研修希望の方へ 競争的研究資金
競争的研究資金

当センターは世界最大級のリウマチセンターであり、最先端の研究活動とその結果得られる最新情報の発信は我々に与えられた重要な使命の一つと考えております。これまでにIORRAコホートや病棟で蓄積された数多くの症例を背景とした臨床研究、多彩なフィールドでの基礎研究などで多くの業績をあげており、また世界最大級の患者数を誇る施設であるため、貴重な症例の報告も積極的におこなっています。研究活動の基盤となる競争的研究資金の獲得にも積極的に取り組んでいます。 

今年の競争的研究資金

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

研究代表者:針谷正祥
研究課題名:日本医療研究開発機構臨床研究・治験推進研究事業 顕微鏡的多発血管炎および多発血管炎性肉芽腫症に対するトシリズマブの有効性、安全性、薬物動態に関する医師主導治験

研究分担者:川口鎮司
研究課題名:強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究

研究代表者:桑名正隆
研究分担者:川口鎮司
研究課題名:統合レジストリによる多発性筋炎/皮膚筋炎関連間質性肺疾患の個別化医療基盤の構築                                                  

厚生労働科学研究費補助金

研究代表者:針谷正祥
研究課題名:関節リウマチ診療ガイドラインの改訂による医療水準の向上に関する研究

研究代表者:針谷正祥
研究分担者:樋口智昭
研究課題名:難治性血管炎の医療水準・QOL向上に資する研究

研究分担者:川口鎮司
研究課題名:自己免疫疾患に関する調査研究

研究分担者:川口鎮司
研究課題名:強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン・疾患レジストリに関する研究

研究代表者:宮前多佳子
研究分担者:酒井良子
研究課題名:難治性・希少免疫疾患におけるアンメットニーズの把握とその解決に向けた研究

研究代表者:西小森隆太
研究分担者:宮前多佳子
研究課題名:自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、移行医療体制の構築、診療ガイドライン確立に関する研究

研究代表者:松井利浩
研究分担者:宮前多佳子
研究課題名:ライフステージに応じた関節リウマチ患者支援に関する研究

文部科学省科学研究費助成事業

研究代表者:針谷正祥
研究分担者:猪狩勝則
研究課題名:網羅的遺伝子解析によるメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の遺伝的危険因子の探索
研究種目: 基盤研究B

研究代表者:猪狩勝則
研究課題名:AI読影を活用したGWASに基づく関節リウマチにおける関節破壊予測システムの構築
研究種目: 基盤研究B

研究代表者:勝又康弘
研究課題名:マクロファージ異常活性化経路の解析による多発筋炎/皮膚筋炎の新規治療標的分子同定
研究種目: 基盤研究C

研究代表者:岡本祐子
研究課題名:単球の細胞外トラップス形成とPAD4制御による、 関節リウマチの発症予防戦略
研究種目:基盤研究C

研究代表者:酒井良子
研究課題名:高齢関節リウマチ患者における抗リウマチ薬の安全性と有効性に関する疫学研究
研究種目:基盤研究C

研究代表者:酒井良子
研究課題名:大規模レセプトデータを使用したリウマチ性疾患の診療実態解明のための薬剤疫学研究
研究種目:基盤研究C

研究代表者:矢野 紘一郎
研究課題名:日本人関節リウマチ患者におけるST合剤副作用関連HLA遺伝子型の同定
研究種目:若手研究

研究代表者:樋口智昭
研究課題名:PDEに注目した強皮症の病態解明と新規治療法の開発
研究種目:若手研究

 

日本イーライリリー株式会社 公募型研究助成金
研究課題名:腸管免疫ネットワークを標的とする関節リウマチ発症予防戦略
研究代表者:岡本祐子

APLAR Research Grant
研究課題名:Genome-wide association study for severe radiographic progression scored using a CNN-based model in patients with RA
研究代表者:本田 卓

» 過去の業績