miniDAM

DAMとは?

miniDAMの様子

miniDAMの様子

DAMとはDifficult Airway Managementの略で、麻酔科医が遭遇すると思われる気道確保困難症例の管理を指します。
臨床で気道確保が困難な症例に遭遇する機会は稀ではありますが、それにより起こり得る合併症(予期せぬ気管切開、心肺停止、低酸素脳症など)は重大であり、日頃から対策が必要であるとの概念に基づいています。

アメリカ麻酔学会(American Society Anesthesiologists:ASA)は1992年に挿管困難患者管理のための実践ガイドラインを公表し、2003年にはEBMを指向した改訂版がAnesthesiologyに掲載されました。
日本においては日本医学シミュレーション学会が主導となって、このガイドラインを基にASAのDAMアルゴリズムを理解し、DAMに必要な実際のプロセスと手技を習得してもらうセミナーを企画・運営しています。
現在、日本麻酔科学会や日本臨床麻酔学会など主要な学会に併設する形でDAMハンズオンセミナーが企画されていますが、人気が高い上に受講人数も限られているためなかなか受講できないのが現状です。
これを踏まえ、DAMのエッセンスをより多くの医師に体験してもらうため行われているのがminiDAMです。

DAMハンズオンセミナーは、高機能実体シミュレータSimMan(レールダル社製)を使用してDAMに必要な手技の習得を目的としています。
DAMの基本手技(I-LMA、ガムエラスティックブジー、輪状甲状膜切開、経気管ジェット換気)を中心に、役に立つDAM関連手技を少人数で実習します。基本手技以外にも最新の気道確保器具のデモンストレーションも企画しています。
当院のminiDAMは、非常勤講師の社会保険紀南病院 中川雅史先生はじめDAM世話人会の先生方をインストラクターにお招きして、医局員教育の一環として定期的に開催しております。

miniDAMの内容

※各画像にマウスカーソルを置くことで、拡大画像が表示されます。

  • ショートレクチャーの様子

    ショートレクチャーの様子

  • ハンズオンの様子

    ハンズオンの様子

  • SimManを用いたシナリオトレーニングの様子

    シナリオトレーニングの様子

ショートレクチャーの様子

ショートレクチャーの様子