診断と治療 膠原病・類縁疾患 合併症 特発性大腿骨頭壊死症
特発性大腿骨頭壊死症
概念

様々な原因により、大腿骨の股関節を形成する部分(大腿骨頭)の血流が低下し壊死が生じた状態です。

ion-1

原因

原因はまだはっきりとは分かってはいませんが、危険因子としてステロイド薬やアルコールが有名です。特にステロイド薬を使用して治療する病気の中で、全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病の患者さんに大腿骨頭壊死の発症頻度が高いと言われています。ステロイドパルス療法(短期間に大量のステロイド薬を投与する治療)を受けたことがある患者さんや、一日平均15mg程度以上を内服している患者さんでは、発症するリスクが4倍とも言われています。ただし、すでに内服しているステロイド薬を自己判断で勝手にやめたり量を減らしたりすると、元の病気が悪化したり具合が悪くなることがあるので、絶対にやめてください。

症状

骨に壊死が起こること(発生)と、股関節に痛みが出現すること(発症)には数ヶ月から数年の時間差があります。つまり壊死が発生するだけでは痛みはありません。壊死した大腿骨頭が体重を支えきれなくて潰れてくると痛みが出てきます。

治療

治療法は年齢、内科的合併症、職業、活動性、片側性か両側性か、壊死部分の大きさや位置などを考慮して決定します。

(保存療法)
壊死部分の大きさや位置から予後良好と判断できる場合、あるいは症状がない場合は保存療法を行います。具体的には、杖・松葉杖などを使って、痛みの生じている股関節にかかる負荷を減らします。また痛みが強い場合は消炎鎮痛薬(痛み止め)を併用します。しかしながら、これらの方法では壊死の進行防止はあまり期待できないのが現実です。

(手術療法)
自覚症状があり壊死の進行が予想されるときは速やかに手術適応を決定します。手術方法は、当院では人工骨頭置換術・人工股関節置換術を行っています。これは、壊死した大腿骨頭を人工物に置き換えたり、あるいは股関節そのものを人工の関節に置き換える手術です。この手術の利点は、手術後早期に歩くことが可能であり、入院期間は約3週間で、歩いて退院できます。よって若年者においても早期に社会復帰が可能となります。ただし人工物自体の耐久性は20年程度と言われており、将来再置換術(人工物を入れ替える手術)が必要になることもあります。患者さんにとってはこの再置換術がネックになるようで、再置換術を必要としないであろう年齢(60-70代)まで、痛みに耐えながら生活することを選択する患者さんも以前までは多かったようです。しかし最近は、人生の中盤の時期に痛みに耐えながら生活をするよりも、再置換術の可能性は受け入れた上で、手術をして痛みから解放され、人生を謳歌する事を選択する患者様も増えてきています。
 また、ステロイド薬が原因の特発性大腿骨頭壊死症の場合、股関節だけではなく、膝にまで壊死が及ぶ患者様も存在します。そのような患者様に対して、当院では股関節は人工関節に置き換え、そのときに摘出した骨(大腿骨頭)の正常部分を膝に移植することで、股関節と膝を同時に治療する方法も行っています。一度に多くの関節を治療できるため、早期に社会復帰が可能となります。

文責 矢野紘一郎