至誠と愛

 

塾長挨拶

塾長 内田 啓子

(保健管理センター 学生健康管理室 室長)

平成27年8月に学校法人東京女子医科大学の男女共同参画推進局の1部局として彌生塾が創設され、吉岡俊正学長より私が初代の塾長に任命されました。彌生塾創設の目的は、本学創立者である吉岡彌生先生の建学の精神の1つである「指導的地位に立つ女性を輩出する」ことにつきます。その任の重責に身の引き締まる思いです。

彌生塾創設のきっかけは、本学としては現在もその影響に苦しむ出来事ではありましたが、ここ10年来の女性教授の減少という事実に真っ向から立ち向かえる部局ができたことは好機と捉え、現在の日本ばかりではなく「女性を活用できる国が成長する」という世界的な潮流に乗っていきたいと思っています。

日本人がオリンピック・パラリンピックで活躍すると、また日本人がノーベル賞を受賞すると、私たちが日本人であることを自覚し、誇りに思い、その快挙を自分のことのように喜びます。本学は東京女子医科大学であり、本学の卒業生が各方面で活躍することは卒業生にとってその自覚と誇りをリマインドすることになります。これは大変重要なことだと思っており、大学はそのひとつの場ではないかと考えています。

本学は明治33年(1900年)に吉岡彌生先生が、大変な御苦労をして創立された、現在は世界に1つの女子医科大学です。そのことに卒業生だけではないすべての女性医療人が感謝し、女性の活躍をお互いに喜んでいけるようにしていきたいと思っています。 本学は今までも、女性特有のライフイベントに対するセイフティーネットを提供することに積極的に取り組んでまいりましたが、彌生塾では男女を超えて自身のキャリア形成をしたいと考える女性医療人を輩出していくために、行動していきたいと考えています。ご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

副塾長 北川 一夫

(神経内科学教授・講座主任)

神経内科の北川一夫です。このたび彌生塾の副塾長に指名していただきましたことを大変光栄に存じております。平成26年に本大学に着任させていただき医局の素晴らしい先生方、とくに本学卒のお二人の准教授の先生方に支えていただき教室運営面でも、順調に滑り出すことができました。そして非常に楽しく働いているところで、これから研究、診療面でホップ、ステップ、ジャンプと思っておりましたら、予期しない重責をご指名いただき、驚いている次第です。

当塾の主な目的が女性医師のキャリア支援、本学での教授への昇進のチャンスを増やすことと伺っております。せっかく優秀な卒業生がおられても、結婚、出産、育児、あるいは親の介護等を機にキャリアアップを断念されることがあるのはとても残念なことです。わが国唯一の女子医科大学としては、女性の生涯のキャリアを支援できるように ハード面、ソフト面で工夫が必要だと思います。たとえば各診療科に1名は育児中で当直が当面できない先生方のスタッフポスト、練士ポストを確保するのは、ソフト面での工夫の一つだと思います。

またキャリア支援には、各年代に応じた対応が必要です。卒業してすぐの20歳代、キャリアの土台となりもっとも重要な30歳代、女性医療人として業績を積み全国的に躍進が求められる40歳代、それぞれに応じた支援や対策が必要であり、彌生塾20、彌生塾30、彌生塾40といった視点からの対応が求められると思います。

私自身は大阪大学で、近隣の他大学卒業の女性の先生と一緒に仕事をさせていただき、 脳卒中や神経内科領域のトップジャーナルに多くの業績を出させていただくことができました。そのうちの一人の先生は、女性ではじめて日本脳卒中学会の草野賞というその年の最優秀論文賞を本学の近くの超一流大学の応募者を抑えて受賞することができました。そういった女性の先生方を1人前の研究者に育てたことが、私が本学に着任できた要因のひとつだったように思います。本学でも、多くの女性の先生が国際的に通用する研究者に成長し、キャリアを向上できるように微力ながら尽力したいとおもいます。もっとも重要なのは、誇り、継続力、前向き思考だと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

副塾長 大久保 由美子

(医学教育学講座教授・講座主任)

医学部入学時、医師国家試験合格時、大きな喜びや希望や期待を胸にしたことと思います。 われわれは大学で一生の仕事の基本となることを学びますが、卒業後はそれぞれが自分の道を選び、社会情勢の変化に合わせて日々努力しながら活動しています。医師として、研究者として、教育者として、自分の毎日の活動が社会貢献になっていることは嬉しいものです。しかし、安定して働けるようになると目標を失ったり、男性に遠慮して自分の歩みを緩める人も居ると思います。

吉岡彌生先生が強い信念のもと、女性の社会的地位向上を目的に本学を創立されてから120年近くになります。この彌生塾は医療人、研究者、教育者としてのスキルを磨き、さらに自らの専門分野でリーダーを目指す方を支援する組織となりました。 世界的に、能力の高い女性ほど自己評価が低いことが分かっています。経験がないこと、自信がないこと、日本人女性特有の謙虚さから、大学で仕事をしていても上位職に就くことに積極的でない方が少なくないと感じます。これは誠に勿体ないことです。 自らの社会的地位を高めることは、自分の得意分野から世の中の改革を進めることに繋がります。皆さんが医学生になったとき、医師国家試験に受かったときの純粋な希望がかなえられるのです。

大学人として活躍するために必要なスキルを修得するため、彌生塾はキャリア構築、ライフイベントやワーク・ライフ・バランスについての個別相談、研究能力向上を図るための各種セミナーなどのプログラムを用意しています。

志を高く持ち、社会に貢献すべく活躍する皆さんを応援します。

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1