• HOME
  • >
  • センター長挨拶

後期臨床研修プログラム

センター長挨拶

img01

教授・講座主任 矢口有乃

目の前で苦しんでいる人の苦しみと痛み、そして生命危機に携わるのが、救命救急医の仕事です。そこには“除痛と延命”から発展してきた、医療の原点 があります。私達スタッフは、医学部卒業後、すぐに救命救急センターに入局し、鍛錬してきた生え抜きの救命救急医ばかりです。皆、それぞれのサブスペシャ リティーを持ち、各自の専門分野を日々の救命救急医療に役立たせ、かつ教育、研究に精進しています。
「人のために何かをすること」、「人間」が好きな人間の集まりです。救命救急医療は、重症度と緊急度の高い症例、すなわち生死に直結している症例が 多く、診断、治療、そして結果がリアルタイムに行われるという緊張感の連続する日々ですが、それ故に軽快、退院される患者様への姿や、社会復帰をされた患 者様の姿を目にした際には、自分たちの仕事への達成感は、何物にもかえがたいものがあります。また、循環器病学、呼吸器病学、腎臓病学、神経病学、感染 症、外科学などの幅広い地域と技術を要し、多臓器不全や多発外傷の症例に集約させ、多種の専門スタッフ達とともに、“患者様の治療”という一つの目標を目 指すチーム医療と、そのでの指揮官としての役割が、救命救急医の魅力の一つです。さらに、延命医療の観点からも社会学、倫理学、哲学が関与してくる領域で もあります。

専門分野

集中治療

資格

  • 日本救急医学会 評議員
  • 日本救急医学会 倫理委員会委員
    男女共同参画推進特別委員会委員
  • 日本救急医学会救急科指導医、専門医
  • 日本集中治療医学会 評議員、国際交流委員会委員
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本外科学会指導医、専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本shock学会 評議員、監事
  • 日本救命医療学会 理事
  • 日本外科系連合学会評議員
  • 日本救急医学会関東地方会幹事
  • 東京都メディカルコントロール協議会委員
  • 東京DMAT登録医
  • 麻酔科標榜医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本外科学会
  • 日本救命医療学会
  • 日本shock学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本外科系連合学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本外傷学会
  • 日本集団災害医学会
  • 日本急性血液浄化学会
  • Faculty member of international society of
    intensive care and emergency medicine
  • Society of critical care medicine
  • American college of emergency medicine
  • European society of intensive care medicine