至誠と愛

 

論文発表

・野原理子,2 働く女性の健康管理と女性外来のあり方,丸山総一郎編,働く女性のストレスとメンタルヘルスケア,創元社,2017

・久保正子,久米美代子,野原理子,瀬戸愛子,近藤絢弓,黒岩美幸,石川徳子,訪問看護師が経験する倫理的課題とジレンマの文献的考察,日本ウーマンズヘルス学会誌 (1347-5894);15(2),49-54,2017

・久米 美代子、瀬戸 愛子、近藤 絢弓、野原 理子、久保 正子、黒岩 美幸、石川 徳子, 訪問看護師の倫理的ジレンマを通してみた在宅看護問題とその後方支援, 日本ウーマンズヘルス学会誌 (1347-5894);15(1),63-72,2016

・斎藤加代子他, 女性医師のキャリアと働きやすさ, DOCTOR'S CAREER Monthly 2014.10:4-5

・寺野彰、山本纊子、片桐由起子、大久保ゆかり、齋藤加代子、沖永寛子、住山嘉伸、小栗典明, 女性医師キャリアアップ支援について, 日本私立医科大学協会 医学振興 第80号6-27

・野原理子, 企業と連携した医療機関勤務環境の改善策, 労働の科学,71(5),296-299,2016

・豊田百合子、野原理子、大久保由美子、吉岡俊正, 育児中の女性医師が求めるキャリア形成のための支援, 東京女子医科大学雑誌;86(3):87-93,2016

・野原理子, 東京女子医大における男女共同参画 女性医師・研究者支援センターの取り組み, 女性心身医学,20(3),280-284,2016

・野原理子, 働く女性に必要な健康管理のあり方, 産業精神保健,23,108-113,2015

・野原理子, 女性のライフサイクルに沿った就業する女性への健康支援とは?, 産業保健と看護,7(5),360-366,2015

・野原理子, 働く女性に優しい健康支援事例, 産業保健と看護,7(5),386-387,2015

・Mariko Miyata , Changing times、Changing gender roles: Who do we want female researcher to be. , Acta Anatomica Nipponica 90:27-28 (2015)

・野原理子, 女性の健康-産業保健の立場から-, 公衆衛生,79(2),105-110,2015

・Michiko Nohara、Toru Yoshikawa、Norihito Nakajima、 Kosuke Okutsu, Hospital physicians perform five types of work duties in Japan: An observational study, BMC Health Services Research, 14:375, 2014

・Michiko Nohara、Hitomi Tatsuta、Naomi Kitano、Hiromi Hoshino、Toshiko Kamo、Tetsuo Tai、Tetsuya Tamaki、Hishio Nanjo, Correlations between mood/anxiety disorders and working environment, occupational stress, health-related QOL, and fatigue among working women., Japanese Journal of Occupational Medicine and Traumatology,61,360-366,2013

・野原理子、櫻井美樹、斎藤加代子, 女子医学生アンケート調査によるファミリーサポートを通したキャリア教育の可能性の検討, 東京女子医大学会雑誌;83(4):235-241,2013

・Izumi M、Nomura K、Higaki Y、Akaishi Y、Seki M、Komoda T, Gender Role Stereotype and Poor Working Condition Pose Obstacles for Female Doctors to Stay in Full-Time Employment:Alumnae Survey from Two Private Medical Schools in Japan., The Tohoku Journal of Experimental Medicine ,2013,229(3):233-237

・辰田仁美、北野尚美、星野寛美、加茂登志子、野原理子、田井鉄男、玉置哲也、南條輝志男, 女性外来における加速度脈波を用いた疲労測定, 日本職業・災害医学会会誌,2013,61(3):175-179

・野原理子, 地域と支えあう女子医大ファミリーサポート, 労働の科学,2013,68(5):296-300

・野原理子, 働く女性の健康管理の現在 1.母性健康管理をめぐる動向, 産業医学ジャーナル,2013,36(2)

・Takeuchi C、Matsumoto Y、Kohyama K、Uematsu S、Akira S、Yamagata K、Takemiya T, Microsomal prostaglandin E synthase-1 aggravates inflammation and demyelination in a mouse model of multiple sclerosis, Neurochemistry International 62,2013:271-280

・野原理子、和氣タイ子、梅野愛子、斎藤加代子, 病院内保育所の取組Vol.1東京女子医科大学(前編)-歴史と概要, 医学のあゆみ2013,244(2):189-191

・斎藤加代子, 女性医師・研究者に手厚い子育て支援を実績をあげる女性研究者が次々に誕生, 大学ジャーナル, 2012,17(6):10

・Kume M、 Murayama Y、Noguchi M、Chang D、 Kamo D、Nohara M、Kuroiwa M、Goto K、 Zhou C、Fu W、 Zhang Y, Does mental health have relevance for the development of a child? An investigation in Japan and China, Women's Health Society Journal of Japan, 2012,11:41-46

・野原理子,アクティグラフを用いた保育士の睡眠状態の評および夜間勤務と睡眠状態の関連の検討,日本ウーマンズヘルス学会誌,2012,11,67-71

・野原理子、佐藤文子、奥津康祐、中島範宏、吉川徹,42名医局長インタビューからみえた勤務環境改善視点,医学のあゆみ;242(8):367-630,2012

・三善陽子、竹宮孝子、前川貴伸、和田友香、守本倫子、成田雅美、大薗恵一、堀川玲子,小児保健分野で働く女性の職場環境・家庭環境と出産・育児・復職支援体制,小児保健研究71(1):60-66, 2012

・檜垣祐子,女性医師のキャリア支援,デルマ倶楽部,11(1):9-10、2012

・Nohara M,Factors associated with somatic and psychological stress in Japanease working women,Women’s Health Society Journal of Japan, 2012,11,72-83

・野原理子(インタビュー),地域住民が職員を支えるファミリーサポート 東京女子医科大学,COML,2012,261、4-5

・野原理子,近藤美緒,母性健康管理サイト 妊娠・出産をサポートする女性にやさしい職場づくりナビ,産業看護,2012,4(3),281-282

・野原理子,近藤美緒,女性労働者に必要な健康管理のあり方,産業保健21,2012,67,4-6

・児玉ひとみ,竹宮孝子,斎藤加代子,大澤真木子,岡本高宏,女性外科医に必要な育児支援,日本臨床外科学会雑誌72(12):2989-2994,2011

・堀 貞夫,眼科医局での男女共同参画の取り組みについて,日本の眼科;82(12):1635-1636,2011

・野原理子, 松岡雅人,齋藤加代子,医科大学および同附属医療施設の勤務医師のワーク・ライフ・バランスに関する認識の男女比較,東京女子医科大学雑誌, 2010,80(12),386-393

・佐々木綾香,伊藤恵理子,野原理子,冨澤康子,女子医学生における出産・育児の現況-アンケート調査から-,東京女子医科大学雑誌, 2011,81(2),116-120

・Nohara M, Momoeda M, Kubota T, Nakabayashi M,Menstrual Cycle and Menstrual Pain Problems and Related Risk Factors among Japanese Female Workers. ,Ind. Health,2011 ,49,228-234

・檜垣祐子,東京女子医科大学女性医師再教育センターの試み,Visual Dermatology;9(7):682-686,2010

・檜垣祐子,女性医師のキャリア支援,臨床皮膚科;64(5増):180-182,2010

・斎藤加代子,日本における女性医師の現状と課題,諸外国における専門職への女性の参画に関する調査-スウェーデン、韓国、スペイン、アメリカ合衆国-報告書

・児玉ひとみ、竹宮孝子、竹内千仙、加藤郁子、村越薫、大久保由美子、斎藤加代子、大澤真木子、岡本高宏、小原孝男,医師に対する学童保育支援の必要性,東京女子医科大学雑誌;80(3):65-68,2010

・斎藤加代子、野原理子、加藤郁子,保育所における延長保育・24時間保育および病児保育に従事する職員の勤務実態と健康状態に関する研究,こども未来財団平成21年度児童関連サービス調査研究等事業報告書,2010

・檜垣祐子,女子医学生の精神的健康度およびQOLに関する調査研究,東京女子医科大学雑誌;79(8):360-366,2009

・近藤恵里、野原理子、川上順子、斎藤加代子,ワークライフバランス(仕事と家庭の調和)に関する本学医学部学生の意識調査,東京女子医大学会雑誌;79(9・10):8-15,2009

・竹宮孝子、竹内千仙、児玉ひとみ、加藤郁子、吉岡俊正、小暮美津子、川上順子、 斎藤加代子、大澤真木子, 医師の勤務に対応する学童保育支援の検討,東京女子医科大学雑誌;79(9・10):394-401,2009

・斎藤加代子,離職を防ぐ女性医師支援-保育支援と研究支援-,東京小児科医会報;28(1):88-91,2009

・斎藤加代子、野原理子、梅野愛子,働く女性医療人・研究者を支援する院内保育;東京女子医科大学病児保育室「かとれあ」の試み,小児看護;32(8):1012-1017,2009

・斎藤加代子,女性医学研究者支援の現状と課題,医学のあゆみ;228(3):237-241,2009

・三橋紀夫、川上順子、斎藤加代子,東京女子医科大学での女性医師支援の取り組み,臨床放射線;53(5):615-620,2008

・斎藤加代子,東京女子医科大学の「保育とワークシェアによる女性医学研究者支援」,日本女医会誌;196:8,2008

・斎藤加代子,市民公開フォーラム「シンポジウム:お母さん、お父さんの不安に答える」報告,東京小児科医会報;26(1)

・斎藤加代子,大学勤務の女性医師の支援と育成,小児科診療;70(1):2007

・斎藤加代子,働く女性のための育児支援として小児科医は何ができるのか,小児科診療;68(11):2005

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1