消化器内科

Gastroenterology

 

特徴

正確な診断治療を目指しています。
当センターの特徴的な点は外科、内科、内視鏡科、放射線科が一体となって診断治療にあたっていることで、病状に合わせて最も適切な医療が速やかに行われていることです。

 

検査・治療

消化器の病気についてはすべての疾患を網羅し、食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝胆膵などすべての消化器(胃腸科)疾患に対する検査、治療を行っています。

  • 検査はレントゲン、内視鏡、超音波(エコー)、CT、MRIなどを主に行っています。
  • 治療では内科的、外科的治療の他、内視鏡下、腹腔鏡下あるいはエコー下の治療も積極的行っています。

具体的にはポリープの切除、静脈瘤・出血の治療、胆石の治療、早期癌の治療も開腹せずに可能となっています。腹腔鏡下手術では胆のう摘出、ヘルニア手術、一部消化管手術を行っています。

 

治療方法への取り組み

抗癌剤薬物療法や、先進医療として自己リンパ球などによる免疫療法などの集学的治療、栄養管理などにも力を入れています。

 

専門外来・住宅治療

人工肛門外来などの専門外来を併設したり、在宅治療などにも対応しています。

 

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.