店、東京、p241-250、2006
  • 村垣善浩、脳腫瘍(悪性腫瘍)、術中看護マニュアル 脳神経外科、堀智勝 氏家弘編、学習研究社、東京、pp88-113、2006

講演(招待講演・基調講演・指定講演・セミナー講演など)

  • 伊関洋、手術戦略システム・精密治療の現状と展望、栢森情報科学振興財団設立10周年記念フォーラム 「情報科学のニューチャレンジ『身体性にせまる情報技術』」、愛知、1月28日、2006
  • Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki, and Ryoichi Nakamura, Precision Therapy and Strategy Desk, Workshop on Knowledge Sharing for Everyday Life (KSEL06), Kyoto, Feb 9-10, 2006, p75-79, 2006
  • Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki, and Ryoichi Nakamura, Precision surgery and intelligent operating theater in neurosurgical field, The 1st International Symposium on the Development of Surgical Support Systems, Tokyo, March 3, 2006, p20-23, 2006
  • Hiroshi Iseki, Precision Therapy && Strategy Desk, 平成17年度MEXT/NSRA「国際原子力安全交流派遣事業」 インドネシア・ガジャマダ大学における専門家会合, Yogyakarta, Indonesia, Feb.22-23,2006
  • 伊関洋、コンピュータ外科における役割と期待、平成17年度経済産業省委託事業シンポジウム「医療機器開発促進のためのガイドライン 構築に向けて」、東京、3月6日、2006、p9-10、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、術中画像と手術戦略デスク、イメージガイド手術の現状と将来、市民公開講座 体に優しい未来治療 ~MRI技術の誘導による精密治療~ (厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業 基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)、九州、3月23日、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、西澤幸司、イメージガイドロボット手術、第106回日本外科学会定期学術集会 ビデオシンポジウム(1) コンピューター支援手術の最先端、東京、3月30日、2006、日本外科学会雑誌、Vol.107、Suppl.2、p145、2006
  • H. Iseki, Y. Muragaki, R. Nakamura, T. Hori, K. Takakura, Future of Computer Aided Surgery by collaborating academy and industry, 20th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2006, June 28-July 1, Osaka, Japan, 2006, Int J CARS, 1(supple1):293-295, June, 2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、中村亮一、伊関 洋、堀 智勝、高倉公朋、インテリジェント手術室における精密誘導手術、 財団法人神奈川科学技術アカデミー バイオメディカルエンジニアリングコース、2006年3月3日 東京 (講義)
  • Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Iseki, Osami Kubo, Tomokatsu Hori, Kintomo Takakura, Glioma Surgery using Open MRI, The Third Indo-Japan Neurosurgical Conference, Tokyo, May 25-26, 2006, Program, P7, 2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、伊関 洋、高倉公朋、堀 智勝、Awake Surgeryのセットアップと実際、第15回脳神経外科手術と機器学会、 京都、4月7日、2006 (モーニングセミナー)
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、小澤紀彦、堀智勝、髙倉公朋、インテリジェント手術室、第47回日本神経学会総会 教育講演、東京、 5月13日、2006、プログラム・抄録 p55、2006
  • 村垣善浩、術中モニタリング-今後の展望、第8回脳・神経手術モニタリングワークショップ、東京、5月11日、2006
  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 中村亮一, 堀智勝, 高倉公朋、術中オープンMRI手術室での精密治療 覚醒下手術と術中ナビゲーション、 日本外科系連合学会、石川、6月23日、2006、日本外科系連合学会誌、31(3):401、2006
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、大森繁、西澤幸司、ロボット外科(精密手術)、第10回日本適応医学会学術集会 シンポジウム 人工臓器・ME機器と生体の適応、東京、 6月24日、2006、適応医学 10(1):22、2006
  • Hiroshi Iseki, Precision Surgery in Neurosurgical Field, the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006 (WC2006), Seoul, Korea, Sept 1, 2006
  • 林 基弘、伊関 洋、村垣善浩、丸山隆志、中村亮一、長田 理、鎌田ことえ、尾﨑 眞、川上順子、落合 卓、堀 智勝、髙倉公朋、 放射線被曝環境下・小児全身麻酔下ガンマナイフ治療における遠隔麻酔モニタリングシステムの開発、 第72回東京女子医科大学学会総会、東京、9月30日、2006、東京女子医科大学雑誌、76(8-9):385、2006
  • 伊関洋、コンピュータ外科手術における情報処理-安全・確実な未来型精密治療のために-、第5回情報科学技術フォーラム 特別企画 「コンピュータ外科手術における情報処理-安全・確実な未来型精密治療のために-」、福岡、9月7日、2006
  • 村垣善浩、伊関洋、丸山隆志、中村亮一、川俣貴一、落合卓、岡田芳和、久保長生、高倉公朋、堀智勝、 情報誘導手術のための術中MRIを中心としたインテリジェント手術室、第65回社団法人日本脳神経外科学会総会 学術 シンポジウムⅢ[手術支援システムの現状と展望」、京都、10月18日、2006、CDROM
  • 村垣善浩、手術支援・マッピング、第65回社団法人日本脳神経外科学会総会 ポスターセッション「手術支援・マッピング」基調講演、 京都、10月18日、2006
  • 林基弘、堀智勝、レジスジャン、海面静脈洞内腫瘍への新しいガンマナイフ治療戦略:微笑解剖に基づいたsurgeryとしてのmicroradiosurgery、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会 ポスターセッション「定位放射線治療・傍鞍部病変他」基調講演、京都、10月18日、 2006、CDROM
  • 村垣善浩、術中MRIを中心としたインテリジェント手術室の経験、第65回社団法人日本脳神経外科学会総会 イブニングセミナーES-03 「術中MRIナビゲーション統合システムの現状と方向性」、京都、10月19日、2006
  • 林基弘、Contrast Enhanced Heavily T2 for Skull Base Tumors in Gamma-knife Surgery、第65回社団法人日本脳神経外科学会総会 イブニングセミナーES-05「Benefit of Contrast Enganced MRI/MRA for CNS」、京都、10月19日、2006
  • 南部恭二郎、櫻井康雄、伊関洋、手術安全レビュー技術へのアプローチ、第15回日本コンピュータ外科学会大会ビデオシンポジウム、東京、 10月28日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):152-153、2006
  • 村垣善浩、伊関洋、中村亮一、小澤紀彦、南部恭二郎、櫻井康雄、高倉公朋、医工連携における医療安全の取り組み、 第15回日本コンピュータ外科学会大会ビデオシンポジウム、東京、10月28日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):154-155、2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、伊関洋、髙倉公朋、堀智勝、山本哲哉、坪井康次、松村明、膠芽腫患者に対する「自家腫瘍ワクチン」治療の第I/IIa相 多施設共同試験、第3回ワクチン療法研究会学術集会 ワークショップ2 招待講演、東京、11月4日、2006、抄録集p7、2006
  • 村垣善浩、術中MRIが導く精密誘導手術、第22回佐賀神経アーベント、佐賀、11月17日、2006
  • Hiroshi Iseki , Yoshihiro Muragaki , Ryoichi Nakamura , Mikhail Chernov and Kintomo Takakura, Surgical Information Strategy Desk, 4th Symposium on Intelligent Media Integration for Social Information Infrastructure(名古屋大学情報系COE 第4回社会情報基盤のための 音声・映像の知的統合シンポジウム), Nagoya, Dec. 8, 2006, pp ,2006

国際学会発表

  • Takemi Hasegawa, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Iseki, Noncontact diagnosis of tissue elasticity by means of measurement of Brillouin scattering, Synposium on Biomedical Optics in Photonics West 2006 (BIOS2006), San Jose, CA, USA, 21-26 Jan, 2006, Proc SPIE, Vol.6091, p66-72, 2006
  • Ozawa N., Muragaki Y., Suzukawa H., Nakamura R., Iseki H., Pyramidal tract navigation by intraoperative MRI - The fiber bundle shift during neurosurgery, 57th Annual Meeting of the German Society of Neurosurgery, Essen, Germany, May 11-14, 2006
  • T.Hasuo, G.Ogura, I.Sakuma, E.Kobayashi, H.Iseki, R.Nakamura, Development of bending and grasping manipulator for multi degrees of freedom ultrasonically activated scalpel, 20th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2006, June 28-July 1, Osaka, Japan, 2006, Int J CARS, 1(supple1):222-223, June, 2006
  • Masafumi Noguchi, Eisuke Aoki, Daiki Yoshida, Etsuko Kobayashi, Ichiro Sakuma, Shireru Omori, Hiroshi Iseki, Katsushige Nakamura, A Novel Robotic Laser Ablation System for Precision Neurosurgery with Intraoperatice Tumor Detection by 5-ALA-induced PpIX Fluorescence, the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006 (WC2006), Seoul, Korea, Aug 27 - Sept 1, 2006
  • Ryoichi Nakamura, Shigeru Omori, Yoshihiro Muragaki, Katsuhiro Miura, Masao Doi, Ichiro Sakuma, Hiroshi Iseki, A Robotic Neurosurgery System with Autofocusing Motion Control for Mid-infrared Laser Ablation, MICCAI 2006 Medical Robotics Workshop, 5 October 2006, Copenhagen, Denmark, MICCAI2006 Workshop Proceedings, p108-115, 2006

Poster

  • N.Ozawa, Y.Muragaki, H.Suzukawa, R.Nakamura, H.Iseki, Pyramidal tract navigation based on intraoperative diffusion-weighted imaging - sound navigation using the fiber tract margin, 20th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2006, June 28-July 1, Osaka, Japan, 2006, Int J CARS, 1(supple1):488, June,2006
  • R. Nakamura, H. Suzukawa, Y. Muragaki, H. Iseki, Neuro-navigation system with colour-mapped contour generator for quantitative recognition of task progress and importance , 20th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2006, June 28-July 1, Osaka, Japan, 2006, Int J CARS, 1(supple1):489, June, 2006
  • Masafumi Noguchi, Eisuke Aoki, Daiki Yoshida, Etsuko Kobayashi, Shigeru Omori, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Katsushige Nakamura, Ichiro Sakuma, A Novel Robotic Laser Ablation System for Precision Neurosurgery with Intraoperative 5-ALA-Induced PpIX Fluorescence Detection, 9th International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention -MICCAI2006-, Copenhagen, Denmark, Oct. 1-6, 2006, Lecture Note in Computer Science 4190:543-550, 2006
  • Mikhail Chernov, Tomokatsu Hori, Yuko Ono, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Iseki, 1H-MRS-detected metabolic characteristicss of Metastatic brain tumors and their changes after Gamma Knife Radiosurgery, Proc of the 2nd IREIIMS Open Symposium, Tokyo, Dec 3-5, 2006

国内学会発表

  • 中島章夫, 岩見秀雄, 西村巳貴則, 岡上吉秀, 中村亮一, 村垣善浩, 伊関洋, 高倉公朋, 脳腫瘍除去用レーザ手術システムの開発 蒸散能の検討, 第26回日本レーザ学会, 2月9日, 2006
  • 村垣善浩、丸山隆志、久保長生、伊関 洋、高倉公朋、堀 智勝、多中心性Gliomaの対する画像上全摘出術の意義、 第31回ニューロオンコロジーの会、東京、4月1日、2006
  • 青木 英祐、野口 雅史、洪 在成、小林 英津子、中村 亮一、丸山 隆志、村垣 善浩、伊関 洋、佐久間 一郎、 脳神経外科手術における術中情報統合システムの開発、日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006(ROBOMEC2006)、 東京、5月26-28日、DVD 1A1-A01、2006
  • 植松 美幸、鈴川 浩一、上杉 繁、安藤 隼人、森田 篤、青見 茂之、西井 規子、飯村 浩、中村 亮一、伊関 洋、梅津 光生、 胸腹部領域における手術ナビゲーションシステムの開発、日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006(ROBOMEC2006)、 東京、5月26-28日、DVD 2A1_A04、2006
  • 安藤 隼人、植松 美幸、森田 篤、上杉 繁、中村 亮一、伊関 洋、西澤 幸司、梅津 光生、 手術室内における医療機器・スタッフの最適配置の検討、日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006(ROBOMEC2006)、 東京、5月26-28日、DVD 2A1_A37、2006
  • 青見茂之、植松美幸、伊関洋、齋藤聡、富岡秀行、西井規子、飯村浩、中村亮一、村垣善浩、鈴川浩一、安藤隼人、原美紀子、 黒澤博身、梅津光生、胸腹部大動脈置換術用の新しいナビゲーションシステムの開発と臨床応用、第10回日本適応医学会学術集会 シンポジウム 人工臓器・ME機器と生体の適応、東京、6月23日、2006、適応医学 10(1):18、2006
  • 小澤紀彦、村垣善浩、中村亮一、伊関洋、堀智勝、術中MRIによる錐体路シフトの評価、第6回日本脳神経術中画像研究会、福岡、7月29日、2006
  • 村垣善浩、伊関洋、丸山隆志、小澤紀彦、久保長生、髙倉公朋、堀智勝、術中MRIを中心としたインテリジェント手術室における400例の手術成績、第6回日本脳神経術中画像研究会、 福岡、7月29日、2006
  • 勝山真樹子、高信英明、高村寧、三浦宏文、鈴木健司、伊関洋、岡本淳、原知宙、藤江正克、低侵襲脳外科手術における空間確保 -直感的操作感を持つマスタ・マニピュレータの研究-、第4回生活支援工学系学会連合大会、千葉、9月11-13日、2006、福祉工学シンポジウム2006講演論文集、p108-109、2006
  • 中村亮一、鈴川浩一、村垣善浩、堀智勝、伊関洋、正常組織との境界までの距離を表示・警告する脳腫瘍手術用等高線ナビゲーションシステム、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 小澤紀彦、村垣善浩、鈴川浩一、中村亮一、伊関洋、術中拡散強調画像誘導手術と錐体路の同定 -錐体路マージンによる音ナビゲーション-、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • チェルノフミハイル、中谷幸太郎、井澤正博、林基弘、村垣善浩、伊関洋、堀智勝、高倉公朋、 Outcome after radiosurgery for brain metastases in patients with low KPS、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 石川達也、村垣善浩、丸山隆志、小野由子、阿部香代子、田中雅彦、天野耕作、井上龍也、久保長生、伊関洋、堀智勝、酒井邦嘉、 言語野周辺腫瘍へのWadaテスト、functional MRIによる優位半球同定の有効性、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 篠原千恵、村垣善浩、丸山隆志、久保田有一、及川光照、浪岡愛、天野耕作、田中雅彦、日山博文、井上龍也、中村亮一、伊関洋、久保長生、高倉公朋、堀智勝、 情報誘導手術による悪性神経膠腫の治療戦略とその成績-予後からみた神経膠腫群分けの提案-、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 谷崎義生、秋山武紀、平賀健司、赤路和則、伊関洋、高倉公朋、森川康英、南部恭二郎、神野誠、 脳神経外科血管手術への手術用ロボットの応用:基礎的検討 第2報、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 久保長生、丸山隆志、村垣善浩、田中雅彦、川俣貴一、糟谷英俊、堀智勝、頭蓋内Schwannomaの臨床病理像と増殖能についての検討、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 久保田有一、村垣善浩、落合卓、丸山隆志、久保長生、堀智勝、グリオーマ手術における深部電極による白質マッピングの有用性、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 及川光照、村垣義浩、丸山隆志、久保田有一、篠原千恵、田中雅彦、浪岡愛、堀智勝、島回神経膠腫摘出の手術戦略と手技、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 丸山隆志、村垣善浩、田中雅彦、久保田有一、篠原千恵、及川光博、加藤貴之、中山則之、篠田淳、久保長生、堀智勝、 神経膠腫に対する悪性度判定としてのメチオニン、FDG、コリンPETの有用性と病理診断との相関、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 中谷幸太郎、糟谷英俊、加藤宏一、チェルノフマイケル、井澤正博、林基弘、久保長生、堀智勝、 髄膜腫手術後のガンマナイフ治療の長期成績、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 落合卓、平孝臣、後藤真一、石井暁、林基弘、堀智勝、ジストニアに対する脳深部刺激療法の新たな知見、 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会、京都、10月18-20日、2006、CDROM
  • 蓮尾 健,小倉 玄,小林英津子,伊関 洋,中村亮一,佐久間一郎,多自由度超音波凝固切開装置の屈曲・把持機構の開発(第2報)多自由度試作機の開発, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):236-237、2006(論文集p95-96、2006)
  • 岡本 淳,原 知宙,高村 寧,勝山真樹子,高信英明,伊関 洋,藤江正克,低侵襲手術用空間確保マニピュレータの開発 -システム概要とin vitro 実験-, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):244-245、2006(論文集p103-104、2006)
  • 中村亮一,小倉 玄,絵野沢伸,伊関 洋,千葉敏雄,胎児脊髄病変に対する再生細胞保護膜形成術実現のための超音波熱癒合デバイスの開発, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):258-259、2006(論文集p117-118、2006)
  • 小澤紀彦,村垣善浩,鈴川浩一,中村亮一,伊関 洋,2重の安全域で錐体路を保護する術中拡散強調画像誘導手術, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):308-309、2006(論文集p167-168、2006)
  • 植松美幸,青見茂之,鈴川浩一,上杉 繁,安藤隼人,原 美紀子,西井規子,飯村 浩,村垣善浩,中村亮一,伊関 洋,梅津光生, 胸腹部大動脈置換術用ナビゲーションシステムの臨床応用, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):312-313、2006(論文集p171-172、2006)
  • 仲本秀和,安永武史,伊関 洋,橋爪 誠,オープンMRI における術中ガイドイメージング技術の開発, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):318-319、2006(論文集p177-178、2006)
  • 中村亮一,大森 繁,村垣善浩,三浦勝弘,土居正雄,佐久間一郎,伊関 洋, 精密な残存腫瘍除去を実現する脳神経外科用中赤外レーザ手術ロボットシステム -オートフォーカスレーザユニットの精度検証-, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):354-355、2006(論文集p213-214、2006)
  • 野口雅史,青木英祐,小林英津子,大森 繁,村垣善浩,伊関 洋,佐久間一郎,中村勝重, 5-ALA 誘導PpIX 蛍光計測による手持ち型局所的脳腫瘍同定システム, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):360-361、2006(論文集p219-220、2006)
  • 青木英祐,野口雅史,洪 在成,小林英津子,中村亮一,丸山隆志,村垣善浩,伊関 洋,佐久間一郎, 脳神経外科手術における異種環境統合プラットフォームの開発と評価~ 第2報 オクルージョン問題の回避, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):364-365、2006(論文集p223-224、2006)
  • 原 美紀子,鈴川浩一,植松美幸,安藤隼人,中村亮一,伊関 洋,上杉 繁,梅津光生, 複数台の光学式三次元位置計測装置を用いた手術ナビゲーションシステムの開発, 第15回日本コンピュータ外科学会大会、東京、10月27-29日、2006、日本コンピュータ外科学会誌、8(3):366-367、2006(論文集p225-226、2006)
  • 落合卓、平孝臣、後藤真一、林基弘、堀智勝、ジストニアに対する淡蒼球内節刺激術の効果と適応 -GPi-DBS40症例の経験から-、 第46回日本定位・機能神経外科学会、福岡、1月26-27日、2007

受賞

  • 日本コンピュータ外科学会講演論文賞
    青木 英祐, 野口 雅史, 洪 在成, 小林 英津子, 中村 亮一, 丸山 隆志, 村垣 善浩, 伊関 洋, 佐久間 一郎、 脳神経外科手術における異種環境統合プラットフォームの開発と評価、第14回日本コンピュータ外科学会大会、 千葉、11月19-21日、日本コンピュータ外科学会誌、7(3):359-360、2005
  • 日本コンピュータ外科学会論文賞(優秀症例賞)
    杉浦円、村垣善浩、中村亮一、堀智勝、伊関洋、術中MRI下脳腫瘍摘出術におけるUpdated-navigationシステムの精度評価、 日本コンピュータ外科学会誌、7(1):43-49、2005