至誠と愛

 

支援を受けた女性研究者の業績

論文発表

・Atsushi Kurokawa、Mitsuko Kondo、Mami Orimo、Nahoko Honda、Azusa Miyoshi、Tomohiro Akaba、Mayoko Tsuji、Kaname Nakatani、Makoto Ikejiri、Osamitsu Yagi、Kiyoshi Takeyama、Kazuhiko Takeuchi、Etsuko Tagaya , Multifaceted analysis of Japanese cases of primary ciliary dyskinesia:Value of immunofluorescence for ciliary protein detection in patientswith DNAH5 and DNAH11 mutations , Respiratory Investigation. 59(4):550-554. 2021.7

・Atsushi Kurokawa、Mitsuko Kondo、Nahoko Honda、Mami Orimo、Azusa Miyoshi、Fumi Kobayashi、Kazuhiro Abe、Tomohiro Akaba、Mayoko Tsuji、Ken Arimura、Kaname Nakatani、Makoto Ikejiri、Osamitsu Yagi、Kiyoshi Takeyama、 Hideki Katsura、 Kazuhiko Takeuchi、Etsuko Tagaya , Analysis of the diagnosis of Japanese patients with primary ciliarydyskinesia using a conditional reprogramming culture. ,Respiratory Investigation. S2212-5345(22)00019-3. 2022.2

Mayoko Tsuji 、Mitsuko Kondo、Fumi Onizawa、Osamu Shishime 、Soshi Muramatsu、Yuka Matsuo、Shuji Sakai、Junji Tanaka、Etsuko Tagaya, A case of lung intravascular large B cell lymphoma developed with
respiratory failure rescued by corticosteroid prior to definitediagnosis.  ,Respiratory Medicine Case Reports. 101625. eCollection 2022. 3

Yoshiko Bamba、Shimpei Ogawa、Michio Itabashi、Shingo Kameoka、Takahiro Okamoto、Masakazu Yamamoto,Automated recognition of objects and types of forceps in surgical images using deep learning,Scientific Reports 2021 Nov 19;11(1):22571.

・Hayama E、Furutani Y、Kawaguchi N、Seki A、Nagashima Y、Okita K、Takeuchi D、Matsuoka R、Inai K、Hagiwara N、Nakanishi T.,Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes with SCN5A R1623Q Mutation Associated with Severe Long QT Syndrome in Fetuses and Neonates Recapitulates Pathophysiological Phenotypes. ,Biology (Basel). 2021 Oct 18;10(10):1062. doi:10.3390/biology10101062.

Hori S、 Mitani S,The transcription factor unc-130/FOXD3/4 contributes tothe biphasic calcium response required to optimize avoidance behavior. ,Scientific Reports, 12, 1907 (2022).

Yoshiko Bamba、Shimpei Ogawa、Michio Itabashi、Hironari Shindo、Shingo Kameoka、Takahiro Okamoto、Masakazu Yamamoto,Object and anatomical feature recognition in surgical video images based on a convolutional neural network,International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery
https://doi.org/10.1007/s11548-021-02434-w

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、近藤宏佳、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、岡本高広、亀岡信悟、山本雅一、山口茂樹,AIナビゲーションによる大腸癌手術,消化器外科 6.2021

番場嘉子、板橋道朗、相原永子、谷公孝、小川真平、山本雅一,潰瘍性大腸炎手術におけるストーマ造設術,手術 Vol.75 No5. April2021,p.847-851

・Esther Suk King Lai、Hisako Nakayama、Taisuke Miyazaki、Takanobu Nakazawa、Katsuhiko Tabuchi、Kouichi Hashimoto、Masahiko Watanabe、Masanobu Kano,An Autism-Associated Neuroligin-3 Mutation Affects Developmental Synapse Elimination in the Cerebellum,Front. Neural Circuits, 28 June 2021 https://doi.org/10.3389/fncir.2021.676891

Tanaka Norina、Imai Yoichi、Yoshinaga Kentaro、Shiseki Masayuki、Tanaka Junji, Fractionated ifosfamide, carboplatin, and etoposide with rituximab as a safe and effective treatment for relapsed/refractory diffuse large B cell lymphoma with severe comorbidities,Annals of hematology. 2020 Nov;99(11):2577-2586.

番場嘉子、小川真平、板橋道朗、山本雅一,特集AIとロボット手術 手術用ナビゲーションシステム AIナビゲーション外科手術,JOHNS 2020 Vol.36 No12, 1615-1618

・Nagumo Y、Ueta Y、Nakayama H、Osaki H、Takeuchi Y、Uesaka N、Kano M、Miyata M,Tonic GABAergic Inhibition Is Essential for Nerve Injury-Induced Afferent Remodeling in the Somatosensory Thalamus and Ectopic Sensations,Cell Reports. 2020 Jun 23;31(12):107797. doi: 10.1016/j.celrep.2020.107797.

・Mariko Ishibashi 、Risa Takahashi 、Asako Tsubota 、Makoto Sasaki 、Hiroshi Handa 、Yoichi Imai 、Norina Tanaka 、Yutaka Tsukune 、Sakae Tanosaki 、Shigeki Ito 、Toshio Asayama 、Mika Sunakawa 、Yuta Kaito 、Yasuko Kuribayashi-Hamada 、Asaka Onodera 、Keiichi Moriya 、Norio Komatsu 、Junji Tanaka 、Takeshi Odajima 、Hiroki Sugimori 、Koiti Inokuchi 、 Hideto Tamura ,SLAMF3-Mediated Signaling via ERK Pathway Activation Promotes Aggressive Phenotypic Behaviors in Multiple Myeloma,Mol Cancer Res. 2020 Apr;18(4):632-643. 

・Junji Tanaka 、Norina Tanaka 、Yan-Hua Wang 、Kenjiro Mitsuhashi 、Michiko Ryuzaki 、Yuki Iizuka 、Aya Watanabe 、Midori Ishiyama 、Akihito Shinohara 、Hiroshi Kazama 、Shotaro Hagiwara 、Kentaro Yoshinaga 、Yumi Kougen 、Hirohito Kobayashi 、Hitoshi Kanno 、Masayuki Shiseki ,Phase I study of cellular therapy using ex vivo expanded natural killer cells from autologous peripheral blood mononuclear cells combined with rituximab-containing chemotherapy for relapsed CD20-positive malignant lymphoma patients,Haematologica. 2020 Apr;105(4):e190-e193.

Niida-Kawaguchi Motoko†、Kakita Akiyoshi、Noguchi Noriko、Kazama Miku、Masui Kenta、Kato Yoichiro、Yamamoto Tomoko、Sawada Tatsuo、Kitagawa Kazuo、Watabe Kazuhiko、Shibata Noriyuki*, Soluble iron accumulation induces microglial glutamate release in the spinal cord of sporadic amyotrophic lateral sclerosis, NEUROPATHOLOGY Dec 28 2019doi:10.1111/neup.12632

・Shinohara A、Osanai S、Izuka Y、Ryuzaki M、Watanabe A、Tanaka N、 Ishiyama M、Kazama H、Hagiwara S、Yoshinaga K、Shiseki 、 Tanaka J., Herpes zoster after autologous haematopoietic stem cell transplantation without antiviral prophylaxis., Br J Haematol. 2019 Jun 25. doi: 10.1111/bjh.1607

・佐藤加代子, 脂質異常症-新たな時代に入った脂質異常症治療をふまえて-,家族性高コレステロール血症を見落とさないために. 1 脂質異常症, M.P, 36(1) 97-100, 2019

・佐藤加代子, T細胞におけるDipeptidyl peptidase 4 (DPP4)シグナルは動脈硬化進展と足細胞フットプロセス異常によるアルブミン尿に関与する, 臨床免疫・アレルギー科 71(3), 309-315, 2019

・佐藤加代子, (生涯教育シリーズ97)「動脈硬化診療のすべて」第III章動脈硬化を識るB.危険因子・関連疾患とその予防・治療, 1 脂質異常症 a)高LDL-C血症,日本医師会雑誌 第148巻・特別号(2), S84-S88,2019

・佐藤加代子, シリーズ「性差医療」(4)循環器領域, 3.循環器疾患における性差, 東京女子医科大学雑誌 89(3),73-82, 2019

Akiko Yoshii、Makoto Sekihara、Takuro Furusawa、Francis Hombhanje、Takahiro Tsukahara, Factors associated with children's health facility visits for primaquine treatment in rural Papua New Guinea, Malaria Journal, 2019, 18 (42)

Sayaka Hori, Shigekazu Oda, Yuji Suehiro, Yuichi Iino, Shohei Mitani 、OFF-responses of interneurons optimize avoidance behaviors depending on stimulus strength via electrical synapses 、PLoS Genetics 14(6) e1007477, 2018

Yuki Yagasaki、Goichi Miyosi、Mariko Miyata,*Experience-dependent MeCP2 expression in the excitatory cells of mouse visual thalamus,PLoSONE, 13, (5), e0198268, May 30, 2018

Seki A、Ishikawa T、 Daumy X、Mishima H、Barc J、Sasaki R、Nishii K、Saito K、Urano M、Ohno S、Otsuki S、Kimoto H、Baruteau A-E、 Thollet A、Fouchard S、Bonnaud S、Parent P、Shibata Y、Perrin J-P、 Le Marec H、 Hagiwara N、Mercier S、Horie M、 Probst V、 Yoshiura K-I、 Redon R、 Schott J-J、Makita N.Progressive Atrial Conduction Defects Associated With Bone Malformation Caused by a Connexin-45 Mutation.J Am Coll Cardiol July 18, 2017, 70 (3) 358-370.

・Yuichi Takeuchi、 Hironobu Osaki、Yuki Yagasaki、Yoko Katayama、*Mariko Miyata,Afferent fiber remodeling in the somatosensory thalamus of mice as a neural basis of somatotopic reorganization in the brain and ectopic mechanical hypersensitivity after peripheral sensory nerve injury.eNeuro 4(2) 0346-16, 2017 

Matsushita N、 Hassanein M、Martinez-Clemente M、Lazaro R、French SW、 Xie W、Lai K, Karin M、 Tsukamoto H.Gender difference in NASH susceptibility: Roles of hepatocyte Ikkβ and Sult1e1,PLoS One. 2017 Aug 10;12(8)

Sugawara H、Murata Y、Ikegame T、Sawamura R、Shimanaga S、Takeoka Y、Saito T、Ikeda M、Yoshikawa A、Nishimura F、Kawamura Y、 Kakiuchi C、Sasaki T、Iwata N、Hashimoto M、Kasai K、 Kato T、Bundo M、 Iwamoto K.DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder.Psychiatry Clin Neurosci. 2018 Feb 11. doi: 10.1111/pcn.12645. [Epub ahead of print]

・Yuichi Takeuchi、Hironobu Osaki、Yuki Yagasaki、Yoko Katayama and Mariko Miyata,Afferent Fiber Remodeling in the Somatosensory Thalamus of Mice as a Neural Basis of Somatotopic Reorganization in the Brain and Ectopic Mechanical Hypersensitivity after Peripheral Sensory Nerve Injury,eNeuro 23 March 2017, 4 (2) ENEURO.0345-16.2017; DOI: https://doi.org/10.1523/ENEURO.0345-16.2017

・Chishima S、Kogiso T、Matsushita N、Hashimoto E、Tokushige K.The Relationship between the Growth Hormone/Insulin-like Growth Factor System and the Histological Features of Nonalcoholic Fatty Liver Disease.Intern Med. 2017;56(5):473-480.

Matsushita N、Osaka T、Haruta I、Ueshiba H、Yanagisawa N、Omori-Miyake M、Hashimoto E、Shibata N、Tokushige K、Saito K、Tsuneda S、Yagi J.Effect of Lipopolysaccharide on the Progression of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in High Caloric Diet-Fed Mice.Scand J Immunol. 2016 Feb;83(2):109-18

Sugawara H、Sakamoto K、Harada T、Shimizu S、Ishigooka J,A retrospective study of predictive factors for effectivearipiprazole augmentation of antidepressant therapy in treatment-resistant depression,10 May 2016 Volume 2016:12 Pages 1151—1156

・小暮朗子, Laser speckle flowgraphy, 臨床眼科 69:1764-1773, 2015

・小暮朗子, レーザースペックルフローグラフィー(LSFG), 眼科 57:399-408, 2015 臨時増刊号

・近本裕子、服部元史, 巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の腎移植―血漿交換療法(PE)と薬物治療とのコンビネーション―, 日本アフェレシス学会雑誌34巻1号、48-52、2015

Seki A, Nishii K, Hagiwara N, Gap junctional regulation of pressure, fluid force, and electrical fields in the epigenetics of cardiac morphogenesis and remodeling., Life Sci. 2014 Nov 12. pii: S0024-3205(14)00902-3. doi: 10.1016/j.lfs.2014.10.022. [Epub ahead of print]

Matsushita N、Hashimoto E、Tokushige K、Kazuhisa Kodama、Maki Tobari、Tomomi Kogiso、Nobuyuki Torii1、Makiko Taniai、Keiko Shiratori、Hiroshi Murayama, Investigation of Ornithine Carbamoyltransferase as a Biomarker of Liver Cirrhosis. ,Internal Medicine 2014;53(12):1249-57. Epub 2014 Jun 15.

・Yiqiang Zhang、Noriko Matsushita、Tamar Eigler、Eduardo Marbán,Targeted MicroRNA Interference Promotes Postnatal Cardiac Cell Cycle Re-Entry,J Regen Med 2013,2:2

・Takeuchi C、Yamagata K、Takemiya T,Variation in EAE scores in a mouse model of multiple sclerosis.,Wr. J. Neurol. 2013,3(3), 56-61

・Takemiya T、Takeuchi C.,Traveled distance is a sensitive and accurate marker of motor dysfunction in a mouse model of multiple sclerosis.,ISRN Neurosci. 2013;1-4.2013

・Takeuchi C、Matsumoto Y、Kohyama K、Uematsu S、Akira S、Yamagata K、Takemiya T,Microsomal prostaglandin E synthase-1 aggravates inflammation and demyelination in a mouse model of multiple sclerosis,Neurochemistry International 62,2013:271-280

・立石実,胸部外科医の生活を楽にするiPadの利用 <第6回> 「クラウドの活用」,胸部外科 66 (1):85-89,2013.1

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子,女性の肝癌は増加しているか,肝胆膵 2012;65(6):992-1002,依頼原稿

・新井尚希、近藤光子、難波麻衣、落合克律、辻真世子、石井成伸、山田武、斉藤加代子、玉置淳,異所性右鎖骨下動脈による気管狭窄との関連性が疑われた難治性喘息の一例,日本胸部臨床 in press

・立石 実,胸部外科医の生活を楽にするiPadの利用 <第5回> Evernote(エバーノート)の活用,胸部外科 65(13) 2012-12, 1155-1159

・C hikamoto H、Hattori M、Kuroda N、Kajiho Y、 Matsumura H、Fujii H,Ishiduka K、Hisano M、Akioka Y、 Nozu K、Kaito H、Shimizu M, Pretransplantation combined therapy with plasmapheresis and rituximab in a second living-related kidney transplant pediatric recipient with a very high risk for focal segmental glomerulosclerosis recurrence, Pediatr Transplantation 16:E286-E290,2012

・C hikamoto H、Sugawara N、 Akioka Y,Shimizu T、Horita S、Honda K、Moriyama T、Koike J、Yamaguchi Y、Hattori M, Immunohistological study of a pediatric patient with plasma cell-rich acute rejection, Clinical Transplantation 26(supplement 24):54-57, 2012

・松下典子、橋本悦子,NAFLDにおける肥満度からみた臨床病理学的特徴,消化器内科 2012;54:6

・Noritoshi Fukushima、Katsuhisa Matsuura、Hiroshi Akazawa、Atsushi Honda、Toshio Nagai、Masano Takahashi、Akiko Seki、Kagari Murasaki、Tatsuya Shimizu、Mitsuo Okano、Nobuhisa Hagiwara、Issei Komuro. A crucial role of activin A-mediated growth hormone suppression in mouse and human heart failure. ,PLoS ONE 2011, in press.

・Minori Tateishi、Takeshi Hiramatsu、Yasuko Tomizawa、Goki Matsumura、Takeshi Konuma、Kenji Yamazaki、Hideshi Yamamura、Toshio Nakanishi,Cardiac tamponade due to perforation by an Amplatzer atrial septal occluder in a patient with Marfan syndrome,Journal of Arrificial Organs, 2011,14(3):261-3

・近藤恵理、野原理子、川順子、斎藤加代子,ワークライフバランス(仕事と家庭の調和)に関する本学医学部学生の意識調査,東京女子医科大学雑誌;79(9‐10):386-393,2009

学会発表

・冨永絢子、野口昌彦、猪狩勝則、吉本憲生、丸木秀行、山田晃史、矢野紘一郎、岡崎賢,一般公演(優秀演題),口演,第47回日本足の外科学会, リウマチ性足趾変形と非リウマチ性足趾変形の比較検討, 愛媛, 2022/11/3

・冨永絢子、野口昌彦、吉本憲生、丸木秀行、山田晃史、岡崎賢, 一般公演, 講演, 第47回日本足の外科学会, 変形性足関節症の鏡視下関節固定術後の隣接関節可動域の検討, 愛媛,  -M2022/11/3

・冨永絢子、古谷武文、猪狩勝則、井上永介、田中栄一、山中寿、岡崎賢、針谷正祥,ポスター(優秀ポスター), ポスター,  第24回日本骨粗鬆症学会, 日本人関節リウマチ患者における高カルシウム血症の頻度と関連因子ーIORRAコホートにおける検討ー, 大阪, 2022/9/2

・冨永絢子、和田圭司、加藤義治、寺山恭史、西英治、児玉泰輝、島本周治、岡崎賢, ポスター, ポスター, 第24回日本骨粗鬆症学会, ロモソズマブにおけるnon-responderの解析, 大阪, 2022/9/2

・Tominaga A、 Wada K、 Kato Y、 Terayama Y、 Nishi H、 Kodama Y、 Shimamoto S、 Okazaki K,  ポスター,  ポスター, The American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2022, Bone Mineral Density Non-response from Romosozumab Treatment in Patients with Osteoporosis, Texas, 2022/9/9

・冨永絢子、和田圭司、加藤義治、寺山恭史、西英治、児玉泰輝、島本周治、岡崎賢, ポスター, ポスター, 第95回日本整形外科学会総会, ロモソズマブ12カ月治療後のデノスマブへの置換による骨代謝の変化, 横浜, 2022/5/19

・辻 真世子、近藤 光子、多賀谷 悦子, 一般講演, ポスター, 第75回日本アレルギー学会学術集会, STINGを介した感染契機喘息発症マウスモデルにおける樹状細胞の動態 東京女子医科大学 内科学講座呼吸器内科学分野 辻 真世子、近藤 光子、多賀谷 悦子, 東京,2022/10/7-9

・番場嘉子, 第2回オープンイノベーション講演会, 究極のAI外科医を作りたい~進化する大腸癌手術~, 2022.7.30

・番場嘉子, 第2回オープンイノベーション講演会, 究極のAI外科医を作りたい~進化する大腸癌手術~, 人工知能AIを用いた大腸癌に対するTotal Navigation Surgery―診断・手術支援―,浜松町, 2022.7.8

・番場嘉子、板橋道朗、 井上雄志、 小川真平、大木岳志 、金子由香、近藤宏佳、腰野蔵人、谷公孝、前田文、相原永子、時任史聡、岩藤和広、山口茂樹, 口演,第97回大腸癌研究会学術集会, 人工知能AIを用いた大腸癌に対するTotal Navigation Surgery―診断・手術支援―, 浜松町, 2022.7.8 

・番場嘉子、 板橋道朗、 小川真平、 井上雄志、 隈本力、金子由香、 近藤宏佳、 腰野蔵人、 中川了輔、 前田文、 谷 公孝、 時任史聡、 岡本高広、鈴木一史、 森田賢、 亀岡信悟、

山口茂樹, ワークショップ, 口演, 第77回日本大腸肛門病学会, 手術リアルタイム物体認識システムと拡張現実の融合によるAIナビゲーション外科手術, 東京, 2022.10.15

・番場嘉子、 板橋道朗、 小川真平 、井上雄志、、 隈本力、金子由香、 近藤宏佳、 腰野蔵人、 中川了輔、 前田文、 谷 公孝 、時任史聡、 岡本高広、亀岡信悟 、山口茂樹,

主題関連演題, 口演, 第77回日本消化器外科学会, ダイバーシティで推進される消化器外科における未来の医療, 横浜, 2022.7.20

Hisako Nakayama and Mariko Miyata,一般講演,ポスター,NEURO2022,Social stress-induced synapse remodeling in the somatosensory thalamus,ハイブリッド,2022/6/30-7/3

Bamba Y、 Ogawa S、 Tokitou F、 Kondo H、 Itabashi M、 Suzuki K、 Morita S、 Iwado K、 Yamaguchi T、 Masamune K、 Yamaguchi S, 口演, CARS 2022 , Effective surgical education and development of an AI operation system designed for safety improvement and optimal cancer surgery by digitizing, Tokyo, 2022.6.8

Hisako Nakayama and Mariko Miyata, 一般講演, ポスター, NEURO2022, Social stress-induced synapse remodeling in the somatosensory thalamus

中山寿子、宮田麻理子, 一般講演, ポスター, 第99回日本生理学大会, Social stress-induced remodeling of neuronal circuits in the sensory thalamus, ハイブリッド, 2022/3/16-18

・Kazuhiro Abe、Mayoko Tsuji、Osamu Shishime、Shingo Ichiba、Mitsuko Kondo、Etsuko Tagaya, 一般公演, ポスター発表, 25th Congress of the Asian Pacofoc Society of Respirology 2021, Successful case of non-HIV PCP treated with ECMO, KYOTO, 2021/11/2

Mayoko Tsuji、Fumi Onizawa、Nahoko Hoda、Osamu Shishime、Soshi Muramatsu、Osamitsu Yagi、Mitsuko Kondo、Etsuko Tagaya, 一般公演, ポスター発表, 25th Congress of the Asian Pacofoc Society of Respirology 2021, A Case of Lung Intravascular Large B Cell Lymphoma Developed with Acute Respiratory Failure: Usefulness of Corticosteroid Rescue Prior to Define Diagnosis, KYOTO, 2021/11/2

番場嘉子、板橋道朗 、井上雄志、 小川真平、大木岳志、 金子由香、近藤宏佳、腰野蔵人、谷公孝、前田文、相原永子、時任史聡、岩藤和広、山口茂樹, 口演, 第96回大腸癌研究会, 機械学習を用いた直腸Rb癌手術の手術時間と出血量の予測, 2022.1 

番場嘉子、小川真平、相原永子、前田文、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人 、近藤宏佳、金子由香、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏、 山口茂樹, ワークショップ, 口演, 第75回日本大腸肛門病学会, Colitic Cancerの病理学的特徴と治療選択, 2021.11 

番場嘉子、小川真平、相原永子、前田文、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人 、近藤宏佳、金子由香、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏、 山口茂樹, ワークショップ, 口演, 第75回日本大腸肛門病学会, 大腸癌内視鏡画像のAI解析による腫瘍深達度診断とデジタル化への挑戦, 2021.11

番場嘉子、小川真平、相原永子、前田文、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人 、近藤宏佳、金子由香、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏 、山口茂樹, デジタルポスター, 第75回日本消化器外科学会, 手術技術のデータ化と分析を通じた効果的手術教育と安全性向上を目指したAIオペレーションシステムの開発, 2021 .7 

番場嘉子、小川真平、相原永子、前田文、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、近藤宏佳、金子由香、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏 、山口茂樹, 特別企画, 口演, 第82回日本臨床外科学会, 周術期データの解析とAIナビゲーション手術の実現, 2021.11

番場嘉子、小川真平、相原永子、前田文、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人 、近藤宏佳、金子由香、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏、 山口茂樹, 一般口演, 口演,  第34回日本内視鏡外科学会, 人工知能AIを用いた医療安全とナビゲーション外科手術, 2021.12.4

Sayaka Hori、Shohei Mitani, 一般講演, ポスター発表, 23rd International C. elegans Conference, Contribution of a FOXD3/4 ortholog to optimization of avoidancebehavior mediated by pre- and postsynaptic gene expression for a biphasic calcium response, オンライン会議, 2021/6/23

堀沙耶香、三谷昌平, 一般講演, ポスター発表, 第92回日本動物学会オンライン米子大会, フォークヘッドボックス転写因子は強度依存性感覚処理回路のシナプス前特異性と シナプス伝達効率を決定する, オンライン会議,  2021/9/3

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人 、近藤宏佳、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、亀岡信悟、岡本高宏 、山口茂樹、山本雅一,サージカルフォーラム,口演,第121日本外科学会,外科医が自ら作成するAI解析による大腸癌診療システムとナビゲーション手術,Web,2021/4/1

中山寿子、宮田麻理子,一般講演,ポスター,第44回日本神経科学大会 /第1回 CJK 国際会議,Postsynaptic activity dependence of selective strengthening and an establishment of mono-innervation at whisker-related afferents to thalamic neuronal synapses,ハイブリッド,2021/7/28-31

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、山本雅一,特別企画,口演,第33回日本内視鏡外科学会,Endoscopic surgery evaluation and surgical risk management using artificial intelligence,ハイブリッド,2021/3/12

・番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、山本雅一,一般口演,口演,第94回大腸癌研究会,Colitic Cancerの病理学的特徴と外科治療の位置づけ,ハイブリッド,2021/1/22

田中紀奈、小林美津子、王艶華、志関雅幸、田中淳司,一般公演,口頭発表,第82回日本血液学会学術集会,骨髄異形成症候群におけるKIR遺伝子多型の臨床的意義,オンライン会議,オンライン会議,2020/10/10

番場嘉子、松尾夏来、芹沢朗子、大森亜紀子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、小川真平、井上雄志、板橋道朗、山本雅一,シンポジウム,口演,第18回日本ヘルニア学会,私の考える女性外科医の働き方

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、板橋道朗、山本雅一,一般口演,口演,第33回日本外科感染症学会,S状結腸憩室穿孔手術症例の検討

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、岡本高広、亀岡信悟、板橋道朗、山本雅一,シンポジウム,口演,第75回日本大腸肛門病学会,大腸癌治療におけるAIを用いた画像・動画診断支援システム

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、岡本高広、亀岡信悟、板橋道朗、山本雅一,一般口演,口演,第75回日本消化器外科学会,AIによる消化器外科治療のイノベーション

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、岡本高広、亀岡信悟、板橋道朗、山本雅一,ワークショップ,口演,第82回日本臨床外科学会,大腸癌におけるAIナビゲーション外科手術

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、岡本高広、亀岡信悟、板橋道朗、山本雅一,主題関連演題,口演,第120回日本外科学会,AIを用いた直腸癌における画像診断

番場嘉子、小川真平、相原永子、谷公孝、中川了輔、腰野蔵人、大木岳志、井上雄志、岡本高広、亀岡信悟、板橋道朗、山本雅一,第120特別企画,口演,第120回日本外科学会,AIがもたらす外科医の未来像 AIを用いた大腸癌手術における手術動画解析,

堀沙耶香、三谷昌平,一般公演,ポスター,第92回 日本動物学会 大会,OFF-responding interneurons control stimulus strength-dependent sensory processing,オンライン会議,2020/9/4-5

田中紀奈, 招待講演, 口頭発表, 女性医師・研究者支援シンポジウム2019 , 本邦の血液疾患における意義の検討, 東京, 2020/6/13

新井田素子、渡部和彦、山本智子、柴田亮行, 一般講演, 口頭発表, 第41回神経組織培養研究会, Characterization of astrocytes associated with Amyotrophic lateral sclerosis (ALS), 東京, 2019/11/16

Norina Tanaka、Yan-Hua Wang、Masayuki Shiseki、Junji Tanaka, 一般講演, ポスター, The 24th Congress of the European Hematology Association, CLINICAL SIGNIFICANCE OF KIR GENOTYPE IN JAPANESE PATIENTS WITH MYELODYSPLASTIC SYNDROME , Amsterdam, 2019/6/13~6/19

新井田素子、渡部和彦、山本智子、加藤陽一郎、柴田亮行, 一般講演, ポスター, 第108回 日本病理学会総会, 筋萎縮性硬化症 (ALS) におけるアストロサイト増殖性に関する検討 Proliferation of cultured astrocytes carrying ALS-related mutant SOD1, 東京, 2019/5/10

堀沙耶香、三谷昌平, 一般講演, 口頭発表, 第41回日本神経科学大会, Forkhead box transcription factors determine pre-synaptic specificity and synaptic transmission efficiency of a strength-dependent sensory processing circuit , 神戸, 2019/7/25

堀沙耶香, 招待講演, 口頭発表, 女性医師・研究者支援シンポジウム2019 , 逃避行動様式の決定に関する分子遺伝学的研究 , 東京, 2019/6/1

Yuki Yagasaki、Goichi Miyoshi、Mariko Miyata, 一般講演, ポスター, 第94回日本生理学会大会 , Regulation of MeCP2 protein expression in the mouse dLGN during development, 浜松, 2017/3/29

Hiroko Sugawara、 Miki Bundo、Tempei Ikegame、Harumi Saida、Kenji Kondo、Masashi Ikeda、 Nakao Iwata、 Jun Ishigooka、 Kiyoto Kasai、Tadafumi Kato、Kazuya Iwamoto,一般公演,ポスター,30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology,Identifying common and distinctive epigenetic alterations between bipolar disorder and schizophrenia,ソウル,2016/7/3-5

菅原裕子、文東美紀、池亀天平、才田晴美、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也,一般公演,ポスター,第13回日本うつ病学会総会,統合失調症と双極性障害におけるエピジェネティック要因の重なりについて,2016/8/5-6

菅原裕子、文東美紀、池亀天平、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也,一般公演,ポスター,第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経科学大会,統合失調症と双極性障害におけるエピゲノム要因の共通性と特異性についての検討,福岡,2016/9/8-10

Akiko Yoshii、Francis Hombhanje、Takahiro Tsukahara , 一般講演、ポスター、International congress for Tropical medicine and Malaria 2016, Examining health worker's adherence to prescribing Artemether-lumefantrine following a new national malaria treatment protocol in Papua New Guinea, オーストラリア, 2016/9/18-22

Akiko Seki、Taisuke Ishikawa、 Xavier Daumy,、Mari Urano、Kayoko Saito、Kiyomasa Nishii、Yosaburo Shibata、Yasushi Kobayashi、Jean-Jacques Schott、Richard Redon、Vincent Probst、Nobuhisa Hagiwara、 Naomasa Makita, 一般講演, 口演, 第80回日本循環器学会総会, A novel connexin 45 mutation responsible for cardiac conduction disturbance demonstrated by next generation sequencing and recapitulated by conditional knockout mice, 仙台, 2016/3/18

小暮朗子, 特別講演, 第4回城北眼科フォーラム, レーザースペックルフローグラフィーを用いた脈絡膜循環障害の診断, 東京, 2015/10/31

・木村真智子、小暮朗子、丸子一朗、森優、出雲令子、飯田知弘, 一般講演, ポスター, 第69回日本眼科臨床学会, レーザースペックルフローグラフィーが有用であった網膜動脈分枝閉塞症の1例, 名古屋, 2015/10/22-25

・小暮俊介、小暮朗子、丸子一朗、安積祐美、三宮瞳、出雲令子、花田真毅、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 1%プリンゾラミド懸濁性点眼液の眼底血流解析, 名古屋, 2015/10/22-25

・三上侑利子、小暮朗子、古泉英貴、丸子一朗、新田恵理、河野泰三、小暮俊介、田村明子、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 黄斑部脈絡膜の管腔密度と血流動態, 名古屋, 2015/10/22-25

・新田恵理、小暮朗子、丸子一朗、河野泰三、小暮俊介、三上侑利子、田村明子、飯田知弘, 一般講演, 口演, 第69回日本眼科臨床学会, 眼軸長が及ぼす眼底血流動態への影響, 名古屋, 2015/10/22-25

Akiko Kogure, 口演, 第3回 Fluorescein Conference, Mystery case of CSC, 名古屋, 2015/10/23

・小暮朗子, 特別講演, Retina Research Club, Laser Speckle Flowgraphy, 東京, 2015/10/4

・島本啓輔、村尾朋彦、菅原裕子、押渕英弘、石郷岡純, 一般講演, 口演, 第104回東京精神医学会, 高齢初発のうつ病が疑われ、加療中にせん妄が顕在化した1例, 東京, 2015/7/4

・西井清雅、関明子、David L. Paul、萩原誠久、小林靖, ポスター, 第38回日本神経科学大会, 網膜電気シナプスは内顆粒層においてNFATc3を活性化する, 神戸, 2015/7/28

Akiko Seki、Nobuhisa Hagiwara, ポスター, 第30回日本不整脈学会学術大会・第32回日本神殿学会学術集会, Impact of connexin45 knockout on the cardiac conduction system in different age adult mice., 京都, 2015/7/29

Akiko Kogure , シンポジウム, 口演(パネリスト), The 9th Asia-Pacific vitreoretinal society, Laser Speckle Flowgraphy, シドニー,2015/7/31-8/2

菅原裕子、岩本和也, シンポジウム, 口演, 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会, 精神疾患の診断におけるエピジェネティックバイオマーカーの有用性の検討, 東京, 2015/9/24-9/26

・佐藤萌子、菅原裕子、長縄瑛子、石郷岡純, ポスター, 第111回日本精神神経学会学術総会, 精神病症状を呈したFahr病の一例, 大阪 2015.6.4-6.6

・堤多可弘、菅原裕子、伊藤遼子、浅野瑞穂、石郷岡純, ポスター, 第111回日本精神神経学会学術総会, ミルタザピン単剤療法の有効性ならびにイライラ/不安症候群の発現頻度に関する後方視的研究, 大阪, 2015.6.4-6.6

・新田恵理、小暮朗子、丸子一朗、田村明子、新井歌奈江、飯田知弘, 口演, 第74回東京女子医大眼科臨床談話会, 短眼軸眼の黄斑部脈絡膜血流動態の検討, 東京, 2015.6.20

近本裕子、石塚喜世伸、菅原典子、秋岡祐子、服部元史, ワークショップ, 口演, 第35回日本アフェレシス学会学術集会, 小児領域におけるアフェレシス 小児難治性ネフローゼ症候群:腎移植とアフェレシス, 東京, 2014年9月26日~28日

菅原裕子、原田豪人、坂元薫、石郷岡純,ポスター, 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会,治療抵抗性うつ病に対するaripiprazoleの増強療法における有効性予測因子の検討,名古屋,2014/11/20-22

・堤多可弘、菅原裕子、伊藤遼子、浅野瑞穂、石郷岡純,口演, 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会,ミルタザピン単剤療法ならびに増強療法、抗うつ薬の併用療法、抗うつ薬の切り替えの有効性に関する後方視的研究,名古屋,2014/11/20-22

角山邦子、龍治修、菊野伸之、早川希、田邉一成 ,ポスター,第102回日本泌尿器科学会総会,5α還元酵素阻害薬の前立腺肥大症に対する治療効果予測因子,-治療無効例からの検討-,神戸,2014/4/25

松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子,パネルデイスカッション,口演,第50回日本肝臓学会総会,非アルコール性脂肪性肝疾患における糖尿病-肝線維化との関連・治療法と肝発癌に関する検討-,東京,2014/5/29

・角山邦子、清水朋一、小内友紀子、尾本和也、石田英樹、田邉一成,ポスター,第27回日本老年泌尿器科学会,ミラベグロン投与により膀胱機能が改善し 膀胱拡大術を回避できた献腎移植の一例 山形,2014/6/13

・春田郁子、松下典子,、大坂利文、徳重克年、上芝秀博、樋口智昭、柳沢直子、ミヤケ深雪、橋本悦子、常田聡、八木淳二、白鳥敬子, 一般講演, 口演, 第21回浜名湖シンポジウム2014, NAFLDマウスモデルを用いた病態と腸内細菌叢の検討, 浜松, 2013/12/22

・OSAKA Toshifumi,、HARUTA Ikuko,、MATSUSHITA Noriko,、HIGUCHI Tomoaki,、YANAGISAWA Naoko,、UESHIBA Hidehiro,、HASHIMOTO Etsuko,、YAGI Junji,、TSUNEDA Satoshi, 口演, Annual meeting of the japanese society for immunology, 2013, The role of gut microbiota in the progression of non-alcohol fatty liver disease., Chiba, Japan, 2013/12/13

・Katsutoshi Tokushige,、Etsuko Hashimoto,、Noriko Matsushita,、Kazuhisa Kodama,、Tomomi Kogiso,、Makiko Taniai,、Nobuyuki Torii,、Keiko Shiratori, ポスター, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease, Serum Metabolomic Profile and Potential Biomarker for Activity and Steatosis in Nonalcoholic Fatty Liver Diseas, Serum Metabolomic Profile and Potential Biomarker for Activity and Steatosis in Nonalcoholic Fatty Liver Diseas, 2013/11/2

・立石実、板谷慶一、宮崎翔平、長嶋光樹、平松健司、松村剛毅、小沼武司、豊田泰幸、中山祐樹、山田有希子、加久雄史、早川美奈子、梅津光生、齋藤加代子、山崎健二, 口演, 第43回日本心臓血管外科学会学術総会, 右室流出路再建後遠隔期狭窄における狭窄形態と血流動態からみた重症度評価と治療戦略, 東京, 2013.2.25

・新井尚希、近藤光子、落合克律、難波麻衣、奥出梓、武田奈生子、切士紗織、宮本由香里、辻隆夫、中田潤子、多賀谷悦子、玉置淳,口演,第62回日本肝アレルギー学会秋季学術講演会,異所性右鎖骨下動脈による気管狭窄が疑われた難治性ぜんそくの1例,大阪,2012/12/1

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子、児玉和久、小木曽智美、鳥居信之、徳重克年、白鳥敬子,口演,第20回日本消化器関連学会週間,NAFLDと性差の検討,神戸,2012/10/10

・松下典子、橋本悦子、徳重克年、水野愛名、児玉和久、小木曽智美、谷合麻紀子、鳥居信之、白鳥敬子,口演,第48回日本肝臓学会総会講演要旨,慢性肝疾患における血清OCT値の臨床的意義,金沢,2012.6.7

・新井尚希、辻真世子、杉田知妹、相澤豊明、藤原朋子、畠山修司、武山廉,口演,第52回日本呼吸器学会学術講演会,当院における外来気管支喘息患者の検討 -難治化因子の検討-,神戸,2012.4.22

・松下典子、谷合麻紀子、橋本悦子、児玉和久、吉岡容子、小木曽智美、鳥居信之、徳重克年、白鳥敬子,優秀演題候補口演,第5回日本性差医学・医療学会,原発性胆汁性肝硬変と生活習慣病合併・肝発癌における性差に関する検討,東京,2012.2.4

・1. Noritoshi Fukushima、Katsuhisa Matsuura、Hiroshi Akazawa、Atsushi Honda、Toshio Nagai、Masanao Takahashi、Akiko Seki、Kagari Murasaki、Tatsuya Shimizu、Mitsuo Okano、Nobuhisa Hagiwara、Issei Komuro,口演,American heart association, Scienitfic Sessions 2011. ,Inhibition of Activin A is the Novel Therapeutic Target for Heart Failure. ,Orlando, Fla. USA,2011.11.14

・Noriko Matsushita、Etsuko Hashimoto、Katsutoshi Tokushige、Aina Mizuno、Kazuhisa Kodama、Tomomi Kogiso、Makiko Taniai、Nobuyuki Torii、Keiko Shiratori,ポスター,日本肝臓学会国際学会に伴う助成対象者として選出,The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease,Characteristic feature of NASH divided by body mass index; genetic background, clinicopathological features, radiological analysis and adipocytokines,San Francisco,2011.11.7

・Noriko Matsushita、Mohamed T. Hassanein、Akiko Ueno、Samuel W. French、Michael Karin、Keigo Machida、Hidekazu Tsukamoto,ポスター,6th Best poster award受賞,JDDW(Japan digestive disease week)2011 The 6th International Symposium on ALPD & Cirrhosis to be held in Fukuoka,Hepatocyte IKKβ deficiency aggravates obesity-associated insulin resistance and NASH in male but not female mice: potential role of suppressed Sult1e1,福岡,2011.10.21

・松下典子、橋本悦子、徳重克年,シンポジウム,口演,JDDW(Japan digestive disease week)2011,NAFLDにおける肥満度からみた臨床病理学的検討,福岡,2011.10.20

・Noriko Matsushita、Ikuko Haruta、Naoko Yanagisawa、Hidehiro Ueshiba、Miyuki Omori-Miyake、Junji Yagi,ポスター,International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, (国際細菌学会),”Pathogenesis of non-alcoholic fatty liver disease in HCD- fed mice inoculated with LPS”,Sapporo,2011.9.30

・西井清雅、関明子、小林靖、柴田洋三郎,口演,第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会. ,発生初期心拍動に異常を示す遺伝子変異マウスの心拍動画像解析. Motion analysis of initial heart contractions of mutant mice with heartbeat defects. ,横浜,2011.3.28

・西井清雅、関明子、小林靖、柴田洋三郎,口演,第33回日本分子生物学会年会,胎生初期心拍動に異常を示す遺伝子変異マウスの心拍動パターン解析. Motion analysis of initial contraction patterns of the mutant mice with defects in heartbeat. 東京 2010/12/8

その他

・番場嘉子, 東京女子医科大学女性医療人キャリア形成センター 令和4年度架け橋研究支援, 2022.8.1

・番場嘉子, 令和4年至誠会賞学術研究助成, 2022.6.1

・番場嘉子, 大樹生命厚生財団 医学研究助成, 2022.9.1,

・堀沙耶香, 日本動物学会,  国際会議発表支援 川口賞, 2021.4.7

・番場嘉子, 東京女子医科大学女性医療人キャリア形成センター 令和3年度架け橋研究支援

・番場嘉子, 令和3年度吉岡彌生研究奨励金

・番場嘉子, 日本外科学会, 第120回日本外科学会定期学術集会 ライブ部門 高視聴率賞, 2020.10.31 

・堀沙耶香, 日本動物科学学会, 「動物学会が出版するジャーナルの将来について」 ワーキンググループ オブザーバー, 2020.4.1.

・堀沙耶香, 日本神経科学学会, 神経科学学会誌 Neuroscience Research ワーキンググループ委員, 2020.3.1〜現在

Yoshiko Bamba、Michio Itabashi, Applications of FDG PET in Oncology, Positron Emission Tomography/Computed Tomography in Colorectal Cancer, 

・小暮朗子,  診断と治療社,  病診連携 新時代! 眼科開業医のための診療・連携ポイント 11 網膜静脈分枝閉塞症, 2015.10.21

菅原裕子、西村勝治,  医学書院,  今日の精神疾患治療指針 第2版 腎不全・人工透析に伴う精神症状, 2015.10.27

菅原裕子、坂元薫,  医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 双極スペクトラム

菅原裕子、坂元薫,  医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 食欲減退・亢進

菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 意欲低下(制止)

菅原裕子、坂元薫, 医学書院, 今日の精神疾患治療指針 第2版 多幸

菅原裕子、坂元薫, 今日の精神疾患治療指針 第2版 抑うつ気分

菅原裕子、坂元薫, 先端医学者, 『エスシタロプラムのすべて』5.非定型うつ病の考え方と治療とSSRIの位置づけ

菅原裕子、坂元薫, 星和書店,  精神科治療における処方ガイドブック 4.抑うつ障害群 5)うつ病(混合性の特徴を伴う)

・小暮朗子,  女子医大眼科学教室 眼科オープンフォーラム「みんなの眼科手術」, 2015.9.12

菅原裕子、坂元薫, 科学評論社, 「精神科」 第27巻第2号 特集I 精神疾患の長期的転帰の改善を目指して 双極性障害の早期治療介入は長期的転帰を改善するか, 2015.8.28

菅原裕子、文東美紀、郷岡純、加藤忠史、岩本和也, 医学書院, 生体の科学 Vol.65 No.6 特集:エピジェネティクスの今, 精神疾患とエピジェネティクス

・小暮朗子, バイエル薬品株式会社, RVO Discussion Forum、パネラー, 2015.5.24

・菅原裕子、文東美紀、石郷岡純、加藤忠史、岩本和也, 医学書院, 生体の科学 Vol.65 No.6 特集:エピジェネティクスの今, 精神疾患とエピジェネティクス

・立石実,メディカ出版,こどもの心臓病と手術 ―不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説/患者説明にそのまま使える―

・竹宮孝子、立石実,東京女子医科大学,東京女子医科大学再教育センター 教育・学習支援プログラムe-ラーニング「いま 頑張っている若手外科医」

・松下典子,日本肝臓学会,国際学会参加に伴う費用一部助成

・立石実、會田久美子、村岡真理,日本医師会 女性医師支援センター,「女性医師のキャリア支援」DVD 私の選択(心臓血管外科、小児科)

・松下典子,日本消化器病学女性医師・研究者の会,子育て&研究奮闘記

・松下典子,東京女子医科大学,第23回東京女子医科大学山川寿子研究奨励賞

・近本裕子、服部元史, 東京医学社, 小児内科 クローズアップ腎・泌尿器 血漿交換・LDL吸着法 執筆, 2012.2

・近本裕子, 日本臨床腎移植学会, 学術教育委員

・松下典子,東京女子医大消化器病センター 医局ニュース,女性医師・研究者支援センター研究発表会 女性医師支援シンポジウム開催報告,10月号 in press

・新井尚希, エア・ウォーター・メディカル株式会社, 呼吸器領域の診療にたずさわる女性医師の為の第2回エア・ウォーター・メディカル講演会, 講演, 東京, 2014.2.22

・立石 実, 岐阜県医師会, 女性医師等就労継続支援講演会「医師にとっての『キャリア』とは?」, 講演, 岐阜, 2013.12.5

・立石 実, 株式会社メディカル・プリンシプル社, 女性医師・医学生シンポジウム、パネラー、東京, 2013.12.1

・立石 実, 日本経済新聞, 医療面「女医活躍 職場が後押し」取材記事掲, 2013.11.21

・立石 実, 青森県医師会, 平成25年度 医学生・研修医のためのキャリアサポートセミナー、「医師にとっての『キャリア』とは?」、 講演、弘前, 2013.11.17

・近本裕子, 診断と治療社, 日本小児腎臓病学会「小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013」作成委員, 2013.9.25初版発行

・立石 実, m3.com(ソニーグループ医療専門サイト), 医療維新シリーズ「女性医師が輝き続ける条件」連載記事, 執筆, 2013.8.6-2013.8.16

・近本裕子, 東京医学社, 書籍『小児急性血液浄化療法ハンドブック』ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群, 執筆, 2013.7.10初版発行

・近本裕子, 東京医学社, 小児急性血液浄化療法ハンドブック ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群(LDL-A) 執筆,. 2013.7

・立石 実, 全国障害者問題研究会, 「みんなのねがい」 障害と医療 こどもの心臓病, 原稿執筆, 2013年4,5,6月号

・松下典子, 日本消化器病学会, 第323回日本消化器病学会関東支部例会,座長, 2013.2.23

・近本裕子、服部元史, ヌーベルヒロカワ, 臨床病態学 小児編 第7章 腎・泌尿・生殖器疾患(書籍、一項目執筆), 2012.12

・立石 実, 栃木県心臓病の子どもを守る栃木県心臓病の子どもを守る, 秋の医療講演会「子どもの心臓病・最近の話題」, 2012.11.18

・近本裕子、服部元史, 東京医学社, 小児内科2012年44巻増刊号 小児疾患の診断治療基準 第4版 『小児内科』『小児外科』編集委員会共編 「多嚢胞性異形成腎」執筆, 2012.11

・近本裕子、服部元史, 文栄社, 腎と透析 72巻6号(2012年6月号)ネフローゼ症候群治療の最前線臨床像の特徴、病因・病態の最近の知見、最近の治療動向 4)巣状分節性糸球体硬化症:小児

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1