卒後臨床研修センターだより

さまざまな説明会やオリエンテーション、学会に参加する研修医たち。
貴重な体験報告や、臨場感あふれる行事の様子など月毎にお知らせします。

2013年11月号

マッチング結果報告

卒後臨床研修センター センター長 萩原誠久

 平成26年度採用臨床研修医第11期生の採用試験が、8月3日(土)、10日(土)に開催されました。受験者は3日が67名、10日が38名の計105名で、その内訳は男性31名、女性74名(他大学6名)です。当院の初期臨床研修では、将来の進路に合わせた研修を行うことを目的に、基本コースのほかに小児科、産婦人科、外科系の3つの特別コースを設けています。併願が可能で、小児科コース2名、産婦人科コース3名、外科系コース13名が併願を希望されました。今回は、筆記試験監督および面接官として、医師42名とコメディカル15名の方々にご協力いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

  また、当院はマッチングシステム※1に参加しており、採用者の決定はマッチングにて行われます。本年度は、基本コース37名、産婦人科コース1名、外科系コース5名がマッチしました。医師国家試験に合格後、4月より初期臨床研修を開始します。 なお、基本、小児科、産婦人科コースで追加採用試験を行います。研修病院を探している方をご存知でしたら、当センターまでご連絡ください。追加採用試験に関する詳細は、ホームページに掲載しております。

 

 本年は初期臨床研修制度の開始から10年目の節目を迎えました。例年と比べ応募者数が減少する結果となりましたが、魅力のある初期臨床研修が提供できるよう、毎月開催の臨床研修作業部会では研修医会役員も参加して、研修制度の検討・改善を行っています。ぜひ、お知り合いの方などに、当院の初期臨床研修を周知いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

 ※1学生と研修病院両者の希望を踏まえ、一定の規則(アルゴリズム)に従ってコンピュータで組み合わせを決定するシステム。詳細は、マッチング協会のホームページ参照(http://www.jrmp.jp/)。

このページの先頭へ戻る

卒後臨床研修センターだより