大切にしていること:仲間

星井 英里[東医療センター] 内科病棟勤務/透析認定看護師/愛知県出身/1996年入職

「みんなちがってみんないい」 あなたの大切にしていることは なんですか?

患者さんと手を取り合ったチーム医療で、より良い人生を送れる手助けをしたいです。

患者さんの一言が私の人生を変えました。

私は「腎臓移植看護がしたい!」と女子医大病院に入職しました。
透析室に配属になり出逢った患者さんの「透析とともに生きていく決心をした私たちは、より看護師さんの力を必要としているのよ」という一言で透析看護を極めようと決心し、周囲の後押しもあり、透析看護認定看護師になりました。

自分を育ててくれる透析患者さんとの関係を大切にしていきたいです。

病棟で8年間過ごした後、透析室に戻りました。嬉しかったのは、患者さんが「おかえりなさい」と言って迎えてくださったことです。2014年に東医療センターに異動が決まった時も「いってらっしゃい」「また帰ってきてね」と送り出してくださいました。私は患者さんに育てていただいたといっても過言ではありません。

患者さんと手を取り合える看護を目指し、
東医療センターでは様々な活動をしています。

東医療センターでは病棟に勤務しています。病棟では透析導入や合併症を抱えた患者さんと関わる事が多いです。また、高齢・独居の患者さんが多く、地域医療に密着した東医療センターならではの看護が必要となります。家族環境に応じた関わりも必要だと考えます。
院内の透析患者さんに関する相談も受けています。透析患者さんは様々な合併症を抱え、色々な診療科に入院されることが多いです。気軽に相談できる環境を作っているところです。
また、EN・CN・CNS会を通じ他分野の認定看護師と協働し、根拠に基づいた看護の向上も図っています。自部署では、カンファレンスを活用し自分の活動報告を行うなど、スタッフが認定看護師やエキスパートナースの活動に興味を持てるような働きかけを心掛けています。
慢性期の患者さんとの関わりは、一生続きます。患者さんに、透析をしながらもよりよい人生を送っていただくための手助けをしたいと考えています。
透析療法におけるチーム医療とは、患者さんを中心に置いて周囲を医療スタッフが囲むのではなく、患者さんとも手を取り合って透析療法に向かっていく物だと私は考えております。患者さんの思いに耳を傾け、患者さんが望む人生を送るための方法・手段を一緒に考えていける看護師を目指しています。

  • 前の先輩を見る

主なカテゴリ
  • ホーム

  • メッセージ

  • 病院紹介

  • 採用情報

  • 応募要項