" " 

教育方針

教育理念

東京女子医科大学の建学の精神である「至誠と愛」に基づき、女性の自立と看護の専門性を追求することを通して、主体性を啓発し、生涯に亘る自己教育能力を培い、社会に貢献し得る人材を育成する。

 

教育目的

人間として、女性として豊かな感性を養い、人間尊重に基づき、多様化する医療ニーズに対応できる実践的基礎能力を持った看護師を育成する。

 

教育目標

  1. 看護を志す人として人間愛に基づいた温かで誠実な心を育む。
  2. 生命の尊さを認識し、人間を統合された存在として幅広く理解する基礎能力を養う。
  3. 人々の健康のあらゆる状態に対し、科学的な根拠に基づいた看護を実践するために必要な基礎能力を養う。
  4. 看護を発展させるための対人関係能力を養う。
  5. 専門職業人としての倫理に基づいた看護が実践できるための基礎能力を養う。
  6. 保健医療福祉における看護の役割を理解し、チームの中で協働して人々の健康支援ができるための基礎能力を養う。
  7. 看護について継続して自ら学び、探求する姿勢を養う。

 

本校がめざす卒業生の特性

  1. 自律した社会人として自己の役割を自覚し、責任を主体的に果たし得る行動がとれる。
  2. 科学的な思考と人間愛に基づいた判断・行動がとれる。
  3. 看護実践に必要な基本技術を身につけ、個別性への応用ができる。
  4. 豊かな人間性を基盤に自由でのびやかな創造的思考ができる。
  5. 自己・他者ともに人間をかけがえのない個別の存在として尊重できる。
  6. 専門職業人として倫理に基づいた行動ができる。
  7. 誠意をもって、相手に対して心からの配慮ができる。
  8. 援助的人間関係に基づいた看護ができる。
  9. チームの中で協働しながら自己の役割を果たせる。
  10. ひとりの人間として看護者として自分自身のあり方を謙虚に振り返ることができる。
  11. 生涯にわたり、自分自身に課題をもちながら自己成長のための学習の継続ができる。

 

Copyright (C)2015 Tokyo Women's Medical University Nursing School.All Rights Reserved.