至誠と愛

 

支援を受けた女性研究者の業績

論文発表

・小暮朗子, Laser speckle flowgraphy, 臨床眼科 69:1764-1773, 2015

・小暮朗子, レーザースペックルフローグラフィー(LSFG), 眼科 57:399-408, 2015 臨時増刊号

・近本裕子、服部元史, 巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の腎移植―血漿交換療法(PE)と薬物治療とのコンビネーション―, 日本アフェレシス学会雑誌34巻1号、48-52、2015

・Seki A, Nishii K, Hagiwara N, Gap junctional regulation of pressure, fluid force, and electrical fields in the epigenetics of cardiac morphogenesis and remodeling., Life Sci. 2014 Nov 12. pii: S0024-3205(14)00902-3. doi: 10.1016/j.lfs.2014.10.022. [Epub ahead of print]

・Matsushita N、Hashimoto E、Tokushige K、Kazuhisa Kodama、Maki Tobari、Tomomi Kogiso、Nobuyuki Torii1、Makiko Taniai、Keiko Shiratori、Hiroshi Murayama, Investigation of Ornithine Carbamoyltransferase as a Biomarker of Liver Cirrhosis. ,Internal Medicine 2014;53(12):1249-57. Epub 2014 Jun 15.

・Matsushita N、Hashimoto E、Tokushige K、Kazuhisa Kodama、Maki Tobari、Tomomi Kogiso、Nobuyuki Torii1、Makiko Taniai、Keiko Shiratori、Hiroshi Murayama,Investigation of Ornithine Carbamoyltransferase as a Biomarker of Liver Cirrhosis. ,Internal Medicine 2014 in press

・Yiqiang Zhang、Noriko Matsushita、Tamar Eigler、Eduardo Marbán,Targeted MicroRNA Interference Promotes Postnatal Cardiac Cell Cycle Re-Entry,J Regen Med 2013,2:2

・Takeuchi C、Yamagata K、Takemiya T,Variation in EAE scores in a mouse model of multiple sclerosis.,Wr. J. Neurol. 2013,3(3), 56-61

・Takemiya T、Takeuchi C.,Traveled distance is a sensitive and accurate marker of motor dysfunction in a mouse model of multiple sclerosis.,ISRN Neurosci. 2013;1-4.2013

・Takeuchi C、Matsumoto Y、Kohyama K、Uematsu S、Akira S、Yamagata K、Takemiya T,Microsomal prostaglandin E synthase-1 aggravates inflammation and demyelination in a mouse model of multiple sclerosis,Neurochemistry International 62,2013:271-280

・立石実,胸部外科医の生活を楽にするiPadの利用 <第6回> 「クラウドの活用」,胸部外科 66 (1):85-89,2013.1

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子,女性の肝癌は増加しているか,肝胆膵 2012;65(6):992-1002,依頼原稿

・新井尚希、近藤光子、難波麻衣、落合克律、辻真世子、石井成伸、山田武、斉藤加代子、玉置淳,異所性右鎖骨下動脈による気管狭窄との関連性が疑われた難治性喘息の一例,日本胸部臨床 in press

・立石 実,胸部外科医の生活を楽にするiPadの利用 <第5回> Evernote(エバーノート)の活用,胸部外科 65(13) 2012-12, 1155-1159

・C hikamoto H、Hattori M、Kuroda N、Kajiho Y、 Matsumura H、Fujii H,Ishiduka K、Hisano M、Akioka Y、 Nozu K、Kaito H、Shimizu M, Pretransplantation combined therapy with plasmapheresis and rituximab in a second living-related kidney transplant pediatric recipient with a very high risk for focal segmental glomerulosclerosis recurrence, Pediatr Transplantation 16:E286-E290,2012

・C hikamoto H、Sugawara N、 Akioka Y,Shimizu T、Horita S、Honda K、Moriyama T、Koike J、Yamaguchi Y、Hattori M, Immunohistological study of a pediatric patient with plasma cell-rich acute rejection, Clinical Transplantation 26(supplement 24):54-57, 2012

・松下典子、橋本悦子,NAFLDにおける肥満度からみた臨床病理学的特徴,消化器内科 2012;54:6

・Noritoshi Fukushima、Katsuhisa Matsuura、Hiroshi Akazawa、Atsushi Honda、Toshio Nagai、Masano Takahashi、Akiko Seki、Kagari Murasaki、Tatsuya Shimizu、Mitsuo Okano、Nobuhisa Hagiwara、Issei Komuro. A crucial role of activin A-mediated growth hormone suppression in mouse and human heart failure. ,PLoS ONE 2011, in press.

・Minori Tateishi、Takeshi Hiramatsu、Yasuko Tomizawa、Goki Matsumura、Takeshi Konuma、Kenji Yamazaki、Hideshi Yamamura、Toshio Nakanishi,Cardiac tamponade due to perforation by an Amplatzer atrial septal occluder in a patient with Marfan syndrome,Journal of Arrificial Organs, 2011,14(3):261-3

・近藤恵理、野原理子、川順子、斎藤加代子,ワークライフバランス(仕事と家庭の調和)に関する本学医学部学生の意識調査,東京女子医科大学雑誌;79(9‐10):386-393,2009

学会発表

・Akiko Yoshii、Francis Hombhanje、Takahiro Tsukahara , 一般講演、ポスター、International congress for Tropical medicine and Malaria 2016, Examining health worker's adherence to prescribing Artemether-lumefantrine following a new national malaria treatment protocol in Papua New Guinea, オーストラリア, 2016/9/18-22

・Akiko Seki、Taisuke Ishikawa、 Xavier Daumy,、Mari Urano、Kayoko Saito、Kiyomasa Nishii、Yosaburo Shibata、Yasushi Kobayashi、Jean-Jacques Schott、Richard Redon、Vincent Probst、Nobuhisa Hagiwara、 Naomasa Makita, 一般講演, 口演, 第80回日本循環器学会総会, A novel connexin 45 mutation responsible for cardiac conduction disturbance demonstrated by next generation sequencing and recapitulated by conditional knockout mice, 仙台, 2016/3/18

・小暮朗子, 特別講演, 第4回城北眼科フォーラム, レーザースペックルフローグラフィーを用いた脈絡膜循環障害の診断, 東京, 2015/10/31

・木村真智子、小暮朗子、丸子一朗、森優、出雲令子、飯田知弘, 一般講演, ポスター, 第69回日本眼科臨床学会, レーザースペックルフローグラフィーが有用であった網膜動脈分枝閉塞症の1例, 名古屋, 2015/10/22-25

・小暮俊介、小暮朗子、丸子一朗、安積祐美、三宮瞳、出雲令子、花田真毅、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 1%プリンゾラミド懸濁性点眼液の眼底血流解析, 名古屋, 2015/10/22-25

・三上侑利子、小暮朗子、古泉英貴、丸子一朗、新田恵理、河野泰三、小暮俊介、田村明子、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 黄斑部脈絡膜の管腔密度と血流動態, 名古屋, 2015/10/22-25

・新田恵理、小暮朗子、丸子一朗、河野泰三、小暮俊介、三上侑利子、田村明子、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 眼軸長が及ぼす眼底血流動態への影響, 名古屋, 2015/10/22-25

・Akiko Kogure, 口演, 第3回 Fluorescein Conference, Mystery case of CSC, 名古屋, 2015/10/23

・小暮朗子, 特別講演, Retina Research Club, Laser Speckle Flowgraphy, 東京, 2015/10/4

・島本啓輔、村尾朋彦、菅原裕子、押渕英弘、石郷岡純, 一般講演, 口演, 第104回東京精神医学会, 高齢初発のうつ病が疑われ、加療中にせん妄が顕在化した1例, 東京, 2015/7/4

・西井清雅、関明子、David L. Paul、萩原誠久、小林靖, ポスター, 第38回日本神経科学大会, 網膜電気シナプスは内顆粒層においてNFATc3を活性化する, 神戸, 2015/7/28

・Akiko Seki、Nobuhisa Hagiwara, ポスター, 第30回日本不整脈学会学術大会・第32回日本神殿学会学術集会, Impact of connexin45 knockout on the cardiac conduction system in different age adult mice., 京都, 2015/7/29

・Akiko Kogure , シンポジウム, 口演(パネリスト), The 9th Asia-Pacific vitreoretinal society, Laser Speckle Flowgraphy, シドニー,2015/7/31-8/2

・菅原裕子、岩本和也, シンポジウム, 口演, 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会, 精神疾患の診断におけるエピジェネティックバイオマーカーの有用性の検討, 東京, 2015/9/24-9/26

・佐藤萌子、菅原裕子、長縄瑛子、石郷岡純, ポスター, 第111回日本精神神経学会学術総会, 精神病症状を呈したFahr病の一例, 大阪 2015.6.4-6.6

・堤多可弘、菅原裕子、伊藤遼子、浅野瑞穂、石郷岡純, ポスター, 第111回日本精神神経学会学術総会, ミルタザピン単剤療法の有効性ならびにイライラ/不安症候群の発現頻度に関する後方視的研究, 大阪, 2015.6.4-6.6

・新田恵理、小暮朗子、丸子一朗、田村明子、新井歌奈江、飯田知弘, 口演, 第74回東京女子医大眼科臨床談話会, 短眼軸眼の黄斑部脈絡膜血流動態の検討, 東京, 2015.6.20

・近本裕子、石塚喜世伸、菅原典子、秋岡祐子、服部元史, ワークショップ, 口演, 第35回日本アフェレシス学会学術集会, 小児領域におけるアフェレシス 小児難治性ネフローゼ症候群:腎移植とアフェレシス, 東京, 2014年9月26日~28日

・菅原裕子、原田豪人、坂元薫、石郷岡純,ポスター, 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会,治療抵抗性うつ病に対するaripiprazoleの増強療法における有効性予測因子の検討,名古屋,2014/11/20-22

・堤多可弘、菅原裕子、伊藤遼子、浅野瑞穂、石郷岡純,口演, 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会,ミルタザピン単剤療法ならびに増強療法、抗うつ薬の併用療法、抗うつ薬の切り替えの有効性に関する後方視的研究,名古屋,2014/11/20-22

・角山邦子、龍治修、菊野伸之、早川希、田邉一成 ,ポスター,第102回日本泌尿器科学会総会,5α還元酵素阻害薬の前立腺肥大症に対する治療効果予測因子,-治療無効例からの検討-,神戸,2014/4/25

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子,パネルデイスカッション,口演,第50回日本肝臓学会総会,非アルコール性脂肪性肝疾患における糖尿病-肝線維化との関連・治療法と肝発癌に関する検討-,東京,2014/5/29

・角山邦子、清水朋一、小内友紀子、尾本和也、石田英樹、田邉一成,ポスター,第27回日本老年泌尿器科学会,ミラベグロン投与により膀胱機能が改善し 膀胱拡大術を回避できた献腎移植の一例 山形,2014/6/13

・春田郁子、松下典子,、大坂利文、徳重克年、上芝秀博、樋口智昭、柳沢直子、ミヤケ深雪、橋本悦子、常田聡、八木淳二、白鳥敬子, 一般講演, 口演, 第21回浜名湖シンポジウム2014, NAFLDマウスモデルを用いた病態と腸内細菌叢の検討, 浜松, 2013/12/22

・OSAKA Toshifumi,、HARUTA Ikuko,、MATSUSHITA Noriko,、HIGUCHI Tomoaki,、YANAGISAWA Naoko,、UESHIBA Hidehiro,、HASHIMOTO Etsuko,、YAGI Junji,、TSUNEDA Satoshi, 口演, Annual meeting of the japanese society for immunology, 2013, The role of gut microbiota in the progression of non-alcohol fatty liver disease., Chiba, Japan, 2013/12/13

・Katsutoshi Tokushige,、Etsuko Hashimoto,、Noriko Matsushita,、Kazuhisa Kodama,、Tomomi Kogiso,、Makiko Taniai,、Nobuyuki Torii,、Keiko Shiratori, ポスター, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, Serum Metabolomic Profile and Potential Biomarker for Activity and Steatosis in Nonalcoholic Fatty Liver Diseas, Serum Metabolomic Profile and Potential Biomarker for Activity and Steatosis in Nonalcoholic Fatty Liver Diseas, 2013/11/2

・立石実、板谷慶一、宮崎翔平、長嶋光樹、平松健司、松村剛毅、小沼武司、豊田泰幸、中山祐樹、山田有希子、加久雄史、早川美奈子、梅津光生、齋藤加代子、山崎健二, 口演, 第43回日本心臓血管外科学会学術総会, 右室流出路再建後遠隔期狭窄における狭窄形態と血流動態からみた重症度評価と治療戦略, 東京, 2013.2.25

・新井尚希、近藤光子、落合克律、難波麻衣、奥出梓、武田奈生子、切士紗織、宮本由香里、辻隆夫、中田潤子、多賀谷悦子、玉置淳,口演,第62回日本肝アレルギー学会秋季学術講演会,異所性右鎖骨下動脈による気管狭窄が疑われた難治性ぜんそくの1例,大阪,2012/12/1

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子、児玉和久、小木曽智美、鳥居信之、徳重克年、白鳥敬子,口演,第20回日本消化器関連学会週間,NAFLDと性差の検討,神戸,2012/10/10

・松下典子、橋本悦子、徳重克年、水野愛名、児玉和久、小木曽智美、谷合麻紀子、鳥居信之、白鳥敬子,口演,第48回日本肝臓学会総会講演要旨,慢性肝疾患における血清OCT値の臨床的意義,金沢,2012.6.7

・新井尚希、辻真世子、杉田知妹、相澤豊明、藤原朋子、畠山修司、武山廉,口演,第52回日本呼吸器学会学術講演会,当院における外来気管支喘息患者の検討 -難治化因子の検討-,神戸,2012.4.22

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子、児玉和久、吉岡容子、小木曽智美、鳥居信之、徳重克年、白鳥敬子,優秀演題候補口演,第5回日本性差医学・医療学会,原発性胆汁性肝硬変と生活習慣病合併・肝発癌における性差に関する検討,東京,2012.2.4

・1. Noritoshi Fukushima、Katsuhisa Matsuura、Hiroshi Akazawa、Atsushi Honda、Toshio Nagai、Masanao Takahashi、Akiko Seki、Kagari Murasaki、Tatsuya Shimizu、Mitsuo Okano、Nobuhisa Hagiwara、Issei Komuro,口演,American heart association, Scienitfic Sessions 2011. ,Inhibition of Activin A is the Novel Therapeutic Target for Heart Failure. ,Orlando, Fla. USA,2011.11.14

・Noriko Matsushita、Etsuko Hashimoto、Katsutoshi Tokushige、Aina Mizuno、Kazuhisa Kodama、Tomomi Kogiso、Makiko Taniai、Nobuyuki Torii、Keiko Shiratori,ポスター,日本肝臓学会国際学会に伴う助成対象者として選出,The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease,Characteristic feature of NASH divided by body mass index; genetic background, clinicopathological features, radiological analysis and adipocytokines,San Francisco,2011.11.7

・Noriko Matsushita、Mohamed T. Hassanein、Akiko Ueno、Samuel W. French、Michael Karin、Keigo Machida、Hidekazu Tsukamoto,ポスター,6th Best poster award受賞,JDDW(Japan digestive disease week)2011 The 6th International Symposium on ALPD & Cirrhosis to be held in Fukuoka,Hepatocyte IKKβ deficiency aggravates obesity-associated insulin resistance and NASH in male but not female mice: potential role of suppressed Sult1e1,福岡,2011.10.21

・松下典子、橋本悦子、徳重克年,シンポジウム,口演,JDDW(Japan digestive disease week)2011,NAFLDにおける肥満度からみた臨床病理学的検討,福岡,2011.10.20

・Noriko Matsushita、Ikuko Haruta、Naoko Yanagisawa、Hidehiro Ueshiba、Miyuki Omori-Miyake、Junji Yagi,ポスター,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, (国際細菌学会),”Pathogenesis of non-alcoholic fatty liver disease in HCD- fed mice inoculated with LPS”,Sapporo,2011.9.30

・西井清雅、関明子、小林靖、柴田洋三郎,口演,第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会. ,発生初期心拍動に異常を示す遺伝子変異マウスの心拍動画像解析. Motion analysis of initial heart contractions of mutant mice with heartbeat defects. ,横浜,2011.3.28

・西井清雅、関明子、小林靖、柴田洋三郎,口演,第33回日本分子生物学会年会,胎生初期心拍動に異常を示す遺伝子変異マウスの心拍動パターン解析. Motion analysis of initial contraction patterns of the mutant mice with defects in heartbeat. 東京 2010/12/8

その他

・小暮朗子, 診断と治療社, 病診連携 新時代! 眼科開業医のための診療・連携ポイント 11 網膜静脈分枝閉塞症, 2015.10.21

・菅原裕子、西村勝治, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 腎不全・人工透析に伴う精神症状, 2015.10.27

・菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 双極スペクトラム

・菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 食欲減退・亢進

・菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 意欲低下(制止)

・菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 多幸

・菅原裕子、坂元薫, 今日の精神疾患治療指針 第2版 抑うつ気分

・菅原裕子、坂元薫, 先端医学者, 『エスシタロプラムのすべて』5.非定型うつ病の考え方と治療とSSRIの位置づけ

・菅原裕子、坂元薫, 星和書店, 精神科治療における処方ガイドブック 4.抑うつ障害群 5)うつ病(混合性の特徴を伴う)

・小暮朗子, 女子医大眼科学教室 眼科オープンフォーラム「みんなの眼科手術」, 2015.9.12

・菅原裕子、坂元薫, 科学評論社, 「精神科」 第27巻第2号 特集I 精神疾患の長期的転帰の改善を目指して 双極性障害の早期治療介入は長期的転帰を改善するか, 2015.8.28

・菅原裕子、文東美紀・、郷岡純、加藤忠史、岩本和也, 医学書院, 生体の科学 Vol.65 No.6 特集:エピジェネティクスの今, 精神疾患とエピジェネティクス

・小暮朗子, バイエル薬品株式会社, RVO Discussion Forum、パネラー, 2015.5.24

・菅原裕子・文東美紀・石郷岡純・加藤忠史・岩本和也, 医学書院, 生体の科学 Vol.65 No.6 特集:エピジェネティクスの今, 精神疾患とエピジェネティクス

・立石実,メディカ出版,こどもの心臓病と手術 ―不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説/患者説明にそのまま使える―

・竹宮孝子、立石実,東京女子医科大学,東京女子医科大学再教育センター 教育・学習支援プログラムe-ラーニング「いま 頑張っている若手外科医」

・松下典子,日本肝臓学会,国際学会参加に伴う費用一部助成

・立石実、會田久美子、村岡真理,日本医師会 女性医師支援センター,「女性医師のキャリア支援」DVD 私の選択(心臓血管外科、小児科)

・松下典子,日本消化器病学女性医師・研究者の会,子育て&研究奮闘記

・松下典子,東京女子医科大学,第23回東京女子医科大学山川寿子研究奨励賞

・近本裕子、服部元史, 東京医学社, 小児内科 クローズアップ腎・泌尿器 血漿交換・LDL吸着法 執筆, 2012.2

・近本裕子, 日本臨床腎移植学会, 学術教育委員

・松下典子,東京女子医大消化器病センター 医局ニュース,女性医師・研究者支援センター研究発表会 女性医師支援シンポジウム開催報告,10月号 in press

・新井尚希, エア・ウォーター・メディカル株式会社, 呼吸器領域の診療にたずさわる女性医師の為の第2回エア・ウォーター・メディカル講演会, 講演, 東京, 2014.2.22

・立石 実, 岐阜県医師会, 女性医師等就労継続支援講演会「医師にとっての『キャリア』とは?」, 講演, 岐阜, 2013.12.5

・立石 実, 株式会社メディカル・プリンシプル社, 女性医師・医学生シンポジウム、パネラー、東京, 2013.12.1

・立石 実, 日本経済新聞, 医療面「女医活躍 職場が後押し」取材記事掲, 2013.11.21

・立石 実, 青森県医師会, 平成25年度 医学生・研修医のためのキャリアサポートセミナー、「医師にとっての『キャリア』とは?」、 講演、弘前, 2013.11.17

・近本裕子, 診断と治療社, 日本小児腎臓病学会「小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013」作成委員, 2013.9.25初版発行

・立石 実, m3.com(ソニーグループ医療専門サイト), 医療維新シリーズ「女性医師が輝き続ける条件」連載記事, 執筆, 2013.8.6-2013.8.16

・近本裕子, 東京医学社, 書籍『小児急性血液浄化療法ハンドブック』ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群, 執筆, 2013.7.10初版発行

・近本裕子, 東京医学社, 小児急性血液浄化療法ハンドブック ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群(LDL-A) 執筆,. 2013.7

・立石 実, 全国障害者問題研究会, 「みんなのねがい」 障害と医療 こどもの心臓病, 原稿執筆, 2013年4,5,6月号

・松下典子, 日本消化器病学会, 第323回日本消化器病学会関東支部例会,座長, 2013.2.23

・近本裕子、服部元史, ヌーベルヒロカワ, 臨床病態学 小児編 第7章 腎・泌尿・生殖器疾患(書籍、一項目執筆), 2012.12

・立石 実, 栃木県心臓病の子どもを守る栃木県心臓病の子どもを守る, 秋の医療講演会「子どもの心臓病・最近の話題」, 2012.11.18

・近本裕子、服部元史, 東京医学社, 小児内科2012年44巻増刊号 小児疾患の診断治療基準 第4版 『小児内科』『小児外科』編集委員会共編 「多嚢胞性異形成腎」執筆, 2012.11

・近本裕子、服部元史, 文栄社, 腎と透析 72巻6号(2012年6月号)ネフローゼ症候群治療の最前線臨床像の特徴、病因・病態の最近の知見、最近の治療動向 4)巣状分節性糸球体硬化症:小児

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1