Home

Topics & News一覧はこちら

2018/11/16

11月8日、先端生命医科学研究所とドイツフラウンフォーファー研究所の間でOCT研究の臨床展開に関する研究協力同意書の調印式および第1回日独カンファレンス「 医療画像の新たな展望 と光干渉断層撮影(OCT)が担う役割」が、弥生記念講堂にて行われました。
詳細は、(https://www.octmapp.com/ja.html)(東京女子医科学 先端生命医科学研究所WEBサイト)をご覧ください。
写真は調印式の様子(右から、ドイツ大使館ヘレン氏、ドイツフラウンフォーファー研究所IPTクーニック教授、同研究所国際部長シュタイアート氏、東京女子医科大学吉岡理事長、清水先端生命医科学研究所長、先端工学外科村垣教授、正宗教授)

2018/07/09

【プレスリリース】
「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始~IoTを活用した手術室内医療機器の接続と手術室外連携を信州大学医学部附属病院で実証~
→詳細


 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED、理事長 末松 誠)は、東京女子医科大学、信州大学等5大学、デンソー、日立製作所等11社と共に、IoTを活用して手術の進行や患者さんの状況を、時系列をそろえて統合・表示し、手術の精度と安全性を向上し患者さんのQOLを改善する「スマート治療室」の開発を世界に先駆けて進めています。
 本プロジェクトは東京女子医科大学が統括し、汎用性の高い治療室用インターフェースOPeLiNKⓇをデンソーが開発し、オープンMRI等の治療室内の医療機器・設備をネットワークで接続するという形で研究開発を進めており、信州大学等は医学的評価・研究を担当しています。パッケージとしてのスマート治療室の販売は、日立製作所等が担当します。
 このたび、2019年度製品化を目指し、臨床応用可能なネットワーク機能を備えた「スタンダードモデル」手術室が信州大学医学部附属病院の包括先進医療棟内に完成しました。本年7月には脳神経外科にて臨床研究を開始し、各種医療機器の情報を「時系列の治療記録」として収集・提供し、手術室外の医師・技師等にも共有することによる、手術の効率性・安全性等を実証していきます。

2018/07/03

7月2日(月)MD Anderson Cancer Center(アメリカ)よりのIan E. McCutcheon, MD、Sujit Prabhu, MD
CHI St. Luke's Health - Texas Medical Center(アメリカ)よりのYvonne Kew, MD の3名が先端工学外科をご来訪くださいました。

2018/07/03

楠田佳緒助教が、ISCAS-CARS Best Poster Awardを受賞いたしました。


受賞者:楠田佳緒
表彰名:ISCAS-CARS Best Poster Award
学会名: 22nd Annual Conference of the International Society for Computer
     Aided Surgery (The International Society for Computer Aided Surgery 2018)
演題名:Development of traceability system for surgical instruments in operation room
共著者:山下和彦、正宗賢、村垣善浩
受賞日: 2018年6月23日
表彰状:http://www.twmu.ac.jp/ABMES/ja/news20180702(東京女子医科学 先端生命医科学研究所WEBサイト)

2018/06/13

6月13日(水)に日本マイクロソフト株式会社の平野社長が先端工学外科を訪問しました。
未来のスマート治療室SCOTのデモルームを見学され、Microsoft HoloLensを活用したモバイル戦略デスクも体験されました。

2018/06/11

東京女子医科大学はAMED 平成30年度国産医療機器創出促進基盤整備等事業に採択されており、「医療機器の企業Finisher人材を創出する座学・実学融合プログラム」というテーマの下、「国産医療機器開発のための事業化研修」を開講致します。

本年度は、医療機器開発戦略を学ぶために"ベーシックコース"と"ミドルコース"、そして"アドバンスコース"の3コースに分けて開催いたします。

このお知らせで募集する"ベーシックコース"は医療機器産業への新規参入を狙う企業、医工連携に取り組みたい企業・学術機関・医療機関、起業したい医師、医療機器産業に興味のある学生、官公庁・地域支援機関・金融機関等を対象とした、どなたでもご参加頂けるプログラムとなります。


  • 参加費:無料
  • 会場:東京女子医科大学 弥生記念講堂 ←TWInsとは異なる建物です。ご注意下さい。
  • 日程:2018年 8月20日(月)10:30-17:30(開場 10:00、昼休み 12:50-14:00)
  • プログラム:
    「なぜ医工連携はうまくいかないのか」東京女子医科大学先端生命医科学研究所 岡本 淳
    「クリニカルイマージョン」東京大学・ジャパンバイオデザイン 前田 祐二郎 先生
    「医療機器の法規制とビジネスモデル」医療機器センター 医療機器産業研究所 鈴木 孝司
    「製造業・部材供給業者の新規参入とPL」医療機器センター 医療機器産業研究所 日吉 和彦
    「AMEDにおける医療機器産業振興政策」AMED 産学連携部長 高見 牧人 先生
  • お申し込み方法:こちらのウェブサイト上段のベーシックコースの申込みフォームよりお申し込み下さい。

H30-basic-leaflet_small.jpg

ご案内の資料(pdf)はこちらからダウンロード頂けます

2018/06/11

東京女子医科大学はAMED 平成30年度国産医療機器創出促進基盤整備等事業に採択されており、「医療機器の企業Finisher人材を創出する座学・実学融合プログラム」というテーマの下、「国産医療機器開発のための事業化研修」を開講致します。

本年度は、医療機器開発戦略を学ぶために"ベーシックコース"と"ミドルコース"、そして"アドバンスコース"の3コースに分けて開催いたします。

このお知らせで募集する"ミドルコース"はより実践的な医療機器開発プロセスに取り組もうとしている企業、医工連携をもう1歩先に進めたい企業・学術機関・医療機関、起業したい医師等を対象とした、どなたでもご参加頂けるプログラムとなります。


  • 参加費:無料
  • 会場:東京女子医科大学 弥生記念講堂 ←TWInsとは異なる建物です。ご注意下さい。
  • 日程:2018年 8月22日(水)10:30-17:30(開場 10:00、昼休み 12:20-13:30)
  • プログラム:
    「医療機器の認証審査 (製品審査とQMS)」DEKRA Certification Japan 肘井 一也 先生
    「医療機器の承認審査 (新規性とビジネス)」合同会社コンピエーレ 麻坂 美智子 先生
    「医薬品医療機器法と特許法」名古屋国際特許業務法人 山越 淳 先生
    「イノベーティブな医療機器とは何か」医療機器センター 医療機器産業研究所 鈴木 孝司
  • お申し込み方法:こちらのウェブサイト中段のミドルコースの申込みフォームよりお申し込み下さい。

H30-middle-leaflet_small.jpg

ご案内の資料(pdf)はこちらからダウンロード頂けます

2018/06/11

東京女子医科大学はAMED 平成30年度国産医療機器創出促進基盤整備等事業に採択されており、「医療機器の企業Finisher人材を創出する座学・実学融合プログラム」というテーマの下、「国産医療機器開発のための事業化研修」を開講致します。

本年度は、医療機器開発戦略を学ぶために"ベーシックコース"と"ミドルコース"、そして"アドバンスコース"の3コースに分けて開催いたします。

このお知らせで募集する"アドバンスコース"は 医療機器製造販売業にて企画・戦略等の業務経験のある方、新規参入企業において積極的に医療機器の開発を目指していく方、医療機器産業を対象とした投資家等を対象とした、より実践的なプログラムとなります。


  • 参加費:無料
  • 会場:東京女子医科大学 TWIns 2階 大会議室
  • 時間:14:00-18:00(開場 13:30)(各回共通)
  • プログラム:
    • 第1回 (10月19日(金))
      『医療機器の開発戦略』 医療機器センター 医療機器産業研究所 髙山 修一
      『医療機器の知財戦略』 八田国際特許業務法人 久野 栄造 先生
    • 第2回 (10月26日(金))
      『医工連携のTeam Building』 横浜国立大学 大沼 雅也 先生
       ケーススタディ(1)
    • 第3回 (10月29日(月))
      『医療機器ビジネスの保険戦略』 薬事コンサルタント 河原 敦 先生
    • 第4回 (11月5日(月))
      『医療機器開発プロセスの時間軸』 医療機器センター 医療機器産業研究所 中野 壮陛
      『医療機器ビジネスの実例に学ぶ』 東レ株式会社 舘 哲史 先生
       ケーススタディ(2)
    ※ 薬事規制や保険制度の基礎知識を前提とした講義となりますので、ご留意下さい。
  • お申し込み方法:こちらのウェブサイト末尾のアドバンスコースの申込みフォームよりお申し込み下さい。
    ※会場の都合およびプログラムの内容上、受講される方の選考を行います。お申込み頂いた後に、主催者および開催事務局で選考を行い、最終的な受講者を決定し、ご連絡致します。

H30-advanced-leaflet_small.jpg

ご案内の資料(pdf)はこちらからダウンロード頂けます

2018/04/27

堀瀬友貴助教が、日本機械学会奨励賞(研究)を受賞いたしました。


受賞者:堀瀬友貴
表彰名:2017年度日本機械学会奨励賞(研究)
学会名: 日本機械学会(webサイト→https://www.jsme.or.jp/
演題名:「手術支援ロボットシステムの研究」
受賞日: 2018年4月19日(木)
表彰状:http://www.twmu.ac.jp/ABMES/ja/news20180427

2018/04/23

先端工学外科では、株式会社NTTドコモとノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社と共同で、VR映像を用いて小児患者向けの手術に対する不安予防システムを開発しています。
4月18日(水)に本学先端生命医科学研究所にてVRキットの贈呈式が行われました。ノキアの木田様よりドコモの荻野様、女子医大の村垣教授に対して1セットずつ寄贈されました。 本システムを用いて今後も新しいソリューションを開発していく予定です。

  • 進学・入学希望者の方へ