■ 9月 総合防災訓練に参加しました

総合防災訓練(2018/9/27)の様子

総合防災訓練(2018/9/27)の様子

■ 6月 ICLS講習会がありました

第13回八千代ICLSコース(2018/6/24)の様子

第13回八千代ICLSコース(2018/6/24)の様子

■ 4月 縫合実習を行いました

縫合実習(形成外科)の様子

縫合実習(形成外科)の様子

■ 11期生 オリエンテーション

オリエンテーション その1 オリエンテーション その2

■ 11期生が入職しました

平成30年4月 第11期生入職

第11期生入職

懇親会(2018/4/4)の様子

懇親会(2018/4/4)の様子 その1懇親会(2018/4/4)の様子 その2

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 関戸 恵麗

この3月で初期研修を終了した9期生の関戸です。
学生実習で八千代に来た際に、救急当直で研修医がwalkinも救急車もfist touchしている姿、それを支える医療スタッフの姿を見て自分も是非ここで初期研修をしたいと思い八千代医療センターを志望しました。
実際の救急当直はとにかく大変でした。当番日はひっきりなしの救急車で眠れないことは当たり前です。でも看護師さん、技師さんをはじめとしたスタッフの方々、先輩、同期、後輩、そして上級医の先生方に支えられ、朝を迎えることができました。最初は検査も診察もろくにできなかった研修医でしたが、いつの間にかそこそこ救急車も見れるようになりました。この2年間で得た経験はこれからの糧になったと信じています。
八千代の良い所は「求めれば与えられる」ところです。自分がやってみたい、学びたいと思ったことを八千代は惜しみなく提供してくれます。外科系志望だったので色んな科のオペに入りたいという気持ちがありました。当直中に入った緊急オペも数知れず。ローテートしている科に関係なく、オペに呼んでいただくこともありました。そんな柔軟性のある環境だからこそ、同期も含め進路に関して良い意味で悩むことができました。
また各科の隔たりがなく、きっと大病院だったら話しかけることも難しい上級医の先生方へ相談したり、指導を仰ぐことが出来るのも貴重な経験になりました。研修医の勉強会も形式ばったものではなく、自分たちが学びたいことを各科の先生方にリクエストしてより実践的な内容をレクチャーして頂きました。多忙にもかかわらず、いつも快く研修医の要望に応えてくださった先生方には感謝しています。
たまに東京へ逃げ出したくなる時もありますが、そういう時は少し高めの電車賃を払って銀座で買い物して神楽坂でパーッと飲んで、気持ちを入れ替えて東西線へ揺られて八千代へ帰ることが可能です。
研修病院は1つしかないので比較は出来ませんが、もしまた初期研修をやることになっても私はきっと八千代を研修先に選ぶと思います。
緑豊か、綺麗で明るく、人の優しさに恵まれた八千代医療センターで社会人最初の2年間を過ごしてみませんか?
GREENSの8匹と指導熱心で優しい先生方、病院スタッフがあなたのことを待っています。

 初期研修医9期生 関戸 恵麗

研修修了式にて救急科の貞広先生と

■ 修了式を行いました

平成30年3月 第9期生が卒業しました。

修了式

修了式修了式

修了式

修了式修了式

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 古金 遼也

先日、北垣カンファレンスの最終回でした。
先生が今まで経験された診療のピットフォールや、今後医師を続けていく上での心がけなどを教えて頂きました。
ありがとうございました!

初期研修医9期生 古金 遼也

初期研修医9期生 古金 遼也

初期研修医9期生 古金 遼也初期研修医9期生 古金 遼也

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 日 舞

先月『いすみ医療センター』に1ヶ月間地域研修に行ってきました。
普段経験できない新患外来、予防接種・健康診断の他、訪問診療、保健所見学など、
たくさんやらせて頂きました。
医師も職員の方々も優しく、とても働きやすかったです。
国吉駅にはムーミンのグッズがいろいろ売っていました!
ファンの人がよく訪れるそうです。

初期研修医9期生 日 舞初期研修医9期生 日 舞

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 関 駿介

皆さん、こんにちは!初期研修医2年目の関駿介です。八千代の病理診断科で研修をしています。
この病院の良いところは「カリキュラムが自由なところ」でしょうか。
必須研修科目はもちろんありますが、そこを除く9ヶ月間は自分の自由に研修科を選ぶことができます。自分の行きたい科を重点的に選ぶもよし、満遍なく研修するも良し。内科も外科もマイナー科も関係なく好きに選べます。また、選ぶ時期も1ヶ月前で大丈夫!さすがに同時期に同じ科で4人も5人も研修はできないので、最終的には同期と相談してカリキュラムのスケジュールを決めることにはなりますが、基本的には自分の希望通りのスケジュールを組むことができると思います!!
八千代医療センターに少しでも興味のある医学生の方々!!自分のやりたいことを、やりたい時期に、やりたいだけできる研修病院はいかがでしょうか?

初期研修医9期生 関 駿介

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 本吉 絢

八千代医療センターの良さは何と言っても職種にかかわらず、廊下であいさつしあえるアットホームな雰囲気だと思います。働きやすい環境で2年間を過ごせたことはとてもよかったです。もっとも最初は仕事になれず、特に当直は救急科当直なので、救急車や救急外来の患者さんの診察に最初はどうしたらいいか困ることもありました。さらに2016年の秋から2次救急から3次救急になったので、より緊急を要する患者さんが増え、さらに戸惑いました。しかし必ず救急科や内科の先生方のバックアップを受けながら研修を受けられるので、一人でどうしたらいいかわからないということはありませんでした。ありとあらゆる患者さん達を診察させて頂き、2年間で色々な経験をつむことができました。市中病院のような地域に密着した医療に従事できつつ、一方で大学病院の付属病院としての特徴もあり、まれな症例にも出会うこともできました。ぜひ一度、見学に来てみてください。

初期研修医9期生 本吉 絢

■ 12月 忘年会がありました

八千代医療センター大忘年会(2017/12/8)の様子
12月 忘年会12月 忘年会

12月 忘年会

Day Dream Believer ♬
12月 忘年会

■ 八千代医療センター 初期研修医9期生 淺木弓英

八千代医療センターの一番の魅力は、なんといってもあたたかい雰囲気です。学生実習で初めて院内を歩いた時、親しげな挨拶や会話が盛んに行き交う様子を目にし、それをすぐに実感できました。初期研修医として不安いっぱいで働きはじめた時には、医師だけではなく全てのコメディカルの方が気軽に声をかけてくださることがとても心強かったのを覚えています。各科の垣根も低く、先生方との距離もとても近いため、日々多くの知識を吸収することができます。
また、救急当直では研修医が救急車、ウォークインの初療を行うため、自ら考え行動する力を1年目から身につけることができました。もちろん、少しでも不安や疑問点があればすぐ上級医に相談できる環境でもあります。common diseaseから大学病院、三次病院としての特殊な症例も多く、手技も含めて様々なことを先生方の熱心な指導のもと経験できました。
院内には八千代で初期研修を終えた先輩方も多く、後期研修でも残りたいと思える病院だと思います。私もこの大好きな職場で今後も学び成長していきたいと思い、八千代で研修を続けることにしました。
とにかく是非一度見学に来て、八千代の雰囲気を肌で感じていただければと思います。心よりお待ちしています!

初期研修医9期生

■ 9月 総合防災訓練を行いました

総合防災訓練(2017/9/21)の様子
9月 総合防災訓練9月 総合防災訓練

■ 9月 ICLS講習会がありました

第12回八千代ICLSコース(2017/9/17)の様子
9月 ICLS講習会9月 ICLS講習会

9月 ICLS講習会9月 ICLS講習会

■ 4月縫合実習を行いました

縫合実習(形成外科)の様子
4月縫合実習4月縫合実習

親身な指導で様々な縫合法の体験ができました。
4月縫合実習4月縫合実習

人口皮膚や豚皮を使用し、実践的な縫合を学ぶことができました。
4月縫合実習4月縫合実習

■ 10期生が入職しました

平成29年4月 第10期生入職
第10期生入職
歓迎パーティーの様子
4第10期生入職4第10期生入職

■ 修了式を行いました

平成29年3月 第8期生が全員卒業しました。
第7期生卒業
第7期生卒業

■ 修了式を行いました

平成28年3月、第7期生が全員卒業しました。
第7期生卒業
第7期生卒業

■ さくら咲く季節を迎えて

平成27年3月、第6期生が全員卒業しました。
第6期生卒業
第6期生卒業

■ うららかな好季節を迎えて

平成26年3月、第5期生が全員卒業しました。
第5期生卒業
第5期生卒業

■ さくら色に染まる季節を迎えて

平成25年3月、第4期生が全員卒業しました。

■ 八千代医療センター 初期研修医 4期生 下山恭平

八千代医療センターの一番の魅力は、「チームワーク」ではないかと思います。院内ですれ違う方々は職種を問わず、みな笑顔で挨拶をします。決してマンパワーは充分とは言えませんが、その分スタッフ1人1人が高い意識を持って仕事をしています。それは、研修医にとって大きな刺激です。
 当院は大学病院でありながら地域の急性期病院でもあるため、いわゆる診断に苦慮するような難症例だけでなく、いわゆるcommon diseaseと呼ばれるような頻度の高い緊急疾患や重症症例に対する集中治療も多く経験することができます。また、診療チームの一人として患者さんに主体的に関わります。最初はプレッシャーでもありますが、私たちが診療で困ったときには、診療科や職種の垣根を越えて、気軽に相談することができます。頼れる先輩方やスタッフの皆さんの力を借りながら、日々研鑽を積んでいる毎日です。
 また、病院内にはフットサルやテニス、バドミントン、ランニングなど、様々なサークルが盛んに活動しています。医師だけでなく、コメディカルスタッフや事務系の方々まで、広く参加しており、交流を深めています。
 そんな、病院が一丸となって診療に取り組んでいる雰囲気の中で、一緒に働いてみませんか?興味をもたれたみなさん、ぜひ一度八千代へ見学に来てください。研修医一同、心よりお待ちしています!

■ 今年もさくら色の季節を迎えて

平成24年3月、第3期生が全員卒業しました。





■ 臨床研修修了式を行いました。

平成23年3月、研修医8名が2年間の研修を修了しました。

■ さくら色の季節に

平成22年3月、臨床研修医一期生の修了パーテイが行われました。
長い医師のキャリアのなかで初期研修の2年は特別な2年です。
さくら色の季節が訪れるたびに新米医師だった日々を懐かしく想い出してくれることでしょう。







このページの上へ