大切にしていること:感謝

柴田啓美 [東京女子医科大学病院] 神経精神科病棟勤務/主任 神奈川県出身/1996年入職

「みんなちがってみんないい」 あなたの大切にしていることは なんですか?

娘を育てる楽しみも味わいながら勤務を継続しています。

先輩たちとの出会いと支えによって、仕事が楽しくて仕方がないという体験をしました。

女子医大で働き始めて18年。自宅から約100分と、毎日が『プチ旅行』の通勤の中、私を職場で支えてくれたのは、指導してくださる先輩たちとの出会いでした。どのような状況であっても、自分が目指す看護を実践できるよう支えてくださり、少しずつできることが増えてくると、仕事が楽しくて仕方がなくなるという体験をしました。3年目には雑誌の仕事を、5年目には出版の仕事を、7年目には日本発の取り組みとなる研究に携わることができ学会発表を経験できました。さらに、この研究は海外でも発表するという経験に繋がっています。

他院に就職した同級生からは、「仕事が楽しいって言える職場っていいね~。」と誰からもうらやましがられます。

仲間の存在に支えられ、子育てをしながら勤務を継続しています。

その後、結婚し、妊娠出産という人生での変化を超えてもなお、私は女子医大で働いています。

就職した時には子育てママという先輩はいませんでした。そのため、子育てしながら仕事を続けるイメージがわかなかったのですが、育児休暇後に復帰。そこで出会った仲間に支えられ、今では二人の娘を育てる楽しみも味わいながら勤務を継続することができています。家族の理解と多くの支援があって、現在も勤務を継続できていることに、とても感謝しています。

  • 前の先輩を見る

主なカテゴリ
  • ホーム

  • メッセージ

  • 病院紹介

  • 採用情報

  • 応募要項