このページのリンク

テツガク ノ ゲンケイ ト ハッテン
哲学の原型と発展 / 斎藤忍随 [ほか] 執筆
(新・岩波講座哲学 / 大森荘蔵 [ほか] 編 ; 14 . 哲学の歴史 ; 1)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 1985.8
本文言語 日本語
大きさ xi, 347p ; 22cm

所蔵情報を非表示

本館-単行本
108/Shi 1100347283
4000102346

看大東-単行本
108/Shi 3100200546
4000102346

書誌詳細を非表示

内容注記 「哲学史」の概念
ギリシアにおける「思惟と存在との同一」説の成立 / 斎藤忍随執筆
哲学史を溯る / 真方忠道執筆
フィロソフィアの伝統と形成
「認識」の出発 / 内山勝利執筆
エレア派の問題提起とその射程 / 内山勝利執筆
原子論の誕生 / 内山勝利執筆
学としてのフィロソフィアの確立
ソクラテスとソフィスト・弁論家たち / 小池澄夫執筆
プラトン / 小池澄夫執筆
アリストテレス / 戸塚七郎執筆
古代後期から中世へ
ストア派、エピクロス派、懐疑派 / 水地宗明執筆
新プラトン派 / 水地宗明執筆
アウグスティヌスとキリスト教神学 / 中川純男執筆
スコラ哲学の意味 / 山本耕平執筆
<自由三学科>の成立 / 廣川洋一執筆
一般注記 付: 月報4(16p)
著者標目 斎藤, 忍隨(1917-1986) <サイトウ, ニンズイ>
件 名 NDLSH:古代哲学
NDLSH:哲学
分 類 NDC8:108
NDLC:H5
NDLC:HC5
書誌ID 1000031409
ISBN 4000102346
NCID BN00338363
目次/あらすじ

 類似資料