寄付のお願い

寄付のお願い



rijichyo.jpg


学校法人 東京女子医科大学
理事長 吉岡 俊正








学校法人東京女子医科大学は、創立者吉岡彌生によって本邦唯一の女子の医学教育機関として明治33年(1900年) に設立されました。本学の理念は「至誠と愛」であります。これを 教育の根幹とし、高い知識・技能と病者を癒す心を持った医師の育成を通じて、精神的・経済 的に自立し社会に貢献する女性医療者を送り出し、広く地域社会の発展に貢献しております。

近年、女性の医療者および研究者のライフイべントである出産、育児等による離職問題がク ローズアップされています。そのような状況のなか、本学では平成11年に制定された「男女共同 参画社会基本法」を鑑み、平成18年より女性医師生涯研鑽支援委員会、女性医学研究 者支援室、女性医師再教育センターを設置し、女性医師・研究者への支援体制の拡充に先 駆的に取り組み、成果を上げてまいりました。

本学における具体的な取組としては平成18年度より、文部科学省科学技術振興調整費による「女性研究者支援モデル育成事業」に基づき、「女性医学研究者支援室」を立ち上げ、平 成18~20年度に保育とワークシェアによって優れた女性研究者が研究を継続する支援を行い、高い評価を受けてきました。女性医師については、平成18年に、出産・育児などを抱えつつ生 涯学習を続けるための「女性医師生涯研鑽支援委員会」が設けられました。また、「女性医師 再教育センター」を設置し、余儀なく離職や医師としての活動を縮小せざるを得なかった全国の 女性医師が再び新しい知識や技術を習得し、医療に適応する機会を与え、臨床復帰を支援 する取り組みを行ってまいりました。

男女共同参画推進活動の立場から、これらの活動を統合し、『男女共同参画推進局』を設 置し、女性支援プロジェクトをさらに拡大し、包括的に運営する組織を構築してまいりました。 現在、局には「女性医師・研究者支援センター」、「女性医師再教育センター」、「看護職キャリア開発支援センター」を設け、最良の医療を実践する知識・技能を修め、高い人格を陶冶した 医療者および医学・看護学研究者を育成し、将来の日本の医療に貢献することを目指しております。

「女性医師・研究者支援センター」が、ロールモデルとなる優れた女性の医療者および研究者の支援を継続し、これからの社会においてますます活躍していけるよう、深いご理解とご関心をお 寄せくださる皆様に、特段のご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

平成27年4月

実施体制

kifu01.gif

事業内容

女性の医師および研究者が、価値ある業績を積み重ね、日本の医療・医学に貢献するために、
子育てなどのライフイべントと診療・教育・研究を両立し、キャリア形成を継続できる環境を整備する。

具体的には、

  • 短時間勤務制、フレックス制などの多様な勤務体制を適用する。
  • 一般保育、病児保育、ファミリーサポートなどの保育支援によって次世代を育成する。
  • 男女共同参画モデルとして他大学、社会への啓発を行う。
  • 学内・学外の女性の医師および研究者同士の情報交換を行う。
  • 女性の医師および研究者の指導者(メンター)を配置する。

kifu02.jpg