" " 

授業科目紹介

基礎看護学

看護学の導入として最初に学習する領域です。
看護とはなにか、看護師とはどのような役割をもつ職業か、基本となる理論や歴史的変遷を踏まえ、期待される役割と機能を学びます。
また看護の対象である人間を「こころ」と「からだ」さらに「生活者として」の視点から捉えます。
その上で、あらゆる対象へ看護実践するための基礎的な援助の知識と技術を学びます。
これらを通じて、看護者としての基本的な考え方、捉え方、伝え方を学び、専門職業人としての自己の基盤を形成します。


成人看護学

ライフサイクルの中で、最も長く社会的に活動する成人を対象とする看護を学びます。
成人期にある人の特徴を身体的・心理的・社会的側面から理解し、個別的に求められる健康維持、増進・健康回復に向けた援助を学びます。

"
"

老年看護学

各老年期のある対象を理解するために、人間の加齢にともなう身体的、心理的変化および社会的特徴を学びます。
さらに、「その人らしく健やかに老いる」とはどのようなことか、現代社会における高齢者の生活の実際を理解した上で、健康の回復、維持・増進に向けた援助を理解します。
あわせて高齢者にとって最も重要な存在である家族に対する理解を深め、家族全体のQOLを考えます。

"

小児看護学

小児期にある子どもの成長・発達の特徴を理解し、子どもの「安全で健やかな生活」に必要な養育について学びます。
また、子どもにとって最も重要な存在である家族を理解し、家族の持つ力を最大限に引き出すための援助を学びます。
子どもを「一人の人格をもった尊重されるべき存在」として理解し、健康障害を持つ子どもとその家族にとって必要な援助を学びます。

"

 


母性看護学

親になる人の特徴をライフサイクルから捉え、より良い健康生活を送るために必要な援助を学びます。
特に、女性の思春期から妊娠・分娩・産褥の経過および更年期に至る変化とその特徴を学び女性の性と生殖に関する健康と権利に関して理解を深めます。
また、生命誕生から新生児期までの成長・発達の経過を踏まえ、健全な家族機能の形成に必要な援助を学び母子保健の理解を深めます。

"
"

精神看護学

人間の精神の構造rと機能の理解をもとに、心の健康の維持と増進、健康障害の予防に関して学びます。
また、精神に健康障害を来した人を多面的に理解し、健康回復とその人らしい生活に向けた援助を学びます。
精神障害を持つ人を社会の中で共に生きる生活者として捉え、現代社会の持つ課題と求められる看護の役割に関して理解を深めます。

"

在宅看護論

病気や障害を持ちながら自宅で療養する人とその家族に必要な看護を学びます。
本領域では、小児から高齢者まで幅広い年代、さらにリハビリテーション期からターミナル期まで広い健康段階にある人を対象にします。
すべての対象が、自宅で最後までより苦痛なく健康的でその人らしい生活を送るために必要な看護を理解します。
また、在宅看護に関わる関係法規や行政システムを踏まえ、保健医療福祉に関わる多職種の連携の実際を理解します。

"

学内演習

各講義で学んだ内容を、実際の病床を模した各実習室で疑似体験して学びます。
臨床で実際に用いられる器材やモデル人形に触れることでより立体的に理解を深めます。
また教員のデモンストレーションを見た後に、実際に自分の体を使って看護師役を実践体験することでより具体的に理解を深めてゆきます。
さらに、患者役を疑似体験することにより、患者さんにとって必要な援助を考えたり倫理的判断が出来る様に理解を深めます。

"
"

臨地実習

学内での授業や演習で学んだ内容を実際の医療の場や地域で実践経験することで、看護の学びを深める重要な学習です。
基礎的な内容からより実践的な内容まで、各看護学の授業を反映させ段階的にプログラムされており、より発展的に基礎的看護実践力を身につけられます。
実習場所は、各看護学の実習目的に合わせて東京女子医科大学病院、東医療センター、特別養護老人施設、介護老人保健施設、精神領域専門病院、保育園、訪問看護ステーション等多岐に渡りより実践的な力を育成します。

"
"

 

Copyright (C)2015 Tokyo Women's Medical University Nursing School.All Rights Reserved.