脊椎・脊髄・末梢神経外科

脊椎・脊髄・末梢神経外科

手足のシビレ、運動麻痺、首、腰、上肢、
下肢周囲の疼痛や、外傷による
神経・血管損傷を治療します。

脊椎・脊髄外来の特徴

手足のシビレ、運動麻痺、首、腰、上肢、下肢周囲の疼痛や、外傷による神経・血管損傷を治療します。
主な治療法は、内視鏡を用いた脊椎、手の外科をはじめ、スクリュー等を用いた脊椎固定やマイクロ顕微鏡を用いた治療まで行います。

脊椎・脊髄外来で扱う主な症状、症例

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、脊髄腫瘍、手根管症候群、肘部管症候群、外傷性神経・血管損傷など。

脊椎・脊髄外来の診察手順

まず外来を受診下さい。(要予約制。出来れば紹介状をご持参下さい) レントゲン、MRI等の検査を行います。この結果により内服薬、注射等の治療やリハビリを開始する場合と、症状により入院、検査(脊髄造影、造営CT、筋電図等)、手術(退院)を経て、外来通院となる場合に分かれます。

脊椎・脊髄外来のスタッフ・診察時間

千葉純司(教授)

和田啓義

[診察時間]
・火曜日AM
・水曜日AM


 

内視鏡による椎間板ヘルニア手術

 

 

※担当医は学会等により変更・休診になる場合がありますので、受診の際は念のためお電話でご確認下さい。

ページのトップへ
診療時間担当医表
アクセス
アクセス
東京女子医科大学
東医療センター 整形外科
〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
03-3810-1111(代表)
詳細はこちら
東京女子医科大学東医療センター 整形外科とは
研修医プログラム 整形外科トピックス 当院が行っている主な手術 お問い合せ スタッフ紹介
Copyright (c) 2012 Tokyo Women's Medical University Medical Center East Orthopedics.All rights reserved.