至誠と愛

 

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ

東京女子医科大学は、平成28年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択されました。

本事業は、研究者のライフイベント及びワークライフ・バランスに配慮した研究環境の改善やそれに向けた機関内の意識改革、女性研究者の裾野の拡大、女性研究者の研究力の向上及び上位職への積極登用に有効な部局横断的な取組などを行う大学等を支援するものです。

本学では、実績をあげてきた従来の取組にさらに多様な視点と発想を取り入れ、女性研究者の研究力向上・上位職登用を実現させるため、次の取組を進めてまいります(実施期間:平成28年度~平成33年度(予定))。

 

※ダイバーシティ環境整備事業ロゴマークについて

ダイバーシティ環境整備事業を本学内に一層浸透させ力強く推進していくために、事業推進のシンボルとしてロゴマークを作成しました。

女性 WomanのWをモチーフに人型をあしらい、「より良い社会を作ろうとする女性の逞しさ」と「人生を謳歌するのびやかな女性」をイメージしています。

目標と行動計画

目標

本学は、女性医療者(医師・看護師)を養成する医科大学であり、平成18年度には文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成事業」に採択され、病児保育と短時間勤務制度の創設によって優れた女性研究者が研究を継続するための支援を実施しました。事業終了後は、男女共同参画推進局(女性医療人キャリア形成センター)を設置し、保育については院内保育所による、待機児、夜間、休日、病児の対応を行うほか、ファミリーサポートによるきめ細かい支援を行っています。短時間勤務制度も育児期のみでなく、キャリア形成のための制度を創設するなど、事業を発展させています。それら取り組みによりライフイベントによって研究を中断しない環境整備は進んできていますが、一層のキャリア形成、上位職の登用においては充分な成果が出ていない状況です。例えば、平成27年における女性教授は全教授158名中27名(17%)にすぎません。そこで女性医療人のキャリア形成支援を強化するため、2020年度までに女性教授を30%とすることを目標として設定しました。

  1. 女性医師・研究者の資質向上を目的に、女性医療人に特化したキャリア形成支援を行い、女性教授を30%にする。
  2. 女性事務管理職の割合を30%にする。
  3. 育児や介護関連制度等、就業規則の周知や啓発、また制度を利用しやすい職場環境・雰囲気づくりの推進。
  4. 臨床系教員及び医療練士研修生の短時間勤務の制度化および周知。

行動計画・実施内容報告

ダイバーシティ研究環境整備

・勤務環境の改善

[H28年度計画]「勤務環境改善ワーキンググループ」を中心として、女性研究者が在籍する部局における「事務作業の見直しと効率化」および「医局スペースの有効活用の方法の提案」を実施します。これらは、事務作業のスリム化による医師ら研究者および事務員の業務負荷の軽減と、快適な医局作りによる研究等の作業効率の向上による女性研究者のワークライフ・バランス向上が目的です。28年度中に①既存調査の整理・分析②改善優先業務の決定③優先業務に関する改善方法を検討します。
[実施内容]医師と事務職とで業務分担が明確でなかった作業について業務負担を明確にしました。その後作業のスリム化の方法を検討し、担当すべき業務の振り分け案を作成しました。また、医局スペースの有効活用方法についても併せて提案しました。

[H29年度計画]①前年度検討業務のレビューに加え、②新たに2~3の業務の改善を検討します。

 

・学生サポーター育成

[H29年度計画]本学で実施している女子医大・東京医大ファミリーサポートにおいて学生サポーターを育成します。29年度は①夏休み期間を利用して2年生以上の学生を対象に研修会を実施します。②育成した学生サポーターと依頼会員のマッチングを行い、③子育て支援を開始します。

 

・介護施設制度創設

[H28年度計画]28年度は介護を担う当事者支援、予備軍の不安解消、および介護に対する管理職の意識改革を進めるための介護支援制度創設の準備を行います。本事業全体の広報と介護支援の普及啓発の目的を含めた介護支援に関するニーズ調査を全職員に対して実施します。調査と並行して28年度中に『キャリアと介護の両立支援』のマニュアルを作成し、また、ホームページでの情報提供を検討します。
[実施内容]本学全教職員を対象にwebアンケート調査を行い、本学における介護支援のニーズを確認したうえで『キャリアと介護の両立ブック』を作成しました。介護に関するその他の内容も含め、ホームページ上で公開いたしました(こちら)。

[H29年度計画]仕事と介護の両立に悩む研究者・職員の相談に対応するため①人事部および付属病院の社会支援部と連携して相談窓口を開設します。また②昨年度作成した『キャリアと介護の両立ブック』を印刷製本し、全教職員に配布します。全教職員に配布することにより、学内での両立支援に関する意識を醸成します。

 

研究力向上とリーダー育成:

・メディアラボでのコンテンツ作成

[H28年度計画]本事業で実施する上位職への登用や研究力向上に関するeラーニングのコンテンツを作成し配信することにより、研究者が時間や場所を選ばずに学習し、研究力を向上させることが目的です。初期のコンテンツ制作は外注しますが、今後継続的、経済的にコンテンツ作成を行うため、「学内メディアラボ」でのコンテンツ制作の内製化をすすめます。28年度は女性研究者が自らのキャリア形成を積極的に行っていくために必要なeラーニングのコンテンツについてテーマと講師を選定し、作成を開始します。
[実施内容]「東京女子医科大学ダイバーシティ環境整備事業」と「ウィメンズヘルス研究」を撮影しました。その後、産婦人科の育児中の女性研究者(医師)のための勉強会を撮影・編集し、育児中の女性研究者(医師)へDVDの貸し出しを開始しました。

[H29年度計画]女性研究者が自らのキャリア形成を積極的に行っていくために必要なeラーニングのコンテンツについて、学内で行われている勉強会や講演会の撮影および編集を行い、教材を作成します。

 

・キャリア形成の個別支援と全体講演会

[H28年度計画]女性研究者の研究力向上のために、女性教員のリーダーシップ促進を目的に創設された彌生塾において、①塾生の募集及び登録を行い、各塾生の業績等を確認し、 ②各塾生の業績等に基づいて彌生塾担当教員による個別相談および支援を開始します。また、将来のリーダーを目指す塾生のキャリア形成支援、モチベーション持続、ニーズ発掘のため、先輩女性医師と塾生が意見交換や情報共有を行う場となる「サロン」を定期的に開催するとともに、さらに彌生塾主催による全体講演会を開催します。
[実施内容]彌生塾本科生に対して、履歴書及び業績をもとに個別相談を開始しました。また、女性研究者同士がお互いの課題を話し合うことを目的に、彌生塾サロン(第1回~3回)を開催しました(参加者計25名)。女性研究者自身の意識改革のため、11/12に東京女子大学小野学長を招へいし、講演会を実施しました。

[H29年度計画]①塾生の募集および登録を行い、各塾生の業績等の確認を継続します。②各塾生の業績等に基づいて彌生塾担当教員による個別相談および支援を継続します。さらに彌生塾主催による講演会を開催します。

 

・ピアラーニング

[H29年度計画]将来のリーダーを目指す女性研究者のキャリア形成支援、意欲や能力の向上のため、研究者同士の学びあい(ピアラーニング)を行います。ピアラーニングでは、本学教授が、自分自身が教授になるために何をしたか、そして教授になってから何をしているかについて講演をし、その後参加者である女性研究者との質疑応答を行います。これにより女性研究者は身近な良好事例を学ぶことができ、一方教授も女性研究者の研究力向上や上位職登用に向けた教室運営のために必要な情報を得ることができます。29年度は①講演を依頼する教授を選定し、年間計画を策定します②教授への講演依頼、学内での広報を行い、③年間を通じ定期的に実施します。

 

上位職への積極登用:

・特命担当教授の新設

[H28年度計画]上位職登用の実効性を高めるためのインセンティブとして特命担当教授・准教授の新設を検討し、規程(案)を策定し、規程(案)について教授会、理事会で審議をします。
[実施内容]学長副学長医学部長会議にて、特命担当教授・准教授の新設について検討・規程(案)策定を行いました。教授会にて審議、承認の後、1/25開催の定例理事会にて特命担当教授に関する規定を承認、制定しました。

 

・プラスファクター方針の導入

[H28年度計画]教員公募に対する女性研究者の応募意欲を高めることと確実な女性登用を実現することを目的として、本学が女性を積極的に登用する方針であることを明確にします。女性を積極的に登用する方針について公募の案内文に「また、本学では、男女共同参画を推進しています。本学の建学の精神に則り、業績および人物の評価において同等と認められた場合は女性を積極的に登用する方針です」を記載することを検討します。
[実施内容] 学長副学長医学部長会議にて、プラスファクター導入について検討を行い、プラスファクター導入の文言を決定しました。11月以降の医学部教授公募に際しプラスファクター導入を明記しました(東医療センター救急医療科教授公募・循環器小児科教授公募・消化器外科教授公募・耳鼻咽喉科学教授公募)。

 

・教員評価制度見直し(上位職登用)

[H29年度計画]教授職をはじめとする管理職全体の能力開発や組織風土の醸成を目指します。女性の上位職登用への積極性を含むダイバーシティの考え方を組み入れた、本学の教員として望まれる人材像の検討や、これに近づくための能力要素を整理したスキルチェックリストを作成します。29年度は①既存の関連する制度、検討資料の収集分析、②本学が求める人材像(人材ビジョン)の明確化(検討指導、管理職ヒアリング等)、③上記に基づく、職能要件(スキルチェックリスト)の作成、④③に基づく、管理職の指導力向上のための活用方法を検討します。

 

・所属長意識改革

[H28年度計画]女性リーダーを育成することが所属長の職務であることを認識し、女性研究者のキャリア形成支援を所属長が積極的に行えるように、大学および大学病院の所属長向けの研修プログラムを開発します。28年度は①事例収集②ヒアリング調査とプログラム開発を行い、研修実施を検討します。
[実施内容]教授登用に対する認識とセミナーの開催希望を確認するため、医学部及び看護学部の全教授を対象にアンケート調査を実施しました。2/14にはお茶の水女子大学に訪問し、グローバルリーダーシップ研究所で実施している有効な施策等について調査しました。

[H29年度計画]28年度のアンケート結果をもとに選定した教授職向けのセミナーを、教授会でのファカルティディベロプメント(FD)として実施します。また、所属長意識改革を進めている他大学を訪問し情報収集とともに意見交換をします。

 

実施体制

ダイバーシティ環境整備事業推進室

「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」事業を円滑に進めるために女性医療人キャリア形成センターに「ダイバーシティ環境整備事業推進室 」を設置します。本事業の各取組についての具体的審議は「ダイバーシティ担当推進者会議」で行い、各施策推進の司令塔としての役割を担います。

女性医療人キャリア形成センター(旧 男女共同参画推進局)には、女性活躍推進法による行動計画の実施のために、これまでの「女性医師・研究者支援部門」、「女性医師再研修部門」、「看護職キャリア開発支援部門」の3部門に加えて、昨年度設置した女性上位職登用のための「彌生塾」と「働き方の多様性を考える委員会」が設置されています。「ダイバーシティ環境整備事業推進室 」はこれらの各部門及び委員会と有機的に連携し、多面的な活動を推進します。

soshiki4

関係者名簿

事業参加者リスト(平成28年度)
氏 名 所  属
部 署 役 職
吉岡 俊正 東京女子医科大学 理事長 学長
肥塚 直美 東京女子医科大学 理事
田邉 一成 東京女子医科大学病院 病院長
日沼 千尋 東京女子医科大学 看護学部長
飯田 知弘 東京女子医科大学病院 副院長
内田 啓子 保健管理センター 教授
唐澤 久美子 放射線腫瘍学 教授
北川 一夫 神経内科学 教授
野原 理子 医学部 講師

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1