" " "

学費・奨学金制度等

授業料その他納入金

種別 1年次 2年次 3年次
入学金 100,000円    
授業料(年) 320,000円 320,000円 320,000円
実験実習費(年) 100,000円 100,000円 100,000円

施設費(年)

30,000円 30,000円 30,000円

合計

(納入時期)

550,000円

(入学手続き時)

450,000円

(2年次4月)

450,000円

(3年次4月)

※この他に、教科書・ユニフォーム・教材購入費用等が必要です。

 

奨学金制度

東京女子医科大学看護専門学校では、有為な人材を育成するために必要な学費を貸与して、勉学を援助する次のような制度を導入しています。

東京女子医科大学看護専門学校奨学金
本学学生としての修学を奨励し、本学附属病院の強化と、 本学附属病院の看護職員の充実に資する。
貸与条件
1.看護専門学校生として在籍している者
2.卒業後所定の手続きを経て本学附属病院に就職し、3年以上勤務することを約する者
3.借用証書に保証人2名の署名捺印(印鑑登録証明書提出)が必要
貸与金額
月額:30,000円
毎月25日に本人名義の銀行口座に振り込まれる。
年額にすると 1年間 36万円、2年間 72万円、3年間108万円
(本学の授業料は32万円ですので、実質1年間の学費を賄うことができます)
貸与期間
1年ごとの契約で修業年限(3年間)まで
返済免除の特典
卒業後、直ちに本学附属病院に就職し、貸与年数+1年間勤務した方は返済が免除になります。

看護専門学校返済基準
勤務年数
貸与年数
2年未満 2年以上
3年未満
3年以上
4年未満
4年以上
1 年 全額返済 全額免除 全額免除 全額免除
2 年 全額返済 1/2返済 全額免除 全額免除
3 年 全額返済 2/3返済 1/3返済 全額免除
その他の奨学金
上記の本学独自の奨学金の他、日本学生支援機構等数種の奨学金制度がありますので、上手に活用することをお勧めします。

東京都看護師等修学資金

東京都福祉保健局 >>

第一種貸与
  36,000円
第二種貸与
  25,000円
●第一種
卒業した年に免許を取得し、直ちに都内の指定施設で引き続き5年以上看護師として従事したとき返還免除あり

●第二種
二口まで申し込み可 勤務による免除なし

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構 >>
第一種貸与
自宅・自宅外で金額が異なる

第二種貸与
2~12万円より選択

返還は日本育英会返還規定による
●第一種(無利子)
自宅 :2・3・4・5万3千円より選択 
自宅外:2・3・4・5・6万円より選択 


●第二種(有利子)
2~12万円より選択(1万円単位)

小林育英会奨学金

25000円
(給付により返還義務は無)
趣旨、応募資格、期間等については小林奨学金の奨学生募集要項による

 各制度の詳細は下記を参照ください。

 

専門実践教育訓練給付金制度

当校は、平成28年10月1日より、専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となりました。

一定の要件を満たし、3年間の講座修了で一定の割合の給付金が支給されます。

 更に、平成34年度までの暫定措置として、専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に一定の条件を満たす場合には、在学中に「教育訓練支援給付金」が支給されます。

 専門実践教育訓練給付金制度の詳細は厚生労働省のホームページをご覧ください>>

明示書(東京女子医科大学看護専門学校) (PDF)

 

Copyright (C)2015 Tokyo Women's Medical University Nursing School.All Rights Reserved.