至誠と愛

 

部門長挨拶

部門長 内田 啓子
(腎臓内科学 教授)

平成27年8⽉に学校法⼈東京女子医科大学の男⼥共同参画推進局の1部局として彌⽣塾が創設され、初代の塾長に任命されました。彌生塾創設の⽬的は、本学創立者である吉岡彌生先生の建学の精神の1つである「指導的地位に立つ女性を輩出する」ことであり、その任の重責を実感しています。

彌⽣塾創設のきっかけは、本学としては現在もその影響に苦しむ出来事でしたが、ここ10年来の女性教授の減少という事実に真っ向から立ち向かえる部局ができたことは好機と捉え活動を開始したところ、平成28年に文部科学省科学技術⼈材育成費補助事業「ダイバーシティ事業研究環境実現イニシアティブ(特殊型)」に採択され、経済的および組織的バックグラウンドを得て、彌生塾の活動および成果が⼀気に前進いたしました。

この度、令和2年度より、その名称は彌生塾から女性医療人リーダー育成部門にかわりますが、かわらずに自身のキャリアを積極的に成長させたいと考える女性医療人を輩出していくための活動を継続していきます。

日本人がオリンピック・パラリンピックで活躍したりノーベル賞を受賞すると、私達はその快挙を自分のことのように喜び、私たちが日本人であることを⾃覚し、誇りに思います。本学は明治33年(1900年)に吉岡彌生先生が、⼤変な御苦労を経て創⽴された、現在は日本に唯一の女子医科大学です。本学の卒業生や本学所属の女性医療人が活躍することは、現在本学に所属する若い女性医療人や関係者に自覚と誇りとモチベーションをリマインドすることになり、とても重要なことだと思っています。

引き続き、本学のリーダーとなる女性医療人育成に向け邁進し、そして女性医療人キャリア形成センターの活躍をお互いに喜んでいけるように行動していきたいと考えています。

ご支援、ご協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

副部門長 唐澤 久美子
(放射線腫瘍学 教授・講座主任)

小職は2016年から「彌生塾」内田塾長のもとで副塾長を勤めさせていただいておりました。数年を経て、再び女性医療人リーダー育成部門の副部門長を勤めさせていいただけますことを嬉しく存じます。

その間、本学医学部長、全国医学部長病院長会議(AJMC)男女共同参画委員、AJMC女性医師等キャリア支援連絡会議の座長などを勤めさせていただき、女性医師のキャリアアップについて考える機会を多くいただきました。

わが国において、女性のリーダーが少ないのは、社会における男女の役割分担の考えが根強く残っているからだと思います。育児・家事の負担は、共に働いていても女性にかかっており、女性自身もそのことを当然のこととして甘んじていた面もありました。女性医師が、男性ほど働かない、キャリアアップを目指さないとして排除されてきたのは、そのような社会の考え方が根底にあって、女性が育児・家事の負担の多くを担ってきたからで、女性医師支援といえば、短時間労働の容認、離職後の再教育などボトムアップに終始していました。

しかし、その状況は改める必要があると思います。医師は養成数が限られている高度プロフェッショナルです。労働人口が減少してきたわが国においては、「一億総活躍社会」とそのための「働き方改革」が叫ばれています。男女の別なく、社会生活と私生活を両立し、キャリアアップをはかならければ日本の国力と高度医療システムは維持していけません。まずは、女性医師自身が「医学の蘊奥を究め兼ねて人格を陶冶し社会に貢献する女性医人」となる意志を持つ必要があります。そして、医師としての社会責任を果たさなければなりません。

女性医療人リーダー育成部門では、リーダーを目指す人に学びの場を提供します。それは、医師としての高い社会性を身につけるための意識改革の場でもあります。

リーダーになるには、仕事と家庭のバランスを適正化するための作戦を考えること、学問的な探求を続けること、社会における役割を理解しリーダーとしての高い社会性を身につけること、困難に打ち勝って継続して努力すること、そして決して諦めないことですが大切だと思います。

本学の卒業生の皆さんが、本学の教授をはじめとする教育者、今後の医療を切り開く優れた研究者、社会に働きかけ社会をより良い方向に導く指導的立場の医師となれるよう、微力ながら尽力したいと考えています。ご一緒していただければ幸いです。

 

副部門長 本田 浩章
(実験動物研究所 教授)

このたび、『女性医療人リーダー育成部門』副部門長を拝命いたしました、実験動物研究所の本田浩章です。本学には2017年に赴任いたしましたが、この様な重要なポジションにご指名いただきましたことを、大変ありがたく、また光栄に存じております。

私の前任の広島大学でも「男女共同参画」は叫ばれておりましたが、この大学に赴任して、「女性医療人キャリア形成センター」という具体的な女性医師および女性研究者への支援組織があることに感銘を受けました。

私が医学部を志した当時の1980年代では、受験生に占める女性の割合は20%以下でしたが、現在は約40%と倍以上になっております。これに伴い医学部における女性の比率も増加し、多いところでは学年の約半分が女性である大学もあると聞いております。この女性医師をいかに育てていくかが、今後の日本の医療の在り方、および医学の進歩には非常に重要な課題と思われます。しかし、女性には妊娠および出産という男性とは異なる事情があり、そのために時間が裂かれる、また職場を一時的にでも離れざるを得ないという方々が多くいらっしゃるのも事実です。その様な方々に対して、いかにキャリアを中断させることなく、効率良く認定医、専門医、また博士の学位を取っていただき、そしてより優れた医療人、教育者、また研究者として社会で活躍していただくことが責務と考えております。

私のこれまでの経験では、医療現場では男性よりも女性の方が勝る部分(患者さんの身体所見の把握、検査結果の細かな読み取り、繊細な手技、対人関係への配慮など)が多々あると感じております。また、これまで学位指導をしてきた大学院生の中でも、素晴らしい論文を書いた女子学生は数多くおられます。さらに私事ではございますが、私の妹と義姉は医師であり、それぞれ家庭を持ち子供を育てながら医業を頑張っております。これらの経験を踏まえながら、微力ではございますが、女性医療人リーダー育成に携わらせていただければと考えております。

ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

03-3353-8111

03-3353-8111

〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1