医学部

臨床ゲノムセンター

概要

臨床ゲノムセンターでは、「がんゲノム検査」を実施しております。
手術や生検で摘出または採取したがん組織のゲノム(遺伝子)変異を調べ、その結果から有効性が高く、副作用の小さい治療法を導き出します。がんゲノム検査の結果を医学的に解釈するために専門家会議を開催し、検査によって明らかになったゲノム変異や融合遺伝子について、医学的な意義付けをして今後の治療方針について議論し、患者さんに最適な治療をご提案しています。

 

スタッフ紹介

所長(特任教授)
斎藤 加代子
専門領域
臨床遺伝学
小児神経学

教授(兼務)病理専門医、病理専門医研修指導医、細胞診専門医、臨床検査専門医
長嶋 洋治
専門領域
腫瘍病理学(泌尿器系主要)
腫瘍細胞生理学(癌の浸潤・転移細胞極性異常)
医学教育学(基礎と臨床の架け橋としての病理学) 

特命担当教授
松尾 真理
専門領域
臨床遺伝学
Dysmorphology
小児科学

医学部