Home > 医局員募集 > 研修内容のご案内

研修内容のご案内

研修の特徴
  • 診療グループは先天性心疾患グループ、後天性心疾患グループに分かれておりローテーションが可能。
  • 多数の関連病院を有しており5年間の研修期間のうち2~3年を関連病院で研修。
  • いずれの関連病院もその地域の心臓血管外科の中核を担っており複数の施設で研修することで、 より豊富な経験を積むことができる。
  • 外科専門医取得のための他科ローテーションも可能。
  • 充実したlaboratoryを有しており臨床業務の傍らacademicな活動も盛ん。 国内外の学会で多数の発表を行っている。
  • 5年間の研修後は本院もしくは関連病院での勤務、または海外留学など様々な進路選択が可能。
プログラムの目的と特徴

A. 研修期間: 初期臨床研修2年間修了後5年間。

B. 一般目標:
本科の研修プログラムは、厚生労働省ならびに東京女子医科大学卒後研修委員会の定める卒後研修プログラムに則るとともに、心臓血管外科専門医認定機構による心臓血管外科専門医の受験資格を十分に満たすことを基本とする。そのため患者様に対する強い責任感と医療人としての高い倫理観を持ち、医療事故防止対策、感染対策、医療経済等にも十分に配慮できる有能かつ誠実な、信頼される心臓血管外科専門医を育成することを目的とする。

C. 行動目標:
1. 心血管系の発生・構造・機能を理解し、心血管疾患の病因・病態・疫学に関する広い基礎知識を持つ。
2. 心血管疾患の診断に必要な問診と身体診察を行い、必要な検査法を選択・実施し、その結果の総合的な評価ができる。
3. 臨床診断に基づき個々の患者さんの心身両面に対応し、心臓・血管疾患に対する手術方法を必要数選択し、安全に実施することができる。
4. 患者さんおよびご家族の方々に対し、病状と外科治療の必要性・リスク・予後について十分なインフォームドコンセントを行う事ができる。
5. 後進の心臓血管外科修練医を日常的に指導し、その成果を評価することができる。
6. 心臓血管外科における未解決の課題を見出し、課題解決の研究を実施できる。

定員および選考方法

募集人数:5~10名程度
入局願書:東京女子医科大学病院の規定する日程に準じる。

教育課程

A. 研修スケジュール
実際の外科診療は、心臓血管外科を先天性心疾患と後天性心疾患に分け、研修スケジュールも同様の体制で行われており、機会均等を原則に各班を3ヶ月単位でローテーションする。大学研修期間中に、希望により研究期間を持つ。5年間の研修期間のうち、2~3年間を関連出張病院での研修に充てる。

<心臓血管外科研修1年目>

外科専門医 経験到達目標:外科術者50, 外科症例150
心臓血管外科専門医 経験到達目標:心外術者1, 第一助手5、心外点数50
知 識 1-01) 体外循環回路の組み立て方とバランス計算法を現場で理解する。
1-02) 成人・小児体外循環法の基本原理を説明し、以下について説明できる: ・ 遠心ポンプとローラーポンプの違い ・ 落差脱血とポンプ脱血の違い ・ 膜型人工肺の構造 ・ 送血・脱血部位の選択 ・ 送脱血カニューレのサイズと種類 ・ ベント(LA, LV, PA)の必要性 ・ 灌流量・灌流圧と臓器機能,灌流温について ・ 部分体外循環と完全体外循環の違い ・ 血液ガスと酸塩基平衡 ・ 初期充填薬剤の種類と薬効、必要性 ・ 体外循環中・後の投与薬剤 ・ 心筋保護液 (順行性, 逆行性)の投与方法 ・ 血液希釈法の意義 ・ 自己血 ・ 小児無輸血体外循環の適応限界
1-03) 難易度(A)の心臓血管手術の全ての手順を述べることができる。
1-04) 難易度(B)の心臓血管手術の全ての手順を述べることができる。
実 技 1-05) 以下の手技を含む外科的クリティカルケアができる。 ・ 心肺蘇生法 (気管内挿管、直流除細動を含む) ・ 動脈穿刺 ・ Swan-Ganzカテーテルの挿入とそれによる循環管理 ・ IABPの挿入とそれによる循環管理 ・ レスピレーターによる人工呼吸管理 ・ (気管切開) ・ (心のう穿刺) ・ (胸腔ドレナージ) ・ ショックの診断と原因別治療(輸液・成分輸血・薬物療法を含む) ・ DIC, SIRS, CARS, MOF の診断と治療  1-06) 気管内挿管による全身麻酔を行うことができる。
1-07) 胸骨正中切開を安全に行い、動静脈にカニュレーションすることができる。
倫理・行動 1-08) 指導医とともにon the job trainingに参加することにより、協調によるグループ診療を行う。 1-09) 初期研修医や医学生に、外科診療の指導を行う。
学術・研究 1-10) 学術集会において心臓血管外科の症例報告を演者として発表する。

<心臓血管外科研修2年目>

外科専門医 経験到達目標:外科術者80, 外科症例250
心臓血管外科専門医 経験到達目標:心外術者5, 第一助手10, 心外点数100
知 識 2-01) 安全な無血体外循環の適応限界を判断できる。
2-02) 全ての心臓血管外科手術の最適な手術体位とアプローチ法を理解する。
2-03) 難易度(C)の心臓血管手術の全ての手順を述べることができる。
実 技 2-04) ターミナルケアを適切に行うことができる。
2-05) 心エコー検査を自身で実施し基本的評価ができる。
2-06) 人工心肺のトラブルに迅速かつ適切に対処できる。
2-07) 指導医のもとで難易度(A)の心臓血管手術を安全に執刀できる。
倫理・行動 2-08) 確実な知識と不確実なものを明確に識別し、知識が不確実なときや判断に迷うときには、指導医や文献などの教育資源を活用することができる。
インフォームド
コンセント
2-09) 外科的処置を行う場合に適切なインフォームドコンセントを行うことができる。
学術・研究 2-10) 臨床成績の正しい統計処理を行うことができる。

<心臓血管外科研修3年目>

外科専門医 経験到達目標:外科術者120, 外科症例350 (外科専門医予備試験)
心臓血管外科専門医 サブスペシャリティー「心臓血管外科」の選択
経験到達目標:心外術者10, 第一助手20, 心外点数150
知 識 3-01) 難易度(A,B)手術の人工心肺離脱直後の血行動態を迅速に判断し、適切な呼吸・循環管理ができる。
実 技 3-02) 小児の人工心肺を選択し操作できる。
3-03) 自身で胸骨正中切開、側開胸を行い、視野確保ができる。
3-04) 指導医のもとで難易度(A,B)の心臓血管手術を執刀できる。
3-05) 血管吻合術、グラフト採取、再建血管の露出の指導ができる。
倫理・行動 3-06) 協調による心臓血管外科グループ診療を円滑に行うことができる。
3-07) 後進の医師に、外科診療の指導を行うことができる。
インフォームド
コンセント
3-08) 安定した術後患者について、適切な容態の説明を行う事ができる。
学術・研究 3-09)学術雑誌に心臓血管外科に関する症例報告または学術論文を発表する。

<心臓血管外科研修4年目>

外科専門医 経験到達目標:外科術者130, 外科症例350 (外科専門医認定試験)
心臓血管外科専門医 経験到達目標:心外術者15, 第一助手30, 心外点数200
知 識 4-01) 各心疾患の外科治療のリスクと、手術により得られるメリットを、客観的に述べることができる。
4-02) 難易度(C)手術の人工心肺離脱直後の血行動態を迅速に判断し、適切な呼吸・循環管理ができる。
実 技 4-03) 各心疾患の術前検査から問題点を抽出し、適切に対処できる。
4-04) 新生児開心術の特殊性を理解し、術前・術中・術後管理を行うことができる。
4-05) 指導医のもとで難易度(B,C)の心臓血管手術でも執刀できる。
倫理・行動 4-06) 社会情勢を周知し、医の倫理に配慮し、心臓血管外科診療を行う上での適切な態度と習慣を常に実践できる。
インフォームド
コンセント
4-07) 変化のある術後患者について、適切な容態の説明を行う事ができる。
学術・研究 4-08) 症例検討会、学術集会その他で、積極的に討論に参加することができる。

<心臓血管外科研修5年目>

心臓血管外科専門医 経験到達目標:心外術者20, 第一助手40, 心外点数250
研修修了時に「心臓血管外科専門医」受験資格取得
知 識 5-01) 難易度(A-C)の心臓血管手術について、後進医師に日常診療を通じて適切な直接指導と評価を行うことができる。
5-02) 医療事故、アクシデント、インシデント、クレームの発生時に自身の手に負えるか判断でき、安全対策マニュアルに則った適切な対処ができる。
実 技 5-03) 難易度(A-C)の心臓血管手術の全経過を理解し、術後の容態変化に対し呼吸、輸液、カテコールアミンを含む薬物療法を駆使し、術後管理を遂行できる。
5-04) 難易度(A-C)の心臓血管手術の術野において執刀医あるいは第一助手を安全かつ円滑に行うことができる。
5-05) 術後合併症の早期発見と迅速な対策ができる。
倫理・行動 5-06) 心臓血管外科チームのサブリーダーとして、看護スタッフ、コメディカルスタッフ、他科医師と協調・協力して円滑なグループ診療を行うことができる。
インフォーム
ドコンセント
5-07) 人工心肺や手術の合併症リスクについて、適切な術前インフォームドコンセントを行う事ができる。
5-08) 難易度(A)の心臓血管手術について、適切な術前インフォームドコンセントを行う事ができる。
学術・研究 5-09) 専門の学術出版物や研究発表に対し、批判的吟味を行うことができる。
5-10) 心臓血管外科における未解決の課題を見出し、課題解決の研究を実施できる。

B. 診療体制

大学病院における研修
診療チームの一員としてICUならびに病棟ベッドを受け持つ。
診療チームは、スタッフ外科医、助手、医療練士、研修医により構成される。
診療チームは3ヶ月毎に交代する。
心血管手術においては通常第1~第3助手をつとめ、手術の基本的な技術と流れを修得する。また、各研修過程に応じた術者を経験する。
当直は当直責任者の指導のもとに平均して週2~3回行う。

関連出張病院における研修
指導医の判断に基づき、学年に応じて適切な症例の術者となることができる。
大学病院での研修に比べて診療の各場面においてより大きな責任を分担することになる。また主治医として他診療科との関連、医療チームの在り方なども実際に経験する機会が増し、臨床医としての幅を広げるよい機会である。
外来や当直の回数は病院によって異なる。

C. 教育に関する行事

大学病院における研修の週間スケジュール
心臓血管外科手術:月・火・水・木 朝 9:00入室 金 朝9:30入室
外科モーニングカンファレンス:月~金 朝8:20-
Mortality & Morbidity カンファレンス:毎月第2月曜のモーニングカンファ後
心臓血管外科・循環器小児科合同カンファレンス:毎週火曜 午後 6:00-
心不全・移植カンファレンス:毎週木曜 午後 2:00-3:00
心臓血管外科・循環器内科合同カンファレンス:毎週木曜 午後3:00-
主任教授総回診:金 8:30-9:30
診療チーム毎の申し送り:毎日 8:00、18:00(適宜)

身分と待遇

身分:東京女子医科大学の規定による医療練士として採用する。
助手待遇となる。医療練士修了後は、希望と実績に応じ助手として採用する。
医療練士(助手待遇)月額約30万円
宿泊施設:なし
健康保険:あり
医療過誤保険:自己負担
専門医取得に要する費用:自己負担
学会参加費・交通費:主な国内学会は演者の場合支給、海外学会は指定学会演者の場合は支給(最高20万円)
AATS, STSへの参加に関しては、毎年若干名の学会参加費・交通費を全面的にサポートする。