English

学会発表等の詳細は大学業績データベースを参照下さい。
以下は論文業績のみです。

2018

原著論文

Experience-dependent expression of MeCP2 in the mouse dorsal lateral geniculate nucleus excitatory cells.

Yuki Yagasaki, Goichi Miyoshi, Mariko Miyata
PLOS ONE
May 30, 2018; https://doi.org/10.1371/journal.pone.0198268

A method package for electrophysiological evaluation of reconstructed or regenerated facial nerves in rodents.

Yuichi Takeuchi, Hironobu Osaki, Hajime Matsumine, Yosuke Niimi, Ryo Sasaki, Mariko Miyata
MethodX
Volume 5, 2018, Pages 283-298

2017

原著論文

A collagen-coated PGA conduit for interpositional-jump graft with end-to-side neurorrhaphy for treating facial nerve paralysis in rat

Yosuke Niimi, Hajime Matsumine, Yuichi Takeuchi, Hironobu Osaki, Satoshi Tsunoda, Mariko Miyata, Masayuki Yamato, and Hiroyuki Sakurai
Microsurgery
In Press

Comparison of the role of metabotropic glutamate receptor subtype 1 in developmental refinement of neuronal connectivity between the cerebellum and the sensory thalamus
(Review article)
Madoka Narushima
Neuroscience Research
Volume 129, April 2018, Pages 24-3

Afferent fiber remodeling in the somatosensory thalamus of mice as a neural basis of somatotopic reorganization in the brain and ectopic mechanical hypersensitivity after peripheral sensory nerve injury
PDFこちら

Yuichi Takeuchi, Hironobu Osaki, Yuki Yagasaki, Yoko Katayama, and Mariko Miyata
eNeuro 23 March 2017, ENEURO.0345-16.2017

<論文の内容>
これまで我々は、末梢神経を損傷すると感覚視床内で求心性線維の配線変化が生じることを明らかにしてきましたが、その現象がどのような病態生理学的意味を持つのかは不明でした。

本研究では、特定の神経集団が標識された遺伝子改変動物の利点を活かし、
・神経解剖学
in vivo電気生理学
・行動実験
により、その視床内求心性線維配線変化が異所性疼痛に関与している可能性を示唆しました。

2016

原著論文

Type 1 Metabotropic Glutamate Receptor Mediates Experience-Dependent Maintenance of Mature Synaptic Connectivity in the Visual Thalamus
Narushima M., Uchigashima M., Yagasaki Y., Harada T., Nagumo Y., Uesaka N., Hashimoto K, Aiba A, Watanabe M, Miyata M.* and Kano M*.
*Corresponding author
Neuron. 2016 Sep 7;91(5):1097-109
本学の報道発表の内容はこちら「成熟した神経回路を維持する仕組みを解明 〜自閉症の病態解明に期待〜」をクリックして下さい。

2015

原著論文

Miyoshi Goichi, Young Allison, Petros Timothy, Karayannis Theofanis, McKenzie Chang Melissa, Lavado Alfonso, Iwano Tomohiko, Nakajima Miho, Taniguchi Hiroki, Huang Z Josh, Heintz Nathaniel, Oliver Guillermo, Matsuzaki Fumio, Machold Robert P, Fishell Gord: Prox1 Regulates the Subtype-Specific Development of Caudal Ganglionic Eminence-Derived GABAergic Cortical Interneurons. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 35 (37) :12869-89 , 2015.9

Niimi Y., Matsumine H., Takeuchi Y., Sasaki R, Watanabe Y., Yamato M., Miyata M., Sakurai H. (2015) Effectively axonal-supercharged interpositional-jump graft with an artificial nerve-conduit for rat facial nerve paralysis model. Plast Reconstr Surg Glob Open; 3:e416

Mariko Miyata: Changing times, Chenging Gender Roles, Who Do We Want Female Researcher to be. 「女前の研究者になるために」. Acta Anatomica Nipponica 90 (4) :27-28 , 2015.9

学会発表

三好悟一
神経認知障害関連因子FoxG1による大脳皮質回路形成機構 BMB2015,神戸 2015.12 

Nagumo Y., Takeuchi Y., Miyata M.
Remodeling of somatosensory thalamic neural circuit and allodynia-like mechanical hypersensitivity
The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society Kobe 2015.7 

Takeuchi Y., Nagumo Y., Osaki H., Katayama Y., Miyata M.
Large-scale somatotopic reorganization associated with afferent fiber rewiring in the whisker sensory thalamus
The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society Kobe 2015.7 

Miyata M., Takeuchi Y., Katayama Y.
Large-scale somatotopic refinement via experience-dependent synapse elimination in the whisker sensory thalamus
The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society Kobe 2015.7 (シンポジウム講演)

Yagasaki Y., Miyata M.
Regulation of MeCP2 protein expression in the mouse dLGN at the experience dependent maintenance phase of retinogeniculate synapse
The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society Kobe 2015.7

◎MiyataMariko, TakeuchiYuichi, OsakiHironobu
神経損傷による視床上行性線維の体部位情報再構築
第93回日本生理学会大会, 札幌, 2016/03

◎尾崎 弘展, 植田 禎史, 宮田 麻理子
In vivo imaging of cortical map remodeling in a mouse model for peripheral nerve injury
第93回日本生理学会大会, 札幌, 2016/03

Miyoshi, G., Ueta, U., Osaki, H., Yagasaki, Y., Hanashima, C., Fishell, G., Miata, M
Assembly of Neocortical Circuitry by FoxG1, a Gene Associated with Neurocognitive Disorders
第93回日本生理学会大会, 札幌, 2016/03

その他の発表

宮田麻理子
新学術領域 身体性システム領域 第3回全体会議 口頭発表
花巻 岩手 2016.3.8

尾崎弘展
新学術領域 身体性システム領域 第3回全体会議 ポスター発表
花巻 岩手 2016.3.7-9

宮田麻理子
末梢神経損傷に伴う中枢神経回路の可塑的変化と身体表現の変容
東京大学大学院医学系研究科神経生理学分野研究会 東京 2016.1.30

宮田麻理子
末梢神経損傷による脳内身体表現の変容とその機構
群馬大学大学院医学系研究科セミナー 群馬 2016.1.29

宮田麻理子
中枢神経系の維持改編に関わる分子機構
生理学研究所研究会「シナプス・神経ネットワークの機能ダイナミクス」 愛知県岡崎市 2015.12

宮田麻理子
中枢神経系回路の維持、改編機構
同志社大学 システム神経科学センター 特別セミナー 京都 2015.11

宮田麻理子
新学術領域 身体性システム領域 第2回全体会議 口頭発表
杏林大学 三鷹キャンパス 東京 2015.7

宮田麻理子
幻肢痛〜幻の痛みの正体:神経回路レベルの解明をめざして
東京医科大学・第51回 医科学フォーラム 大学院特別講義 東京 2015.7

2014

原著論文

Matsumine H., Sasaki R., Takeuchi Y., Watanabe Y., Niimi Y., Sakurai H., Miyata M., Yamato M. (2014) Unilateral multiple facial-nerve branch reconstruction using "end-to-side loop graft" supercharged by hypoglossal nerve. Plast Reconstr Surg Glob Open 2: e240.

Sasaki R., Matsumine H., Watanabe Y., Takeuchi Y., Yamato M., Okano T., Miyata M., Ando T. (2014) Electrophysiological and functional evaluations of regenerated facial-nerve defect with a tube containing dental pulp cells in rats. Plast Reconstr Surg 134: 970-978.

Matsumine H., Takeuchi Y., Sasaki R., Kazama T., Kano K., Matsumoto T., Sakurai H., Miyata M., Yamato M. (2014) Adipocyte-derived and dedifferentiated fat cells promoting facial nerve regeneration in a rat model. Plast Reconstr Surg 134: 686-697.

Ohtani Y.*, Miyata M.*, Hashimoto K., Tabata T., Kishimoto Y., Fukaya M., Kase D., Kassai H., Nakao K., Hirata T., Watanabe M., Kano M., and Aiba A. (2014) Synaptic targeting of mGluR1 by carboxyl-terminal domain is crucial for cerebellar function. J Neurosci 34: 2702-2712.
*equal contribution

Matsumine H., Sasaki R., Takeuchi Y., Miyata M., Yamato M., Sakurai H. (2014) Vascularized versus non-vascularized island-median nerve grafts in the facial nerve regeneration and functional recovery of rats for facial nerve reconstruction study. J Reconstr Microsurg 30: 127-136.

Takeuchi Y., Asano H., Katayama Y., Muragaki Y., Imoto K., Miyata M. (2014) Large-scale somatotopic refinement via functional synapse elimination in the thalamus of developing mice. J Neurosci 34: 1258-1270.

学会発表

Takeuchi Y., Katayama Y., Miyata M.
Functional synapse elimination plays a role in large-scale somatotopic refinement in the sensory thalamus of developing mice.
Program No. 398.04. 2014 Neuroscience Meeting Planner. Washington, DC: Society for Neuroscience, 2014. Online.

宮田麻理子鳴島円、内ヶ島基政、橋本浩一、原田武志、饗場篤、渡辺雅彦、狩野方伸
Molecular mechanism of sensory experience-dependent maintenance of neuronal circuit.
第37回日本神経科学大会 横浜 2014.9 (シンポジウム講演、シンポジウムオーガナイザー)

竹内雄一宮田麻理子
Large-scale somatotopic reorganization via remodeling of thalamic afferent synapses after peripheral sensory nerve injury.
第37回日本神経科学大会 横浜 2014.9 (シンポジウム講演)

竹内雄一片山洋子宮田麻理子
A neural circuit mechanism of large-scale somatotopic reorganization in the thalamus after transection of the whisker sensory nerve of mice.
第37回日本神経科学大会 横浜 2014.9

南雲康行宮田麻理子
Role of extrasynaptic GABAA receptor on the remodeling of medial lemniscal fibers in the somatosensory thalamus by peripheral nerve injury.
第37回日本神経科学大会 横浜 2014.9

鳴島円、内ヶ島基政、橋本浩一、原田武志、饗場篤、渡辺雅彦、宮田麻理子、狩野方伸
Type 1 metabotropic glutamate receptor is involved in experience-dependent maintenance of retinogeniculate synapses in the mouse visual system.
第37回日本神経科学大会 横浜 2014.9

Miyata M., Takeuchi Y.
Large-scale somatotopic refinement by synapse elimination in the whisker sensory thalamus of developing mice.
9th FENS Forum of Neuroscience 2014.7

鳴島円、内ヶ島基政、原田武志、橋本浩一、饗場篤、渡辺雅彦、宮田麻理子、狩野方伸
1型代謝型グルタミン酸受容体による網膜−外側膝状体シナプスの成熟型結合パタン維持
Type 1 metabotropic glutamate receptor regulates experience-dependent maintenance of mature synaptic connectivity in the visual thalamus
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 神戸 2015.3 (シンポジウム講演)

宮田麻理子
女前の研究者であるために
Changing times, Changing gender roles : Who do we want female researcher to be
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 神戸 2015.3 (シンポジウム講演)

矢ヶ崎有希, 宮田麻理子
発達期のマウス外側膝状体における MeCP2タンパク質発現を視覚経験が調節する
Visual experience regulates MeCP2 expression in the dLGN in developing mice
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 神戸 2015.3

竹内雄一, 南雲康行, 尾崎弘展, 宮田麻理子
末梢感覚神経切断による無麻酔下マウス体性感覚視床中継細胞の発火パターン変化
Peripheral nerve injury changes neuronal fi ring patterns in the somatosensory thalamus of unanesthetized mice
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 神戸 2015.3

南雲康行, 竹内雄一, 尾崎弘展, 宮田麻理子
末梢神経損傷による視床 tonic GABA 電流の増強は視床細胞活動の抑制とその後の内側毛帯線維の再改編に寄与する
Enhanced tonic GABA currents after peripheral nerve injury contribute to inhibition of neuronal activity and subsequent remodeling of medial lemniscal fibers in the somatosensory thalamus
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第92回日本生理学会大会合同大会 神戸 2015.3

その他の発表

宮田麻理子
体性感覚求心路におけるシナプスリモデリング.
東京大学・医学部・神経科学セミナー 東京 2014.11

宮田麻理子
神経損傷によって引き起こされる中枢神経回路改編メカニズム.
福島県立医科大学・福島運動器疼痛セミナー 福島 2014.11.08

宮田麻理子
視床神経回路の発達とその維持.
生理学研究所・所長招聘セミナー 愛知 2014.6

宮田麻理子
視床神経回路の発達機構
慶應大学・医学部・Brain Club 東京 2014.5

Miyata M.
Developmental remodeling of sensory thalamic synapse:function and mechanisms.
KIST CFC seminar, Soul, Korea 2014.4

宮田麻理子
末梢神経損傷によって誘導される上位中枢神経回路の改編と動作原理
さきがけ 脳情報の解読と制御領域 平成25年度 成果報告会 東京 2014.1

2013

原著論文

Sogabe S., Yagasaki Y., Onozawa K., Kawakami Y. (2013) Mesocortical dopamine system modulates mechanical nociceptive responses recorded in the rat prefrontal cortex. BMC Neuroscience 14: 65.

Yagasaki Y., Hayashi M., Tamura N., Kawakami Y. (2013) Gamma knife irradiation of injured sciatic nerve induces histological and behavioral improvement in the rat neuropathic pain model. PLOS ONE 8 (4): e61010.

総説

宮田麻理子鳴島円(2013)
視床ー総論 シナプス特性から観た皮質視床路の役割
Clinical Neuroscience 31: 38-41.

その他

川上順子(2013)
女性医師が自分の技量や知識を高め生涯学び続ける姿勢を支援する事が真のキャリア支援である。
新医療 40:22-26.

学会発表

竹内雄一宮田麻理子
生後発達期マウス視床におけるシナプス刈り込みは体性局在地図の先鋭化を担う
日本生理学会若手の会 生理学若手研究者フォーラム 東京 2013.8

川上順子
続けるための支援と戻るための手伝い
大阪眼科医会 大阪 2013.8

川上順子
再研修を復職につなげる発想の転換
第15回日本医療マネジメント学会 盛岡 2013.6

川上順子
今後の医療を支えるために〜女性医師のキャリアを持続させるためには〜
日本神経学会 東京 2013.6

南雲康行宮田麻理子
Phasic-GABA current in thalamic relay neurons is reduced by peripheral nerve injury, whereas tonic-GABA current is increased.
第36回日本神経科学大会 京都 2013.6

竹内雄一宮田麻理子
Somatotopic tuning along with synapse elimination in the whisker sensory thalamus of developing mice.
第36回日本神経科学大会 京都 2013.6

竹内雄一片山洋子宮田麻理子
Transection of the whisker sensory nerve reorganizes topographical wiring of afferent fibers in the whisker sensory thalamus of mice.
第91回日本生理学会大会 鹿児島 2014.3
The Journal of Physiological Sciences 64: Suppl. 1, S142 (2014)

鳴島円宮田麻理子
Cortical feedback activity regulates connection pattern of afferent lemniscal synapses in the somatosensory thalamus.
第91回日本生理学会大会 鹿児島 2014.3
The Journal of Physiological Sciences 64: Suppl. 1, S142 (2014)

矢ヶ崎有希片山洋子、長田知也、木下陽子、川上順子
Iba-1 positive macrophage is activated in the anterior pituitary in the chronic inflammatory pain model rat.
第91回日本生理学会大会 鹿児島 2014.3
The Journal of Physiological Sciences 64: Suppl. 1, S262 (2014)

宮田麻理子
視床内側毛帯線維の競合的ダイナミクス.
第118回 日本解剖学会総会・全国学術集会 香川 2013.3

その他の発表

宮田麻理子
機能的シナプス除去による体部位情報の先鋭化
国立遺伝学研究所研究会「哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム」 三島 2013.12

宮田麻理子
ほめて育てる子どもの脳と心
中野区私立保育園勉強会 2013.3.8.

プレスリリース他

宮田教授が科研費NEWSで紹介されました。
”末梢神経損傷により生じる早期の中枢神経回路の「つなぎ換え」現象 -幻肢痛発症の解明の手がかりへ-”、 科研費NEWS2012年度 Vol.4, p13 (リンク)

2012

原著論文

Onozawa K., Izawa Y., Abe H., Kawakami Y. (2012) Reduction of pain behavior by stimulation of the basolateral amygdalar nuclei in freely moving rats. Neurophysiology 44: 394-400.

Takeuchi Y., Yamasaki M.*, Nagumo Y.*, Imoto K., Watanabe M., Miyata M. (2012) Rewiring of afferent fibers in the somatosensory thalamus of mice caused by peripheral sensory nerve transection. J Neurosci 32: 6917-6930.
*equal contribution

その他

宇川義一、川上順子、南部篤 (2012) 大脳基底核障害では、中枢感覚系が直接障害されるか? Forntiers in Parkinson Disease 5 (2): 69-75.

著書

南雲康行 (2012) I編・薬剤情報 4項・中枢神経系・抗てんかん薬. トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬 薬効・薬理と薬の使い方 226-266. 医学書院, 東京、日本.

プレスリリース他

宮田教授がTakeuchi Y. et al. J. Neurosci. 32: 6917-6930について、東京女子医科大学とJSTとの共同プレスリリースを行いました。プレスリリース要約 (JST)
”「幻肢痛」の仕組み一部解明” 日本経済新聞夕刊およびWeb版 2012年5月16日
”幻肢痛の症状マウスで確認” 東京新聞夕刊 2012年5月16日
”「幻肢痛」仕組み一部解明=切断後、早期に神経変化−治療法” 時事通信社 2012年5月16日
”神経回路短期間で「つなぎ換え」” 日刊工業新聞 2012年5月17日
”大人でもニューロンのつなぎ換えは早期に起きる” マイナビニュース (Web) 2012年5月17日
”末梢神経損傷後に生じる脳の中の神経回路の「つなぎ換え」機構を解明” 日経バイオテクONLINE (Web) 2012年5月17日
”特集記事:末梢神経が切断されると、神経回路が速やかにつなぎかえられる!” naturejapanjobs (Web) 2012年7月12日

宮田麻理子
特集:2012年新世代を信じよう。日本を立て直す100人。 AERA vol. 25, No.1 2012年1月

学会発表

Miyata M.
The remodeling of thalamic synapses and behavior changes after the peripheral nerve injury.
8th FENS meeting, Barcelona, Spain, 2012.7

鳴島円、内ヶ島基政、橋本浩一、饗場篤、渡辺雅彦、宮田麻理子、狩野方伸
Requirement of type 1 metabotropic glutamate receptor for experience-dependent remodeling of mouse retinogeniculate synapses.
第35回日本神経科学大会 名古屋 2012.9

矢ヶ崎有希片山洋子木下陽子、林基弘、田村徳子、長田知也、川上順子
Establishment of the gamma knife pituitary radiosurgery for a rat : Study for management of intractable pain with gamma knife.
第35回日本神経科学大会 名古屋 2012.9

竹内雄一内田萌衣宮田麻理子
Structural changes of lemniscal axon terminals after the peripheral sensory nerve transection of mice.
第35回日本神経科学大会 名古屋 2012.9

竹内雄一内田萌衣宮田麻理子
末梢感覚神経切断による視床内求心性線維のリモデリング
日本生理学会若手の会 生理学若手研究者フォーラム 東京 2012.6

川上順子
ガンマナイフにおける基礎研究の現状
ガンマナイフ治療6000症例記念講演会 東京 2012.5

竹内雄一宮田麻理子
Information tuning via synapse elimination in the whisker sensory thalamus of developing mice.
第90回日本生理学会大会 東京 2013.3
The Journal of Physiological Sciences 63: Suppl. 1, S187 (2013)

南雲康行宮田麻理子
Contrary changes of phasic- and tonic-inhibition onto thalamic relay neurons in mice with infraorbital nerve cut.
第90回日本生理学会大会 東京 2013.3
The Journal of Physiological Sciences 63: Suppl. 1, S187 (2013)

その他の発表

鳴島円、内ヶ島基政、橋本浩一、饗場篤、渡辺雅彦、宮田麻理子、狩野方伸
Type 1 metabotropic glutamate receptor regulates experience-dependent remodeling of mouse retinogeniculate synapses.
遺伝研シンポジウム:Circuit construction in the mammalian cerebral cortex: Genetic and imaging approaches. 2012, Dec 15-16.

竹内雄一内田萌衣宮田麻理子
末梢神経切断による視床求心性シナプスのリモデリング
生理研シナプス研究会『神経シナプス伝達の時空間ダイナミクス』. 2012, Nov 28, No. 17.

竹内雄一南雲康行宮田麻理子
末梢神経損傷後に生じる脳内神経回路のつなぎ換え機構
ヒューマンサイエンス振興財団. 2012, Aug 30.

鳴島円、内ヶ島基政、橋本浩一、饗場篤、渡辺雅彦、宮田麻理子、狩野方伸
1型代謝型グルタミン酸受容体による網膜―外側膝状体シナプス再編成の制御
光操作研究会. 2012, July 27-28.

南雲康行宮田麻理子
眼窩下神経切断による体性感覚視床抑制性シナプス入力の急性的変化
包括脳夏のワークショップ. 2012, July 24.

2011

原著論文

Onozawa K, Yagasaki Y., Abe H., Kawakami Y. (2011) Amygdala-prefrontal pathways and the dopamine system affect nociceptive responses in the prefrontal cortex. BMC Neuroscience 12: 115.

Rochefort N.L.*, Narushima M.*, Grienberger C., Marandi N., Hill D.N., Konnerth A. (2011) Development of direction selectivity in mouse cortical neurons. Neuron 71: 425-432.
*equal contribution

Miyata M., Kishimoto Y., Tanaka M., Hashimoto K., Hirashima N., Murata Y., Kano M., Takagishi Y. (2011) A role for myosin Va in cerebellar plasticity and motor learning: a possible mechanism underlying neurological disorder in myosin Va disease. J Neurosci 31: 6067-6078.

Nagumo Y., Takeuchi Y., Imoto K., Miyata M. (2011) Synapse- and subtype-specific modulation of synaptic transmission by nicotinic acetylcholine receptors in the ventrobasal thalamus. Neurosci Res 69: 203-213.

学会発表

鳴島円、Rochefort N.、Grienberger C.、Marandi N.、Konnerth A.
In vivo two-photon imaging of direction and orientation selective neurons in the developing mouse visual cortex.
第89回日本生理学会大会 松本 2012.3

鳴島円、Rochefort N.、Grienberger C.、Marandi N.、Konnerth A.
マウス大脳皮質視覚野2/3層ニューロンにおける方位・方向選択性の発達
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 甲府 2012.3

総説

宮田麻理子竹内雄一(2011)
身体地図のリモデリング
Clinical Neuroscience 29:895-899.

曽我部昌一川上順子(2011)
ドパミンシステムによる痛みの修飾
Frontiers in Parkinson Disease 4:18-22.

その他

川上順子(2011)
Support System for Women Doctors
JMAM 54:136-138.

プレスリリース他

Miyata M. et al. J Neurosci 31: 6067-6078について
”分子輸送タンパク質;神経伝達物質、学習に関与” 日刊工業新聞 2011年4月20日
”運動上達タンパク質 働き解明” 中日新聞 2011年4月20日 朝刊
”特集記事:モータータンパクの一つが、運動学習に関することを発見!” naturejapanjobs (Web) 2011年7月14日

学会発表

Takeuchi Y., Nagumo Y., Miyata M.
Peripheral nerve injury transection-induced remodeling of afferent synapses in the somatosensory thalamus.
The 8th congress of Neuroscience (IBRO), Florence, Italy
Neuroscience (Meeting program) P141 (2011)

Narushima M., Uchigashima M., Hashimoto K., Aiba A., Watanabe M., Miyata M., Kano M.
Requirement of type 1 metabotropic glutamate receptor for experiment dependent pruning of retinogeniculate synapse.
The 8th congress of Neuroscience (IBRO), Florence, Italy
Neuroscience (Meeting program) P146 (2011)

片山洋子木下陽子矢ヶ崎有希川上順子
Histological analysis of pituitary gland in acute and chronic pain rat models.
第34回日本神経科学大会 横浜 2011.9
Neuroscience Res. 71S, e157 (2011)

南雲康行宮田麻理子
Transection of infraorbital nerve dynamically reduces inhibitory inputs onto the relay neuron in the ventral posterior medial nucleus.
第34回日本神経科学大会 横浜 2011.9
Neuroscience Res. 71S, e260 (2011)

竹内雄一鳴島円宮田麻理子
Postnatal development of the lemniscal fiber-relay neuron system in the somatosensory thalamus of mice.
第34回日本神経科学大会 横浜 2011.9
Neuroscience Res. 71S, e261 (2011)

矢ヶ崎有希、林基弘、片山洋子、長田知也、木下陽子川上順子
Mechanism of therapeutic effect of neuropathic pain induced by gamma knife surgery.
第34回日本神経科学大会 横浜 2011.9
Neuroscience Res. 71S, e361 (2011)

鳴島円、Rochefort N. L.
Functional development of directioin and orientation selectivity in the mouse visual cortex.
第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会総会・学術集会合同大会
The Journal of Physiological Sciences 61: Suppl. 1, S37 (2011)

宮田麻理子竹内雄一
Synaptic rewiring and compositional changes in glutamate receptors at thalamic lemniscal synapses in the developmental process.
第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会総会・学術集会合同大会
The Journal of Physiological Sciences 61: Suppl. 1, S88 (2011)

矢ヶ崎有希、林基弘、田村徳子、片山洋子、長田知也、木下陽子川上順子
Gamma knife irradiation reduces neuropathic pain in a rat model.
第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会総会・学術集会合同大会
The Journal of Physiological Sciences 61: Suppl. 1, S115 (2011)

竹内雄一鳴島円宮田麻理子
The developmental switch in AMPA receptor subunit composition at lemniscal synapses in the somatosensory thalamus of mice.
第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会総会・学術集会合同大会
The Journal of Physiological Sciences 61: Suppl. 1, S172 (2011)

南雲康行竹内雄一宮田麻理子
末梢感覚神経損傷による視床神経回路の再編成とシナプス入力の経時的変化
日本生理学会若手の会 生理学若手研究者フォーラム 東京 2011.6

その他の発表

宮田麻理子
Peripheral nerve injury-induced remodeling of thalamic synapses.
パリ第三大学 生物物理研究所 公開セミナー
(2011.7.12)

宮田麻理子
もっと知りたい脳のやわらかさ
掛川市吉岡彌生記念館 公開講座(掛川市)
(2011.2.15)

2010

原著論文

Nakamura H., Katayama Y., Kawakami Y. (2010) Hippocampal CA1/subiculum-prefrontal cortical pathways induce plastic changes of nociceptive responses in cingulate and prelimbic areas. BMC Neuroscience 11: 100.

総説

宮田麻理子(2010)
小脳とCRH
生体の科学 61:484-485.

学会発表

Takeuchi Y., Nagumo Y., Katayama Y., Imoto K, Kawakami Y., Miyata M.
Transection of the infraorbital nerve induces rewiring of afferent fibers in the somatosensory thalamus of mice.
Program No. 377.9. 2010 Neuroscience Meeting Planner. San Diego, CA: Society for Neuroscience, 2010. Online.

Nagumo Y., Takeuchi Y., Imoto K, Miyata M.
Synapse- and subtype-specific modulation of synaptic transmission by nicotinic acetylcholine receptors in the ventrobasal thalamus of juvenile mice.
Program No. 442.7. 2010 Neuroscience Meeting Planner. San Diego, CA: Society for Neuroscience, 2010. Online.

宮田麻理子
Peripheral sensory nerve transection induced remodeling of afferent synapses in the somatosensory thalamus. (pain changes the brain-brain changes the pain)
第33回日本神経科学大会 神戸コンベンションセンター 2010.9
Neuroscience Res. 68: S1, e30 (2010)

曽我部昌一川上順子
The effects of endogenous dopamine on mechanical nociceptive responses recorded in the prefrontal cortex.
第33回日本神経科学大会 神戸コンベンションセンター 2010.9
Neuroscience Res. 68: S1, e164 (2010)

竹内雄一南雲康行片山洋子、井本敬二、川上順子宮田麻理子
Peripheral nerve transection-induced remodeling of afferent synapses in the somatosensory thalamus of mice.
第33回日本神経科学大会 神戸コンベンションセンター 2010.9
Neuroscience Res. 68: S1, e343 (2010)

神山暢夫片山洋子、林基弘、川上順子
Gamma knife irradiation operates differentially on the neuronal subpopulations of the rat basal ganglia.
第33回日本神経科学大会 神戸コンベンションセンター 2010.9
Neuroscience Res. 68: S1, e433 (2010)

その他の発表

宮田麻理子
Rewiring of afferent fibers after transection of peripheral nerve injury in the mouse thalamus.
生理学研究所 シナプス研究会
(2010.12.2-3)

宮田麻理子
女性脳の可塑性と日本における医師再教育の取り組み
第4回 日中女性科学者会議(北京)
(2010.9.20)

2009

原著論文

Miyata M., Imoto K. (2009) Contrary roles of kainate receptors in transmitter release at corticothalamic synapses onto thalamic relay and reticular neurons. Journal of Physiology 587: 999-1012.

Rochefort N., Graschuk O., Milos R.-I., Narushima M., Marandi N., Pichler B., Kovalchuk Y., Konnerth A. (2009) 'Sparsification' of neuronal activity in the visual cortex at eye-opening. Proc Natl Acad Sci 106: 999-1012.

Hayashi T., Miyata M., Nagata T., Izawa Y., Kawakami Y. (2009) Intracerebroventricular fluvoxamine administraton inhibited pain behavior but increased Fos expression in affective pain pahways. Pharmacology, Biochemistry and Behavior 91: 441-446.

Hirano M., Shibato J., Rakwal R., Kouyama N., Katayama Y., Hayashi M., Masuo Y. (2009) Transcriptomic analysis of rat brain tissue following gamma knife surgery: Early and distinct bilateral effects in the un-irradiated striatum. Mol Cells 27: 263-268.

総説

富田美穂子、林基弘、石丸純一、川上順子(2009)
三叉神経痛に対するガンマナイフ治療
日本口腔科学会雑誌 58:1-6.

宮田麻理子(2009)
神経損傷による上位中枢での再編成機構
Brain Medical 21:23-30.

川上順子木内有希(2009)
大脳基底核ドパミンシステムと痛み
Brain Medical 21:31-39.

その他

川上順子(2009)
女性医師を取り巻く諸問題と対策について(東京女子医科大学におけるモデルケース)
日本の眼科 80:839-842.

著書

川上順子神山暢夫
神経系 pp. 66-100
みえる人体、 松尾理、佐藤達雄編、南江堂(2009)

学会発表

Miyata M.
Thalamic synapse; their properties and modulations.
IUPS 2009 Kyoto
The Journal of Physiological Sciences 59: Suppl. 1, 109 (2009)

Nagumo Y., Takeuchi Y., Kawakami Y., Imoto K., Miyata M.
Role of nicotinic acetylcholine receptors on synaptic transmission in the ventrobasal thalamic complex.
IUPS 2009 Kyoto
The Journal of Physiological Sciences 59: Suppl. 1, 142 (2009)

Onozawa K., Sogabe S., Abe H., Kawakami Y.
Dopamine modulate the long lasting depression of pain responses induced by stimulation of amygdala in rat prefrontal cortex.
IUPS 2009 Kyoto
The Journal of Physiological Sciences 59: Suppl. 1, 376 (2009)

Yagasaki Y., Hayashi M., Usukura M., Tamura, N., Kawakami Y.
Gamma knife surgery induces a relieving effect on existing tactile allodynia.
IUPS 2009 Kyoto
The Journal of Physiological Sciences 59: Suppl. 1, 424 (2009)

矢ヶ崎有希、林基弘、臼倉政雄、田村徳子、川上順子
ラット慢性疼痛モデルを用いたガンマナイフ照射による鎮痛効果の解析 -三叉神経痛治療効果のメカニズムの解析のひとつとして-
第13回ガンマナイフ研究会 常陽藝文センター 2009.2
第13回ガンマナイフ研究会 抄録集 31: (2009)

宮田麻理子
Synaptic development of thalamic lemniscal synapse.
第32回日本神経科学大会 名古屋国際会議場 2009.9
Neuroscience Res. 65: s1, e10 (2009)

竹内雄一、井本敬二、宮田麻理子
Transection of infraorbital nerve induces multiple innervations of lemniscal fibers onto the relay neuron in the somatosensory thalamus.
第32回日本神経科学大会 名古屋国際会議場 2009.9
Neuroscience Res. 65: s1, S145 (2009)

2008

原著論文

Nakaji H., Kouyama N., Muragaki Y., Kawakami Y., Isaki H. (2008) Localization of nerve fiber bundles by polarization-sensitive optical coherence tomography. J Neurosci Methods 174: 82-90.

著書

川上順子 (一部分担・神山暢夫
神経系 pp. 102-137
眼、視覚系 pp. 320-325
耳鼻・咽喉・口腔系 pp. 326-333
カラーイラストでみる「集中講義シリーズ 1.生理学」 岡田隆夫編 メジカルビュー社(2008)

学会発表

Miyata M., Imoto K.
Presynapic roles of kainate recepors on corticothalamic synaptic transmission onto thalamic relay and reiticular neurons.
Society for Neuroscience (Neuroscience 2008) Washington, DC. USA 2008.11
The proceedings of Neuroscience 2008 15 (2008)

宮田麻理子南雲康行竹内雄一、井本敬二、川上順子
Acetylcholine distinctly regulates on synaptic transmission in the ventrobasal thalamus.
第85回日本生理学会 東京 2008.3
The Journal of Physiological Sciences 58: suppl, s131 (2008)

宮田麻理子、井本敬二
Bidiectional roles of kainate receptors on the release at coricothalamic synapses onto thalamic relay and reticular neurons.
第31回 日本神経科学大会 東京 2008.7
Neuroscience Res. 61: suppl, s79 (2008)

矢ヶ崎有希、林基弘、井沢優美川上順子
Gamma knife irradiation reduced pain responses in neuropathic pain model.
第31回日本神経科学大会 東京 2008.3
Neuroscience Res. 61: s, s131 (2008)

神山暢夫田口隆司片山洋子
連続切片を用いた神経細胞の数え方についての提案
第31回日本神経科学大会 東京 2008.7
Neuroscience Res. 61: s1, s212 (2008)

南雲康行竹内雄一川上順子、井本敬二、宮田麻理子
Neuromodulatory effect of acetylcholine on synaptic transmission in the ventrobasal thalamic nucleus.
第31回日本神経科学大会 東京 2008.7
Neuroscience Res. 61: s1, s220 (2008)

竹内雄一、井本敬二、宮田麻理子
Developmental change of lemniscus synapses on the mice ventrobasal thalamus.
第31回日本神経科学大会 東京 2008.7
Neuroscience Res. 61: s1, s228 (2008)