法人・大学案内

研究支援体制

東京女子医科大学では、研究者の研究活動を支援するため研究支援部を置き、競争的研究資金への応募、公的研究資金の管理、倫理審査、知的資産のマネジメント、共同研究・受託研究契約、研究所の管理などの業務を行っています。また、基礎研究から臨床研究への橋渡しを促進するため、URA(ユニバーシティー・リサーチ・アドミニストレーター)によって構成されるTRCセンター(トランスレーショナル・リサーチ・コンサルタント・センター)を設置し、質の高い研究支援の実現に向けた体制整備を進めています。
さらに、病院においては、臨床研究に関する支援業務を担当するため臨床研究支援センターが設置されています。


研究支援部の各課の所掌事務

  • 教育研究資金課 (>>学内専用詳細ページ)
    - 補助金および公的な受託資金に関すること(病院関係を除く)
    - その他外部資金を導入して行う研究費に関すること
    - 補助金および公的な受託資金に関する会計検査院、文部科学省、日本私立学校・共済事業団等の会計監査に関すること
  • 倫理・知財・産学連携課 (>>学内専用詳細ページ)
    - 動物実験委員会、動物実験倫理委員会、遺伝子組換え実験安全委員会、遺伝子解析研究に関する倫理審査委員会、倫理委員会、病院倫理委員会、等に関すること
    - 知的資産マネジメント委員会に関すること
    - 知的資産管理体制の構築および知的資産の管理・活用に関すること
    - 利益相反マネジメント委員会に関すること
    - 共同研究・受託研究などの産学官連携の推進に関すること
  • 研究業務管理課 (>>学内専用詳細ページ)
    - 先端生命医科学センターに関すること
    - 先端生命医科学研究所が行う研究活動の事務に関すること
    - MIL(メディカル・イノベーション・ラボラトリー)の管理運営に関すること
    - TWIns(東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設)の管理運営に関すること
    - 総合研究所に関すること
    - 統合医科学研究所に関すること
    - 実験動物中央施設に関すること
    - 研究活動の支援に関すること

TRCセンター(Translational Research Consultant Center)

基礎研究を臨床研究に着実に橋渡しし、将来の市場化・保険収載を達成させるために、戦略的な研究のコンサルティング・マネジメントを行い、最先端の研究成果を効率的かつ円滑に臨床研究へつなげ、社会に貢献することを目指します。
従来の研究支援業務を発展させる形で、学長諮問研究戦略会議の中に、大学の研究に関する専門的知識を有するURA(ユニバーシティ・リサーチ・アドミニストレーター)によって構成される学長直属の組織として置かれ、大学の研究戦略の下で高度な研究支援の実現を目指します。

臨床研究支援センター(i-CLIC : intelligent Clinical Research and Innovation Center)

臨床研究や医薬品および医療機器の治験を実施するに当たり、効率的かつ円滑に遂行させるため、臨床研究・治験の管理および事務機能の充実を図ることを目的とする、東京女子医科大学病院の組織です。