無痛分娩

年間分娩数800を超える当院の特徴は、産婦のハイリスク症例が多いことです。
当院は東京都の総合周産期母子医療センターに指定されており、都内だけでなく全国から多くのハイリスク妊婦が搬送されてきます。
私達が関わる産婦の合併症は、先天性心疾患の術後、腎移植後、内分泌疾患など多岐に渡ります。
こうした合併症を背景に、それでも私たちは最も安全かつ最良と考えられる産科麻酔を提供しなければなりません。
産婦人科、新生児科はもとより、時にはこうした合併症をフォローする各科とも緊密な連携を取り、帝王切開の麻酔に留まらず、無痛分娩なども積極的に行っています。

特に無痛分娩は、近年の出産に対する意識や理解の高まりからニーズが増えており、いまや麻酔科が担う一分野として確立した感があります。
女性が避けて通れなかった分娩の痛みを軽減する無痛分娩。
しかし無痛分娩には痛みを和らげるだけでなく、体力の消耗やストレスを軽減する利点もあります。
先に述べたようなハイリスク症例において、無痛分娩が最も望ましいケースも近頃は増えてきました。
そう考えると、これからは「帝王切開時の麻酔」だけでなく無痛分娩も麻酔科医の一般技量として求められる時代と言えます。

当教室では、こうしたハイリスク症例を通じて周産期麻酔管理を多面的に学ぶことができます。
また多他施設(埼玉母子医療センター、成育医療センター、北里大学、田中ウィメンズクリニックなど)への見学、研修などの実現が可能です。

麻酔科医として満足のいく出産を提供できたときの充実感は、他の周術期麻酔とはまた違う喜びです。
ぜひこうした喜びを、みなさんとも分かち合いたいと思っています。