練士研修プログラム

目的と特徴

年次別研修スケジュールの一例

東京女子医科大学の医療錬士研修制度は、各科のカリキュラムに従った5年間の後期臨床プログラムであり、広く一般的な診療能力を有した専門領域の医療錬士および専門医の育成を目標としています。
国内トップクラスの外来・入院患者数および手術件数、高度先進医療を担う診療科の充実といった当院の特徴を背景に、充実したプログラムを構成しています。
専攻により専門領域の研修および専門医の修得が可能なうえ、さらに他診療科へのローテーションもできることから、専門領域を超えた横断的な知識・技能の修得、認定医や専門医の取得も可能です。

麻酔科医療錬士プログラムは、各人の個性を生かし、麻酔科専門医として独り立ちするための知識、技術、経験を習得することを目的としています。
手術室での全身管理を中心とする周術期患者管理、集中治療(ICU)、呼吸管理、疼痛管理(ペインクリニック)、緩和医療など、臨床各科に広範囲に関連した各部門が一体となって診療、研究、研修に取り組んでおり、後期研修施設として最適な施設といえます。
人として優れた体質・気質の薫陶を根幹とし、周術期管理医学としての麻酔科学、集中治療医学、ペインクリニックの診断治療に関する基礎的な知識と技術を習得し、それらの知識、技術を実際の臨床に応用できる能力をもつ医師の養成を目指しています。

また、医療錬士の待遇で本学大学院生も兼ねることができる医療錬士大学院生コースも整備しています。
専門医とともに医学博士号の同時取得も可能なプログラムとなっています。

指導スタッフ

主任教授 尾崎 眞
教授 野村 実
准教授 樋口 秀行、黒川 智、深田 智子
講師 岩出 宗代、高木 俊一、虻川 有香子

評価

手術部麻酔グループのチームマネージャー、研究グループのグループリーダー、集中治療部門の指導医、ペインクリニックグループのグループ長あるいはコメディカルから逐次形成的評価を受けます。評価内容は随時主任教授に報告され、年次の変わり目には主任教授が点検、面接を行い、評価内容がフィードバックされるようにしています。5年次の終了時には医療練士研修委員会にて評価を受け、麻酔科主任教授承認のもとに、東京女子医科大学から医療練士の称号が与えられます。

医療練士研修修了後の進路

医療練士研修修了後、東京女子医科大学医学部麻酔科に助手として就職を希望するものは、麻酔科主任教授と医療練士研修委員会で協議しその採否を決定します。また海外留学、国内留学も積極的に支援しています。Subspecialityの追求、博士号の取得など各々の目標に合わせて、引き続き支援を行っています。

学位

研究論文が掲載された後、主任教授との協議のもと、医学博士の学位の申請が可能でです。臨床大学院生は博士課程の修了時に医学博士の学位が授与されます。

専門医

麻酔科標榜医、麻酔科認定医、麻酔科専門医以外に、集中治療専門医、ペインクリニック学会認定医、日本周術期経食道心エコー認定医などの取得が可能です。

問い合わせ先

Address 〒162-8666
東京都新宿区河田町8-1
東京女子医科大学医学部麻酔科
主任教授 尾崎 眞
Mail mozaki@anes.twmu.ac.jp
TEL 03-3353-8112-28290
FAX 03-3359-2517