HOME


主任教授からの
ご挨拶



教室紹介


スタッフ


講義内容


研究内容


発表論文


報道記事 


LINK


大学院HP
 












教室紹介



研究

脳下垂体や甲状腺を中心とする内分泌薬理学の歴史をもつ。
2002年4月から(1)癌/白血病と(2)血管新生における分子生物学の研究歴をもつ丸義朗教授がくわわり、多くの研究領域を含有するこの2つの大きなテーマを掲げた。(1)では標的治療を意識した癌/白血病細胞の増殖制御、ゲノム不安定性とDNA修復の分子生物学、細胞周期、(2)では血管内皮細胞増殖因子、活性酸素産生分子群、炎症関連分子、熱ショック蛋白、フリーラジカルなどの研究をそれぞれ進める。



教育

講義は、医学部第2学年の(1)「生体と薬物」の科目責任者である他に、(2)「生体の防御反応」の<マクロファージと微生物>、「生体と微生物」の<化学療法薬>と<薬剤耐性>、「遺伝と遺伝子」の<癌遺伝子と癌抑制遺伝子>、「循環器」、「臨床総論」、(3)他学年の臓器別授業での薬理学各論、第3学年の「消化器」、「脳神経」、第4学年の「血液」、「免疫」、「加齢」、「妊娠と薬物」(4)大学院の<臨床薬理総論>、(5)先端生命医科学研究所「バイオメディカルカリキュラム」の<薬理学>、(6)看護学部「薬理学」の科目責任者、(7)看護専門学校「薬理学」の科目責任者、 を担当する。実習は、医学部第2学年の(1)末梢神経作用薬と腸管および血管薬理学、(2)中枢神経作用薬とマウス行動薬理学、(3)コンピューターを用いた薬物動態学、(4)二重盲検法、などを行う。



臨床とのリンク

本学の治験審査を担当する。臨床部門に所属しながらも問題意識をもって研究生活を志向する人は歓迎する。