目的・目標

本学後期研修プログラム(旧制度)の詳細を以下に示します。新専門医制度での基本領域専門研修プログラムについては、【後期臨床研修医プログラム一覧】よりご確認ください。

目 的

広く一般的診療能力を有した専門領域の専門医の育成を目標とする。

一般目標

  1. 患者・医師間の良い信頼関係を築き全人的医療が行える。
  2. 専門領域の診療ばかりではなく広く一般診療を行う能力を備える。
  3. 医療倫理、医療安全など患者人権を尊重する。
  4. 多くの医療関連職種とのチーム医療を実践する。
  5. 社会の中の医療を認識し、生涯にわたり社会医学(疫学、予防、公衆衛生)を学ぶ姿勢を備える。

到達目標

  1. カリキュラムに定められた講義、実習およびプログラムに求められている臨床経験、処置、検査、手術を経験する。
  2. チームの一員として後進を指導する。
  3. 感染対策業務を実践する。
  4. 医療安全対策業務を実践する。
  5. 診療録管理業務を実践する。
  6. 保険医療関連業務を実践する。
  7. 臨床研究発表を施行する。
  8. 専門医資格取得のための症例を経験し、申請書を作成する。

(注)方略、評価については各診療科カリキュラムを参照のこと。