野中学 教授・講座主任  Manabu Nonaka, Chief Professor

野中学

耳鼻咽喉科は、難聴、めまい、中耳疾患、顔面神経麻痺を扱います耳科領域、副鼻腔の炎症(副鼻腔炎)や腫瘍、鼻アレルギー、顔面外傷を担当します鼻領域、口腔乾燥や味覚障害をはじめとする舌・口腔・咽頭疾患を扱います咽頭領域、音声障害や嚥下障害を扱います喉頭領域、さらに頭頸部領域の悪性腫瘍を扱います頭頸部腫瘍領域と、広い範囲の疾患を担当いたします。外科的な側面と内科的な側面をもち、診断から治療まで行います。

東京女子医科大学耳鼻咽喉科学教室は、1915年(大正4年)に東京女子医科大学の母体となる東京女子医学専門学校の母体となる東京女子医学専門学校耳鼻科診察室が開設され、以後100年以上の歴史を持つ教室です。特に、岩本彦之亟先生による頭頸部腫瘍領域の手術、上村卓也先生と石井哲夫先生による耳科領域の研究と手術、吉原俊雄先生による頭頸部領域の研究と手術など輝かしい業績は広く知られています。

私は平成30年9月から、第8代の講座主任として就任しました。教室の伝統を踏襲しながら、私の専門であります鼻科領域・耳科領域の診療から、口腔乾燥や味覚障害などの咽頭領域の診療、音声障害や嚥下障害などの喉頭領域、頭頸部ガンの頭頸部腫瘍領域まで扱うオールラウンドは耳鼻咽喉科学教室としてさらに発展するよう心掛けてまいります。

東京女子医科大学の建学の精神に「社会に貢献する女性医師の育成」があります。これまで行ってきた教育・研究・臨床を基盤に、研究心を持った耳鼻咽喉科医師を育成したいと考えています。女子医大の耳鼻咽喉科は大半が女性医師です。ライフイベント中や、その後の復帰がし易いよう心掛け、ロールモデルとなる女性医師が育つように組織構築をしています。