東京女子医科大学東医療センター 救急医療科救命救急センター

後期研修プログラム

研修医・医師募集

教育・研修 - 入局者のメッセージ

医療錬士 栗山 桂一

医師としての在り方を追求し
あらゆる経験が得られる救急医療の道へ
医療錬士 栗山 桂一

先輩医師の姿を見て、救急医療を志す

私は大学卒業後、他の病院で2年間、研修医として働いていました。当時は二次救急への対応をしていたのですが、週に1~2回、重症例の患者様が搬送されてくることがありました。その際、どんな症例の患者様であっても落ち着いて対処している先輩医師の姿を見て、自分も医師としてそう在りたいと思い、救急医療に携わっていこうと決意しました。

救急医療が主体である環境を選択

医療錬士 栗山 桂一

当救命センターを勤務先として選んだ理由は、3つあります。1つ目は、多種多様な重症例の患者様が搬送されてくる場所であること。その搬送数は、都内でもトップクラスとなっています。2つ目は、Closed ICUであるため、救命救急センターが主体となって処置ができるということ。そして3つ目は、救命救急センターでも手術が可能であるということです。このように救命医療が主体となって患者様を診ることができるので、医師としての修練につながると考えたのです。実際に入局して半年が経ちますが、日々の現場対応からの学びはもちろんのこと、毎週決まった時間に全員で論文の読み合せをしたり、学会や研究成果の報告をするなど、最先端の知識に触れる機会も多々あります。

多様な経験が、将来への糧となる

救急医療の現場は、常に限られた時間の中で、適切な処置を次々と行わなければならないシビアなところです。さまざまな壁に突き当たり、悩み、苦しい思いをすることも当然あります。しかし私は、この救急医療の世界を経験してよかったと思っています。最初から特定の専門領域に進んでいたら、これほど多様な重症例の患者様を診ることもなかったでしょうし、当然それらに対応するスキルも身に付かなかったでしょう。この現場と向き合っていくことで、医師としての深みも増すのではないかと思っています。ですから、医師としてオールマイティーな存在を目指したいという方は、一度当センターの門を叩いてみてください。ここで得られる経験値が、将来の自分にとって大きな糧になっていくはずです。

篠原 潤(平成23年度入局)

自分は昨年まではER型救急施設で勤務しておりましたが、入院後のintensive careについても勉強したい、また集中的に3次救急の勉強がしたいと考え、2011年4月より当救命センターでの研修を開始しております。当救命センターではclosed ICUの形式であるため、これまでの施設とは異なり他科にあまり気兼ねすることなく、自分たちの方針治療にあたることが出来ます。自分で考え、実践し、その結果を見ることが出来るため、非常に勉強になります。ここにきて集中治療について、より深く考えることが出来るようになりました。

また、指導の先生方は外科出身の方がほとんどであり、外科的なことについても大変よくご指導くださり、手術などにも一緒に入ることが出来ます。自分はこれまで内科系の研修が多かったため、外科について改めて学ぶことが出来、これも大変勉強になっております。

病床数はICU20床、一般病床10床と救命センターとしては比較的多く、常にバラエティに富む患者様の治療にあたることが出来、また救急車の搬送台数も非常に多いため、修練を積むにあたっては事欠くことがありません。現時点では医局員はあまり多くないため、症例の奪い合いになることもありません。 ここで研修を続けることでどこまで成長できるか、非常に楽しみです。

増田 崇光(平成21年度入局)

二年間の初期研修を終えて、私は3年目では救急科を選択しました。初期研修では、地元で地域医療に従事し、地域医療の現状に触れ、求められているものは幅広い診療能力でした。当院では三次救急病院であり数多くの重症患者さんが搬送されてきます。働き始めて2ヶ月足らずですが、気管内挿管や中心静脈確保など多くの手技が経験でき、またICUでは全身管理に必要な知識を指導医の先生方の下で学ぶことができます。

専門を決めていく上で悩んでいる研修医は多いと思います。幅広い症例を経験しながら、専門科を決める、救急を専門とする、実に多くの選択肢を残すことができるのも魅力の一つです。救急に興味のある研修医の先生は是非見学に来て下さい。

TOP