大切にしていること:憧れ

鈴木 嵩[東医療センター] 救命ICU勤務/福島県出身/2012年入職

「みんなちがってみんないい」 あなたの大切にしていることは なんですか?

今度は自分が命を救う番。救命ICUで必要な経験を積んでいます。

看護師になることは、自分自身を救ってくれた方々への恩返しでした。

私は、「救命」で働くことに憧れていました。
小さい頃、白血病で入院していた私のそばにはいつも母と看護師がいてくれました。
私の命を救ってくれたのは医師とそれから看護師です。そのとき感じた恩や感謝の気持ちを返すことができるのは何かと考えたとき、それは私自身が医療に携わること、私を救ってくれた「看護師」になることだと思いました。

“医療は経験が全て”必要な経験を積むために救命ICUに来ました。

見たことがないことはできないし、知らないことは活かせない。
“医療は経験が全て”それは、仕事を続けていく上で常に痛感する言葉でした。
そして、突然の病は誰にでも起こり得ます。それが親かもしれない、友人かもしれない。そんなとき、私に経験から培った知識や技術があればその人を救うことができる可能性がわずかでも上がるかもしれない。看護師なのに何もできなかったと自分に絶望しないように、今まで医療に携わってきたのにと後悔をしないように、必要な経験を積むためにこの東医療センター救命ICUに来ました。医療の最前線、過酷な領域、憧れの救命救急へ踏み出すことに迷いはありませんでした。

“憧れ”の看護師になれるように、日々努力をしています。

見たことがないことはできないし、知らないことは活かせない。
この東医療センター救命ICUは都内で3番目にホットライン件数が多く、めまぐるしく毎日が過ぎていきます。ここではいつかの日に必要な経験をたくさん積むことができ、仲間たちと切磋琢磨し努力しています。忙しい毎日ですがその中で経験はもちろん、看護の楽しさ、家族の温かみ、命の尊さを日々感じることができています。
病は誰しもが避けては通れないものです。誰もが通るその道にそっと寄り添うことのできる「看護師」という仕事は、数ある職種の中でも高貴な仕事だと誇りを持っています。
あのとき看護師がそっと自分に寄り添ってくれたように、知識と技術で自分を救ってくれたように、優しく包んでくれたように。今度は自分の番です。
私は、今も「救命」に憧れています。
救われた命に寄り添うことのできる看護師に憧れています。

  • 前の先輩を見る

主なカテゴリ
  • ホーム

  • メッセージ

  • 病院紹介

  • 採用情報

  • 応募要項