検査室紹介

生理機能検査
心電図検査
心電図検査

心電図検査では心電図、ホルター心電図の取り付けおよび解析を行っています。
ホルター心電図は小型軽量のレコーダを用い、解析においては自動解析のみに頼らず、熟練した技師が修正を行い、質の高いデータを作成しています。心電図、ホルター心電図ともに専門医の所見が添付され、臨床に有用な情報をご提供いたします。

PWV/ABI

検査について

  • 脈波伝播速度(PWV)と足関節上腕血圧比(ABI)の2項目を同時に測定する検査です。
  • 動脈硬化の程度や下肢血管狭窄の程度を調べることを目的としています。

検査前(当日)の注意

  • 食事:特に制限はありません。
  • 内服薬:医師の指示に従って下さい。
  • その他:
    透析用シャントのある方はシャント保護のため、上腕は片側のみ測定します。検査時にお伝え下さい。
    ズボン下は足首にゆとりのあるものを着用して下さい。
    薄手の服やストッキングは着たままでも検査可能です。
    締め付けのきつい衣類を着用している場合は、脱いでいただく場合があります。

検査前の準備

  • 検査の予約時間の10分前には、2F東受付で受付をして下さい。

所要時間

  • 検査時間は装着時間を含めておよそ15分で終了します。

検査方法

  • ベットの上で仰向けになり、安静にしていただきます。
  • 両腕と両足首(4カ所)に血圧計の帯(カフ)、左右の手首に心電図の電極、胸に心音マイクを装着します。
  • 血圧を4カ所同時に連続して2回測定します。
  • 測定自体は1回3分程度で終了しますが場合により2〜3回繰り返すこともあります。

検査後の注意

  • 特にありません。

その他

  • 検査結果については次回診察時に主治医からお聞き下さい。