八千代医療センター

ご挨拶

センター長挨拶

がんセンター長 化学療法科 倉持英和

がんセンター長 
化学療法科 倉持英和

がんは「国民病」ともいわれ、現在では3人に1人の国民ががんにより亡くなるという時代になっています。がんは早期発見できれば治すことができますが、残念ながら進行した状態で発見されることも多く、その予後はまだ決して満足できるものではありません。今後、日本は少子高齢化の進行とともに、高齢者の割合が増加し、人口に占めるがん患者の割合はますます増加すると予想されています。

東京女子科大学附属八千代医療センターは平成18年に千葉県八千代市に開院以来、総合病院として、成人、小児、周産期、救急など様々な分野で、地域に根差した急性期先進的医療を行ってまいりました。近年は慢性的な病床不足に悩まされてきましたが、平成28年8月には新病棟がオープンして、より多くの患者様に入院治療を行うことが可能となりました。そしてこのたび平成29年4月に新棟5階に、35床からなる、がんの治療専用の「がん治療病棟」を開設するにあたり、院内のがん治療を組織的に運営管理するために、八千代医療センター内に「がんセンター」を立ち上げました。

少子高齢化の波は八千代市周辺も例外ではなく、今後がん治療の必要性はますます増してくると考えられます。八千代市と近隣の住民の皆様に、地元で高度な手術技能と、最新の設備、最新の化学療法の知識に基づいた安全かつ高度ながん治療を受けていただけるようにスタッフ一同努力してまいりたいと思います。

がんセンター組織図

がんセンター組織図

がん診療科一覧

がん種診療科名
肺がん呼吸器内科、呼吸器外科
乳がん乳腺・内分泌外科、化学療法科
大腸がん消化器外科、消化器内科、内視鏡科、化学療法科
胃がん消化器外科、消化器内科、内視鏡科、化学療法科
膵がん消化器外科、消化器内科、化学療法科
食道がん消化器外科、化学療法科、内視鏡科
胆道がん消化器外科、消化器内科、化学療法科
肝臓がん消化器外科、消化器内科
悪性リンパ腫血液内科
白血病血液内科
多発性骨髄腫血液内科
腎がん泌尿器科
尿管がん泌尿器科
膀胱がん泌尿器科
前立腺がん泌尿器科
精巣がん泌尿器科
卵巣がん婦人科
子宮体がん婦人科
子宮頚がん婦人科
脳腫瘍脳神経外科