東京女子医科大学看護専門学校 
問い合わせ  資料請求  各種イベント申込み

ごあいさつ

学校長 内潟 安子  Uchigata Yasuko

女性の地位向上と経済的自立をと、東京女子医科大学 学祖吉岡彌生先生が東京女子医学専門学校附属産婆看護婦養成所を設立されたのは遡ること1930年。以来吉岡彌生先生の「至誠と愛」の精神を受け継いで発展し1968年に新宿から荒川の本学東医療センターの傍に移転し、幾度かの教育制度の変遷を経て1995年より本学看護専門学校として、毎年80名の看護師を輩出しております。

本校は私立医科大学系看護専門学校として唯一の厚生労働省専門実践教育訓練給付金指定講座であり、都内では2校しかない文部科学省の職業実践専門課程認定校です。このような環境下で、高度先進医療にまで対応できるスキルの高い看護を日々学びます。

例年、全国平均を上回る高い国家試験合格率であることや本校卒業生が患者さんから慕われお褒めの投書をいただくことも多いことは、本校教職員の生き甲斐でもあります。

「至誠と愛」の心を持った高い看護実践能力を発揮できる看護師を養成して参ります。

 

学校長 内潟 安子  Uchigata Yasuko

副校長・主事 坂本 倫美  Sakamoto Tomomi

本学の看護教育のルーツは1930年で約90年の歴史がありますが、その間に医療を巡る状況は大きく変化しました。手術ロボットなど様々な先端医療機器を使う高度先進医療を受ける患者さんへの全人的看護、チーム医療として患者さんに寄り添うコーディネターの役割、超高齢化社会における患者さんおよび家族を含めた在宅看護、介護など今や看護師の役割はますます重要なものになっています。当校の母体は東京女子医科大学であるためそのスタッフによる良質な講義や関連する3つの附属病院で当校を卒業した先輩から温かくも厳しい実習指導を受けることができます。そのため、現代に求められる看護師の役割を果たす実践力を磨くナースの卵として成長できることが当校の強みであると思っています。

2021年に看護専門学校は、現在の荒川区から足立区に東京女子医科大学 東医療センターとともに移転します。新築の学校は、快適な教室やコンピュータ制御のシミュレーターなど充実した演習設備を完備し、実習病院は渡り廊下続きにあるという利便性にも大変優れています。是非、この学び舎で「至誠と愛」の理念のもと看護の実践的基礎力だけでなく、人として女性として豊かな感性を持った女性医療人を目指しましょう。

 

副校長・主事 坂本 倫美  Sakamoto Tomomi

入試情報オープンキャンパス卒業生からのメッセージ交通アクセス大学ホームページ

Copyright (C)2015 Tokyo Women's Medical University Nursing School.All Rights Reserved.