ホーム > 検査入院・ご案内

検査入院・ご案内

検査入院・ご案内

1.睡眠ポリグラフィー検査(PSG)入院

夜間睡眠の状態を調べることで、睡眠障害やその重症度、日中の眠気の原因を調べます。
さまざまなセンサーを頭、顔、体、脚、指先に装着した状態で、個室で一晩寝ていただきます。

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)の流れ(1泊2日)
16:00 入院
18:00 夕食
19:00 PSG装着
終夜睡眠ポリグラフィー検査(RSG)の流れ(1泊2日)
翌朝6:00 検査終了、退院(朝食は付きません)

2.CPAP治療のための入院

PSG検査にて睡眠時無呼吸症候群と診断された方のうち、医師が必要と判断した場合、睡眠中、CPAPを装着します。CPAPは空気圧を用いて閉塞した気道を押し広げることにより、気道を確保する治療ですが、必要な圧力(治療圧)は患者さまによって大きく異なります。適切な治療圧を設定するための検査入院です。装着する鼻マスクの調節など゙も行います。

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)の流れ(1泊2日)
16:00 入院
CPAPを扱っている業者より、CPAP機器の取り扱い説明があります。
18:00 夕食
19:00 CPAPを装着しながら、PSG装着
翌朝6:00 検査終了、CPAPを持参して退院(朝食はつきません)

3. MSLT(Multiple Sleep Latency Test:睡眠潜時反復検査)のための入院

昼間の眠気を客観的に評価することで、過眠症の診断と重症度判定するためにMSLTを行います。PSG検査の後に続けて、翌日の日中に行います。2時間ごとに、数回暗いお部屋のベッドで横になって、お昼寝をしていただきます。

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)の流れ(1泊2日)
16:00 入院
18:00 夕食
19:00 PSG装着
翌朝6:00 PSG検査終了
8:00 朝食
9:00 MSLT開始
12:00 昼食
夕方 MSLT終了後 退院

入院費用について

検査は保険診療で行います。
検査室は個室ですが、個室差額料金を徴収いたしません。
3割負担の場合、約3万円程度です。

アメニティーグッズなどはこちら