至誠と愛

 

寄付のお願い

本寄付金の趣意

吉岡 俊正

学校法人 東京女子医科大学 理事長

学校法人東京女子医科大学は、創立者吉岡彌生によって本邦唯一の女子の医学教育期間として明治33年(1900年)に設立されました。本学の理念は「至誠と愛」であります。これを教育の根幹とし、高い知識・知能と病者を癒す心を持った医師の育成を通じて、精神的・経済的に自立し社会に貢献する女性医療者を送り出し、広く地域社会の発展に貢献しております。社会を先導する女性医療者・研究者育成のために広く皆様からのご支援を賜りたくお願い申し上げます。

平成11年 男女共同参画推進基本法が成立し、本学では平成18年に、女性医師生涯研鑽支援委員会、女性医学研究者支援室、女性医師再教育センターを設置し、女性医師・研究者への支援体制の拡充に取り組んで参りました。平成21年4月1日、支援対象に看護師を加え、これまでのプロジェクトを更に拡充・推進し、各プロジェクトの統括管理運営を図るために、男女共同参画推進局を設立しました。
今般、女性医師・看護師の勤務継続に対する支援、セーフティネットを提供するだけでなく、医療人としてのキャリア形成とその促進、リーダーシップの育成を通じて、リーダーとしてより良い社会を作るために活動する女性医療人を育成することを目的として、これまでのステージからさらに一段上のステージを目指していくことを明確にするために、『女性医療人キャリア形成センター』に名称を変更しました。

また、本学は文部科学省平成28年度科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)に採択されました。「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」事業を円滑に進めるために、女性医療人キャリア形成センター傘下の3部門(「女性医師・研究者支援部門」、「女性医師再研修部門」、「看護職キャリア開発支援部門」)および「彌生塾」、「働き方の多様性を考える委員会」の各部署と有機的に連携し、多面的な活動を推進していくための組織として、事業の司令塔としての役割を担うため、女性医療人キャリア形成センター内に「ダイバーシティ環境整備事業推進室 」を設置しました。

支援を必要とする医療者に経済的負担をなるべく少なく良い支援を行うために、学校法人としてもできるだけの資金を投入しておりますが、より多くの女性医療者・研究者により広い支援を行うための更なる資金が必要です。優れた医療者および研究者の支援を継続し、リーダーとしてよりよい社会をつくるために活動する女性医療人を育成するよう、深いご理解とご関心をお寄せくださる皆様に、特段にご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

平成29年1月

実施体制

 

soshik5

事業内容

・ダイバーシティ環境整備事業推進室:研究者のライフイベント及びワークライフ・バランスに配慮した研究環境の改善やそれに向けた組織内の意識改革、女性研究者の裾野の拡大、女性研究者の研究力の向上及び上位職への積極登用に有効な横断的な取組を推進します。

・女性医師・研究者支援部門:子育てなどのライフイベントと診療・研究が両立できるよう、女性医師の診療継続、女性医学研究者の研究活動を支援します。

・女性医師再研修部門:出産、子育て、配偶者の転勤などで臨床現場を離れた女性医師の復職を、本学医療施設や共同医療施設などの臨床現場での研修を通じ、支援します。

・看護職キャリア開発支援部門:キャリア教育支援や勤務継続支援、メンタルケアなどさまざまなプロジェクトを通じて、看護職が充実した仕事と生活を実現できるよう支援します。

・彌生塾:リーダーシップ促進、キャリア研修、教育者研修等を行い、リーダーとなる女性医療者の輩出を目指します。

・働き方の多様性を考える委員会:勤務医の就労環境改善及び負担軽減策を検討し、対応策を推進します。

tree

募集要項

以下の通り寄付の募集を行います。皆さま方の任意のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

募金名称 女性医療人キャリア形成センター基金
募金目的 女性医療人の勤務継続支援および医療人としてのキャリア形成とリーダーシップ育成を行うための経費
募金目標額 3億円
募金対象 法人:1口の金額は特に定めておりません

個人:1口2万円

(多数のご支援をいただけますと幸いです)

申込方法

寄付申込書に必要事項をご記入の上、本学女性医療人キャリア形成センター宛てにご郵送ください。
申込書はこちらからもダウンロードできます
→法人用寄付申込書はこちらのPDFをご覧ください
→個人用寄付申込書はこちらのPDFをご覧ください

振込方法

下記の専用口座にお振込みください。

三菱東京UFJ銀行 きよなみ支店
普通預金口座番号  1128100
口座名 学校法人東京女子医科大学
理事長 吉岡俊正

企業等法人の方は、分割でのお振込みも可能です。分割回数と同じ枚数分の寄附申込書にご記入いただき、各申込書の期日ごとにお振込みください。

寄付金に対する免税措置について

企業等法人の場合

日本私立学校振興・共済事業団を経由して私立学校に指定寄付をする「受配者指定寄付金」制度は、法人税法上(昭和40年大蔵省告示第154号)の優遇措置が講じられ、寄付金全額を損金に算入できます。本制度を利用される場合、本学所定の寄付申込書のほか、日本私立学校振興・共済事業団宛ての申込書が必要になります。

yayoi_r17_c13

個人の場合

寄付金は、特定公益増進法人へ寄付金となり、確定申告の手続きにより所得金額から控除を受けることができます。年間(1月1日~12月31日)の特定寄付金総額(所得の40%が限度)から2千円を差し引いた金額が所得金額から控除されます。

所得控除の措置を受けるのは、ご寄付をされた翌年の確定申告期間に所轄税務署に確定申告をしていただく必要があります。手続きには、本学が発行した「領収書」および「所得控除に係る証明書(写)」が必要となります。

*ご寄付により取得した個人情報につきましては、本学からのお礼状送付、ご寄付者芳名録の作成に関する業務のみ利用します。

〒162-8666 東京都新宿区河田町8番1号

東京女子医科大学 女性医療人キャリア形成センター

TEL 03-3353-8111 (内線41382)

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1