検査室紹介

生理機能検査
心電図検査
心電図検査

心電図検査では心電図、ホルター心電図の取り付けおよび解析を行っています。
ホルター心電図は小型軽量のレコーダを用い、解析においては自動解析のみに頼らず、熟練した技師が修正を行い、質の高いデータを作成しています。心電図、ホルター心電図ともに専門医の所見が添付され、臨床に有用な情報をご提供いたします。

マスタ−負荷心電図

検査について

  • 心電図とは、心筋の電気的な興奮過程を増幅し波形として図式化したものです。
  • マスタ−負荷心電図検査は、運動で心臓に負荷をかけることで、心電図に変化がないかを調べる検査です。

検査前(当日)の注意

  • 食事: 普通に食事を摂っていただいて結構です。
  • 内服薬: 医師の指示に従って下さい。
  • その他: 身体の変調など気分が悪い場合は遠慮無くお申し出下さい。

検査前の準備

  • 特にありません。

所要時間

  • 15〜20分掛かります。

検査方法

  • 心電図検査は、上半身の脱衣と足首を出して頂き、ベッドに仰臥位の状態で寝て頂きます。
  • 電極は手足にクリップ式、胸部には吸盤電極を使用します。
  • マスタ−負荷心電図検査は、安静状態の心電図を記録し、90秒(ダブルは180秒)間で所定の運動 (階段昇降)をした後、運動後の心電図を記録比較します。

検査後の注意

  • 特にありません。

その他

  • 検査結果については、次回診察時に主治医からお聞き下さい。