主任教授 ご挨拶

 産婦人科学講座主任教授の松井英雄です。

 2010年5月に東京女子医科大学に赴任して6年目になろうとしています。東京女子医科大学産婦人科は昭和6年に開講されて、私で7代目となる由緒ある教室であり、現在は都内13か所の総合周産期センターの一つとして、また都内16か所のがん拠点病院の一つとして周産期医療やがん診療を支え、日々忙しく診療にあたっています。東京女子医科大学産婦人科は主として婦人科腫瘍を扱う婦人科と分娩を扱う母子センター(産科)の2つに分かれており、病棟も婦人科は中央病棟10F、母子センターはNICUを含めて中央病棟6F、3Fにあります。

 婦人科では子宮頸癌、体癌、卵巣癌、絨毛癌などの婦人科悪性腫瘍に対する手術、放射線治療、化学療法など、患者、病期に適した集学的治療を行っています。また子宮筋腫や卵巣良性腫瘍に対しては開腹手術だけでなく、腟式、腹腔鏡、子宮鏡下手術など低侵襲の手術も積極的に導入しております。その他不妊治療、体外受精などの生殖医療、更年期医療、思春期疾患などの女性医療(ヘルスケア)にも力を入れております。

 母子センターは総合周産期センターとして主に東京西部地域(新宿区、中野区、杉並区)の母体搬送を引き受け、地域周産期医療の拠点としての役割を担っております。また東京女子医科大学には古くから心臓病、糖尿病、腎臓病センターがあり、これらの合併症妊娠では日本有数の症例数を各センターと緊密に協力し、妊娠・分娩管理しております。最近問題となった前置胎盤、癒着胎盤などに対しては大動脈バルーン挿入など他科との連携により出血量を減らし、安全な手術を心がけています。

 東京女子医大は世界で唯一女性医師のみを養成する医学部であり、産婦人科でも女性比率は高く(16:25, H25.4月現在)、産休で休まれている先生も数人います。産休・育休後に職場復帰希望のある先生方に対しては外来専属配置や当直免除、時短勤務さらには住居に近い勤務地の紹介など女性医師にとって負担を軽減しつつ、キャリアアップ形成に向けた様々な方策を試みております。

 また女性医師ばかりでなく我々男性医師にとってもやりがいのある職場環境を作っていきたいと考えております。スタッフ(助教以上)の男女比は(10:5)で男性が優勢ですが、数年内に均衡状態になると思います。私を含めスタッフの出身大学、背景、考え方は様々でありますが、女子医大産婦人科を良くしよう、若い先生たちを教育しようとする気持ちだけは一致しています。

 東京女子医科大学では医療練士制度(後期研修1~5年間)という教育制度を導入しています。産婦人科の研修では後期研修1年目に4ヶ月ごとの産科・婦人科・NICUの研修、その後junior出張(4ヶ月)、不妊内分泌研修(2ヶ月)、産科/婦人科ローテーション、産婦人科専門医取得(後期研修4年目夏)、1年間のsenior出張、医療練士卒業(5年間終了時点)、助教あるいは出張病院でのsubspecialty研修という流れになっています。大学院入学を希望される先生は医療練士大学院として時期に応じて入学していただいております。大学院希望のない先生方にも論文博士という形で医学博士を取得する道があります。

 東京女子医科大学は新宿という東京の歓楽街の中心にありますが、病院の周辺は閑静な住宅街で、新宿の高層ビルの夜景がきれいに見えるロケーションにあります。産婦人科医としての第一歩をそして周産期・新生児学会専門医・腫瘍専門医・女性医学専門医・生殖医療専門医などの産婦人科subspecialtyの取得を目指して是非一度見学にいらしてください。

診療の特色

 外来診療部門では、完全予約制ではなく予約・紹介患者さん以外にも受付時間(午前11時まで)内に受診される原則全ての産婦人科領域にわたる診察に対応しています。完全個室となっている診察室には診察(内診)ベッドが設置されており、安全性とプライバシーが確保された環境で診療が行われています。


 婦人科入院部門(ベッド数25床)では、悪性腫瘍の治療を精力的に行っています。他診療科との連携による合併症症例の手術療法・周術期管理や集学的治療を得意としますが、絨毛性疾患では全国有数の経験症例数を誇ります。加えて内視鏡手術等の低侵襲手術や妊孕性温存治療、症状緩和治療にも積極的に力を入れています(注)。
(注)子宮腺筋症核出術、TVM手術は行っていません


 産科(周産期)入院部門(一般病床+MFICUベッド数42床)では、心臓病、腎臓病、糖尿病といった合併症妊娠の管理で圧倒的経験例を持ち、他大学の追随を許しません。一例を挙げますと、腎移植後の妊娠では、全国の半数以上の症例が当科で管理されています。また、産科救急の分野においても、東京都内にある13か所の総合周産期センターの一翼を担っており、東京西部の産科救急の拠点としてあらゆる救急症例に対応しています。
(重要なお知らせ:2016年4月以降、第3以外の土曜日は初診診療のみとなります)

診療実績:2012年

※産科部門は母子センターホームページをご覧ください。

<年間統計>

初診患者数
2,511
剖検数
2
再診患者数
27,735
手術件数
481
延べ入院患者数
8,124
緊急手術件数
39
ベッド稼働率(%)
88.8
再手術件数
1
平均在院日数
10

<疾患別延べ入院患者数>

外陰癌
3
胞状・侵入奇胎
9
子宮頸部異形成・上皮内癌
98
その他絨毛性疾患
3
子宮頸癌
41
子宮内膜ポリープ
8
子宮内膜異型増殖症
13
粘膜下筋腫
17
子宮内膜癌
49
子宮筋腫
87
子宮肉腫
9
子宮腺筋症
2
卵管癌
4
骨盤臓器脱
8
卵巣癌
112
卵巣良性腫瘍
124
腹膜癌
6
卵巣腫瘍茎捻転
5
絨毛癌
22
卵巣出血
6

<術式別患者数>

腟・外陰・その他悪性腫瘍手術
2
腹式子宮外妊娠手術
1
子宮悪性腫瘍手術
53
腹式卵巣腫瘍摘出術
60
卵巣・卵管悪性腫瘍手術
38
腹式子宮筋腫核出術
41
子宮頸部円錐切除術
105
子宮奇形手術
1
子宮頸部レーザー蒸散術
20
バルトリン腺膿瘍手術
18
子宮全摘術(腹式・腟式)
48
尖圭コンジローム切除術
8
子宮鏡下子宮内膜焼灼術
2
子宮頸管ポリープ切除術
93
子宮鏡下子宮筋腫摘出術
14
子宮息肉様筋腫摘出術
2
腹腔鏡下子宮全摘術
12
胞状奇胎除去術
4
腹腔鏡下子宮筋腫摘出術
11
子宮内膜掻爬術
49
腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術
91
子宮脱手術
9
腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術
2
子宮内膜ポリ-プ切除術
74
腹腔鏡下子宮外妊娠手術
12
その他腟式手術
8
胸腹水濾過濃縮再静注法
22

最近の発表(原著論文)

1. Uchiyama T, Kanno H, Ishitani K, Fujii H, Ohta H, Matsui H, Kamatani N, Saito K.
An SNP in CYP39A1 is associated with severe neutropenia induced by docetaxel.
Cancer chemotherapy and pharmacology 2012;69(6):1617-1624

2. Fujii T, Takatsuka N, Nagata C, Matsumoto K, Oki A, Furuta R, Maeda H, Yasugi T, Kawana K, Mitsuhashi A, Hirai Y, Iwasaka T, Yaegashi N, Watanabe Y, Nagai Y, Kitagawa T, Yoshikawa H.
Associateion between carotenoids and outcome of cervical intraepithelial neoplasia:a prospective cohort study.
Int J Clin Oncol 2012;17:1-10

3. Satoh T, Matsumoto K, Fujii K, Sato O, Gemma N, Onuki M, Saito H, Aoki D, Hirai Y, Yoshikawa H.
Rapid genotyping of carcinogenic human
papillomavirus by loopmediated isothermal amplification using a new automated DNA test (Climichip HPV).
J Virol Methods 2013;188:83-93

4. Makino Y, Matsuda Y, Mitani M, Shinohara T, Matsui H.
Risk factors associated with preterm delivery in woman with cardiac disease. Journal of Cardiology 2012;59(2):500-503

5. Ogawa M, Matsuda Y, Kobayashi A, Shimada E, Akizawa Y, Mitani M, Makino Y, Matsui H.
Ritodrine Should Be Carefully Administered during Antenatal Glucocorticoid Therapy Even in Nondiabetic Pregnancies.
ISRN Obstet Gynaecol. 2013;2013:120735

6. Kihara M, Usui H, Tanaka H, Inoue H, Matsui H, Shozu M.
Complicating Preeclampsia as a Predictor of Poor Survival of the Fetus in Complete Hydatidiform Mole Coexistent with Twin Fetus
J Reprod Med. 2012;57(7-8):325-328

7. Akizawa Y, Nishimura G, Hasegawa T, Takagi M, Kawamichi Y, Matsuda Y, Matsui H, Saito K.
Prenatal diagnosis of osteogenesis imperfecta type2 by three-dimensional computed tomography : The current state of fetal computed tomography.
Congenit Anom. 2012;52(4):203-206

8. Kanda E, Matsuda Y, Makino Y, Matsui H.
Risk factors associated with altered fetal growth in patients with pregestational diabetes mellitus.
J Matern Fetal Neonatal Med. 2012;25(8):1390-4

9. Kanda E, Yamaguchi K, Hanaoka M, Matsui H, Sago H, Kubo T.
Low titers of measles antibodies in Japanese pregnant woman : a single-center study.
J Obstet Gynaecol Res. 2013;39:500-3

10. Shimada E, Ogawa M, Matsuda Y, Mitani M, Matsui H.
Umbilical artery pH may be a possible confounder for neonatal adverse outcomes in preterm infants exposed to antenatal magnesium.
J Matern Fetal Neonatal Med. 2013;26(3):270-274

11. Kizaki S, Matsui H, Usui H, Shozu M, Hanawa S, Yamamoto E, Kikkawa F.
Normal Human Chorionic Gonadotropin Regression Curves in Uneventful Postmolar Patients. J Reprod Med. 2012; 57(5-6):243-248

12. Matsushita J, Ogawa M, Matsuda Y.
Pregnant uterine anomalies may be difficult to diagnose only by 2-dimensional ultrasound.
Am J Obstet Gynecol. 2012;207(4):e8-9

13. 松井英雄
PART.5その他の婦人科がんの動向 絨毛性腫瘍
からだの科学2012;274:151-155

14. 石川聖子, 花田梓, 田代有喜子, 松井英雄
クエン酸クロミフェンによる排卵誘発により心嚢液貯留と心タンポナーデを来たした1例.
日本受精着床学会雑誌 2012;29(2):383-386

15. 石川聖子, 松浦弘明, 劉典子, 花田梓, 松井英雄
多嚢胞性卵巣症候群の排卵誘発における塩酸メトホルミン1500mg/day増量投与の有用性の検討.
日本受精着床学会雑誌 2012;29(2):296-300

16. 柳沢慶香, 春山賢介, 小林藍子, 松田義雄, 北野滋彦, 内潟安子.
妊娠および分娩後の経過中、網膜症の進展を認めた罹病歴23年の1型糖尿病合併双胎妊娠の1例.
糖尿病と妊娠 2012;12(1):118-122

17.高岩正至, 小関清夫, 国井拓也, 斉藤克之, 白石学, 日野安見子, 平井康夫, 加藤智幸, 冨田善彦, 角田力彌.
米沢市泌尿懇話会「青壮年期の精巣腫瘍に対する啓発活動」(平成22年度、山形県医師会地域保健研究事業)ならびに、当院での26年間の精巣腫瘍症例の検討.
米沢市立病院医学雑誌.2012;31(1):33-37

19.松本光司, 紀美和, 小泉基生, 平井康夫, 吉川裕之.
HPV核酸検出検査試薬「インベーダーCervista HPV HR」の評価.
医療と検査機器・試薬.2012;35(3):387-394

20.土井浩達, 平井康夫, 齋藤秀一, 岡部真一郎, 森居真史, 槇田智生, 辰己優子, 金子高明, 秋草文四郎, 徳弘直紀, 江原正明.
免疫染色が診断に有用であった急激な経過を辿った胃小細胞癌の1例.
Progress of Digestive Endoscopy.2012;80(2):104-5

21. 辰己優子, 土井浩達, 槇田智生, 森居真史, 岡部真一郎, 齋藤秀一, 平井康夫, 江原正明, 金子高明, 吉村光太郎, 福田啓之, 芝崎英二, 尾形章, 高野浩昌, 澁谷潔, 野呂昌弘, 秋草文四郎.
肺癌術後に消化管出血を契機として診断された小腸腫瘍の1例.
千葉医学雑誌.2013;89(1):29-30

22. 橋本和法
内視鏡手術における研究と治療の進歩 婦人科領域
東京女子医科大学雑誌.2012; 82(4):193-199

23. 福岡勇樹, 成田琢磨, 小川正樹, 佐藤郎, 寺田幸弘, 松田亜希奈, 保泉学, 梅津香織, 佐藤雄大, 石川素子, 細葉美穂子, 森井宰, 藤田浩樹, 山田祐一郎.
妊娠後期に尿崩症が顕在化した糖尿病合併症妊娠の1例.
糖尿病.2012;55(5):335-339

24. 佐藤恵, 佐藤朗, 鎌田久美子, 森耕太郎, 長尾大輔, 小川正樹, 芹沢麻里子, 小林隆夫, 寺田幸弘.
大規模災害時のHLA型適合血小板輸血入手と広域母体搬送に関する問題点 骨髄異形成症候群合併妊娠の1例.
日本周産期・新生児医学会雑誌.2012;48(1):148-151

25. 金野潤, 小川正樹, 鈴木宏美, 高橋伸子, 三谷穣,牧野康男, 内山温, 松田義雄.
胎児期発症型の一過性骨髄増殖症候群の管理-3症例の経験より-
日本産婦人科・新生児血液学会誌.2012;22(1):s85-s86

26. 木崎尚子, 秋澤叔香, 小林藍子, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄.
出生前に3次元CTで診断した胎児1児thanatophoric dysplasia typeⅠの1例.
東京産科婦人科学会誌.2012;61(1):34-39

27. 鈴木宏美, 小川正樹, 深川富美子, 金野潤, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄.
周産期心筋症が疑われた肺塞栓合併症の妊娠高血圧症候群重症の一例.
日本産科婦人科・新生児血液学会誌.2012;22(1):s79-s80

28. 鈴木志帆,牧野康男, 深澤祐子, 小林藍子, 嶋田悦子, 秋澤叔香, 三谷穣, 松田義雄, 松井英雄
帝王切開時に低血圧から心室性頻拍を来たし、一児がacidemiaを示した双胎妊娠の一例.
日本周産期・新生児医学会雑誌.2012;48(3):745-749

29. 深澤祐子, 橋本和法, 木崎尚子, 佐々木かりん, 牧田千恵, 劉樺, 秋澤叔香, 平井康夫, 松井英雄
両側卵巣に発生したdysgerminomaの1例.
東京産科婦人科学会会誌.2012;61(2):270-275

30. 池田真理子, 橋本和法, 小関真理子, 木崎尚子, 鈴木宏美, 牧田千恵, 佐々木かりん, 高橋伸子, 秋澤叔香, 石谷健, 平井康夫, 松井英雄
未熟奇形腫の2例.
東京産科婦人科学会会誌.2013;62(1):122-126

31. 松下純子, 三谷穣, 土山史佳, 小川正樹,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
羊膜下血腫および胎児発育不全を認めた胎児十二指腸閉鎖の1例.
東京産科婦人科学会会誌.2012; 61(3):342-345

最近の発表(総説)

1. 松井英雄
【婦人科がん-最新の研究動向-】絨毛性疾患 胎児共存奇胎の診断と治療.
日本臨床 増刊号 婦人科がん.2012;70(4):733-738

2. 松井英雄
【婦人科がんの最新医学】(PART.5)その他の婦人科がんの動向 絨毛性腫瘍.
からだの科学.2012;274:151-155

3. 平井康夫
【婦人科がん-最新の研究動向-】子宮頸がん 子宮頸癌の検診・診断 細胞診、子宮頸がん検診.
日本臨床 増刊 婦人科がん.2012;70(4):133-138

4. 植田政嗣, 青木大輔, 石井保吉, 田路英作, 布引治, 長谷川壽彦, 畠山重春, 半藤保, 平井康夫, 山下博.
子宮頸がん検診における細胞診の精度管理に関するワーキンググループ「子宮頸がん検診における細胞診の精度管理に関するワーキンググループ」 調査報告書.
日本臨床細胞学会雑誌.2012;51(4):xxv-xlv

5. 小川正樹, 松田義雄.
【脳性麻痺と産科医療補償制度】低酸素性虚血性脳症による脳性麻痺 胎児期の薬物療法.
周産期医学.2012;43(2):195-198

6. 三谷穣, 松田義雄.
【CTGテキストブック2012-日本母体胎児医学会共同企画】胎児心拍数(FHR)は何によって変化するか.
周産期医学.2012;42(4):435-440

7. 三谷穣, 松田義雄.
【周産期と腎】腎疾患と産科合併症の関連 慢性腎不全 腎移植と人工透析.
周産期医学.2012;42(9):1107-1112

8. 三谷穣, 松田義雄.
【周産期胃が習得したい専門的手技―産科編】常位胎盤早期剥離の対処法.
周産期医学.2012;42(11):1461-1464

9. 三谷穣, 松田義雄.
【性感染症と母子感染―最新の診断と管理】母子感染 最新の管理法 B群溶連菌.
臨床婦人科産科.2013;67(1):144-150

10. 石谷健
中高年女性におけるビタミンおよびカフェイン摂取と乳癌発症リスクとの関連.
日本女性医学学会雑誌.2012;20(1):30-34

11. 駒形依子, 小川正樹, 橋本誠司, 櫻井理乃, 菊浦沙織, 寺田美里, 土山史佳, 佐々木かりん, 金野潤, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
広場恐怖症を合併した切迫早産妊婦の管理経験.
東京女子医科大学雑誌.2012;82(5):344

12. 金野潤, 小川正樹
【Q&Aで学ぶお母さんと赤ちゃんの栄養】Q&A産科編 妊娠前~妊娠中 疲れて眠いので栄養ドリンクを飲んでいいですか?
周産期医学2012;42(増刊):39-40

13. 佐々木かりん, 小川正樹
【Q&Aで学ぶお母さんと赤ちゃんの栄養】Q&A産科編 妊娠前~妊娠中 ざくろは妊娠によくないって本当ですか?美容ドリンクに妊婦はダメと書いてありますが?
周産期医学.2012;42(増刊):37-38

最近の発表(著書)

1. 松井英雄(板橋家頭夫 宮越敬 早川昌弘 朝倉啓文 正岡直樹 五石圭司 側島久典 土岐彰).
胞状奇胎(奇胎合併妊娠を含む).
症例から学ぶ周産期診療ワークブック.2012;11-15

2. 小川正樹, 松田義雄.
(MFICU(周産期医療)連絡協議会).第3章.異常妊娠の診断と治療 e.早産・前期破水.
MFICUマニュアル(改訂第2版).2013;152-158

3. 山本宝, 北村邦夫, 野口まゆみ, 岡野浩哉, 角田千恵子, 椎名香織, 竹村秀雄, 安達知子, 鈴木光明, 木村薫, 近藤東臣, 五味淵秀人, 栗林靖, 石谷健, 前村俊満.
学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル.2013;1-54

最近の発表(学会発表)

1. Matsui H
How best to make a diagnosis and monitoring of GTN with serum hCG?
XX FIGO World Congress of Gynecology and Obstetrics.2012/10 Rome

2. Ushijima K, Sshimada M, Kamura T, Ishitani K, Ochiai K, Takeshima N, Yokoyama Y,Furumoto H, Sugiyama T, Kigawa J.
Phase Ⅱ study of oral S-1 and oxalplatin combination chemotherapy (SOX) for patients with mucinous adenocarcinoma of the ovary.
ESMO2012 2012/09 Austria

3. Kanda E, Ogawa K, Sugibayashi R, Sumie M, Wada S, Sago H.
Stomach herniation predicts non-reassuring fetal status in fetal gastroschisis.
22nd World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology 2012/09 Copenhagen

4. 錦見恭子, 楯真一, 清川貴子, 平敷好一朗, 海野洋一, 伊澤美彦, 田中尚武, 真田道夫, 岩崎秀昭, 山本憲子, 松井英雄, 松本玲子, 佐久間有加, 遠藤信夫, 河原井麗正, 神山正明, 嘉藤貴子, 河田誠, 黒田香織, 岡嶋祐子, 生水真紀夫.
Adenofibromaを伴う卵巣明細胞腺癌の予後の検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会.2012/04 神戸

5. 松井英雄
絨毛性腫瘍(Gestational Trophoblastic neoplasia:GTN)における化学療法.
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会.2012/07 東京

6. 武者稚枝子, 松井英雄
月経関連症候群を主訴に来院した育児(産後)うつ患者に鉄剤を中心とした栄養療法を行った2症例.
第41回日本女性心身医学会学術集会.2012/08 東京

7. 吉形玲美, 鈴木宏美, 松井英雄, 太田博明.
更年期外来患者に対するエクオール含有大豆胚芽発酵食品の長期摂取による身体・精神症状改善における検討.
第36回日本産科婦人科栄養・代謝研究会 2012/08 鹿児島

8. 坂田麻理子, 芝田恵, 林由梨, 根津幸穂, 今野良, 三谷穣, 小川正樹,牧野康男, 松田義雄
病-病連携により周産期管理した、腎移植後妊娠例.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012/07 大宮

9. 平井康夫
子宮頚部上皮内病変のマネージメント HPV時代のアップデート 新ベセスダ分類の解釈とCINマネージメント.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会2012/04 神戸

10. 矢納研二, 平井康夫, 青木大輔, 森谷卓也, 坂本穆彦.
標本の適正規準を加えた記述式子宮内膜細胞診報告様式.
第53回日本臨床細胞学会総会.2012/06 東京

11. 金子高明, 吉村光太郎, 芝崎暎仁, 福田啓之, 伏見航也, 千田貴志, 松尾めぐみ, 尾形章, 江原正明, 平井康夫, 岡部真一郎, 齋藤秀一, 森居真史, 槇田智生, 辰己優子, 土井浩達.
全結腸型の多発憩室を有する繰り返す憩室出血に対してバリウム注腸療法を施行した1例.
Gastroenterology Endoscopy  2012/09

12. 矢納研二, 則松良明, 平井康夫, 青木大輔, 森谷卓也, 坂本穆彦, 植田政嗣, 清水恵子, 中山裕樹, 松元隆.
子宮内膜細胞診は体癌の早期発見に有効か?子宮内膜細胞診の診断精度向上.
第51回日本臨床細胞学会秋季大会.2012/11 新潟

13.牧野康男, 土山史佳, 金野潤, 秋澤叔香, 井出早苗, 三谷穣, 篠原徳子, 小川正樹, 松田義雄.
先天性心疾患合併妊娠における妊娠中のBNP値に関する検討.
第15回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 2013/01 東京

14. 橋本和法, 深澤祐子, 木崎尚子, 佐々木かりん, 牧田千恵, 劉樺, 劉典子, 秋澤叔香, 石谷健, 平井康夫, 松井英雄
上皮性卵巣癌に対する初回化学療法としてのDocetaxel/Carboplatin(DC)療法におけるCarboplatin量についての検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

15. 三谷穣
シンポジウム「常位胎盤早期剥離の臨床的諸問題の解決に向けて」児の予後から見た常位胎盤早期剥離の臨床経過.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012/07 埼玉

16. 石谷健, 管野仁, 齋藤史佳, 櫻井理乃, 阿部結貴, 劉樺, 橋本和法, 平井康夫, 藤井寿一, 松井英雄
婦人科癌性胸腹水に対する濾過濃縮再静注法(CART)導入における安全性および有用性についての検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会2012/04 神戸

17. 石谷健, 管野仁, 内山智貴, 木崎尚子, 深澤祐子, 鈴木志帆, 橋本和法, 平井康夫, 齋藤加代子, 松井英雄
婦人科DC療法施行症例におけるCYP39A1遺伝子多型と好中球減少症との関連.
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012/07 東京

18. 石川博士, 瀬川智也, 王桂文, 金谷裕美, 川野みどり, 木原真紀, 寺本章吉, 生水真紀夫.
多嚢胞性卵巣症候群患者血漿を用いたメタボローム解析.
第85回日本内分泌学会学術総会 2012/04 埼玉

19. 真田道夫, 尾本暁子, 田中宏一, 岡山潤, 山地沙知, 中田恵美里, 井上万里子, 木原真紀, 碓井宏和, 長田久夫, 生水真紀夫.
当院における子宮内反症9例の後方視的検討.
第123回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012/06 東京

20. 木原真紀, 山本憲子, 真田道夫, 中田恵美里, 加来博志, 山地沙知, 井上万里子, 尾本暁子, 田中宏一, 長田久夫, 生水真紀夫.
産褥8日目に低Na血症で発症したSheehan症候群の一例.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012/07 埼玉

21. 田中宏一, 尾本暁子, 井上万里子, 中田恵美里, 山地沙知, 真田道夫, 岡山潤, 鶴岡信栄, 木原真紀, 長田久夫, 生水真紀夫.
”コードむらさき“当院における産科危機的出血への対応システムの構築.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012/07 埼玉

22. 碓井宏和, 木原真紀, 山本憲子, 錦見恭子, 楯真一, 三橋暁, 生水真紀夫.
絨毛性腫瘍に対する化学療法の卵巣機能への影響についての検討.
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012/07 東京

23. 河原井麗正, 石川博士, 金谷裕美, 川野みどり, 木原真紀, 齋藤佳子, 田中知明, 生水真紀夫.
17α-水酸化酵素欠損症の1例.
第57回日本生殖医学会学術講演会.2012/11 長崎

24. 秋澤叔香
骨系統疾患の胎児診断と遺伝カウンセリング.
遺伝医学研究会協賛セミナー  2012/05 東京

25. 秋澤叔香, 浦野真理, 相楽有規子, 平井康夫, 松井英雄, 齋藤加代子.
家族性腫瘍の遺伝カウンセリングの検討.
第36回日本遺伝カウンセリング学.2012/06 長野

26. 秋澤叔香
当科における若年卵巣癌の臨床背景についての検討.
第1回城西婦人科腫瘍懇話会.2012/10 東京

27. 秋澤叔香, 管野仁, 川道弥生, 松田義雄, 太田博明, 藤井壽一, 松井英雄, 齋藤加代子.
ヒト羊膜由来の間葉系幹細胞は遺伝子細胞治療のソースになりえるか 筋転写因子MYODIを用いての検討.
日本人類遺伝学会第57回大会.2012/10 東京

28. 上田英梨子, 林聡, 小川浩平, 住江正大, 左合治彦.
胎児腹壁破裂における胎児死亡およびnon-reassuring fetal statusについての検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

29. 嶋田悦子, 三谷穣, 小林藍子, 金野潤, 秋澤叔香, 川道弥生, 小川正樹,牧野康男, 松田義雄.
合併症妊娠2700例の検討 分娩時妊娠週数、産科合併症との関連.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012/07 大宮

30. 井出早苗, 松田義雄, 嶋田悦子, 小林藍子, 三谷穣, 小川正樹,牧野康男, 松井英雄, 佐中眞由実, 内潟安子.
糖尿病合併妊娠における産科合併症の検討.
第28回日本糖尿病・妊娠学会 2012/11 東京

31. 金野潤, 三谷穣, 深澤祐子, 嶋田悦子, 小林藍子, 秋澤叔香,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
過重型妊娠高血圧症候群の臨床的特徴.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

32. 金野潤, 小川正樹, 鈴木宏美, 高橋伸子, 三谷穣,牧野康男, 内山温, 松田義雄
胎児期発症型の一過性骨髄増殖症候群の管理 3症例の経験より.
第22回日本産婦人科・新生児血液学会 2012/06 三重

33. 金野潤, 小川正樹, 嶋田悦子, 小林藍子, 秋澤叔香, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄.
TAM(transient abnormal myelopoiesis)が疑われた21trisomyの1例.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会  2012/07 大宮

34. 藏本吾郎, 平井康夫, 劉樺, 金野潤, 劉典子, 高橋伸子, 深川富美子, 嶋田悦子, 石谷健, 松井英雄
子宮内膜細胞診に対する記述的分類付記による細分類の有用性に関する後方視的研究.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

35. 高橋伸子, 小関真理子, 木崎尚子, 深澤祐子, 鈴木志帆, 駒形依子, 鈴木宏美, 秋澤叔香, 石谷健, 松井英雄
大学病院婦人科外来における十全大補湯処方57症例の解析.
第32回産婦人科漢方研究学術集会 2012/09 岩手

36. 高橋伸子, 石谷健, 清水悟, 山口直人, 松井英雄
新潟県内市町村におけるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種に関する実態調査.
第27回日本女性医学学会学術集会 2012/10 山形

37. 深川富美子, 平井康夫, 杉浦友美, 鈴木志帆, 劉樺, 高橋伸子, 劉典子, 金野潤, 藏本吾郎, 石谷健, 橋本和法, 松井英雄
子宮内膜不正出血症例の取扱いに関する後方視的研究.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

38. 深川富美子
子宮内膜不正出血例の取扱いに関する後方視的研究.
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012/07 東京

39. 阿部結貴, 三谷穣, 藏本吾郎, 金野潤, 上田英梨子, 小林藍子, 秋澤叔香, 川道弥生, 牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
糖尿病合併妊娠における妊娠高血圧症候群の検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

40. 木崎尚子, 深澤祐子, 佐々木かりん, 劉典子, 石谷健, 橋本和法, 平井康夫, 碓井宏和, 生水真紀夫, 松井英雄
分娩後絨毛癌の予後因子について.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

41. 木崎尚子, 佐々木かりん, 石谷健, 橋本和法, 碓井宏和, 生水真紀夫, 松井英雄.
胞状奇胎掻爬後24週を過ぎてもhCGが測定される場合治療は必要であるか.
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012/07 東京

42. 齋藤史佳,牧野康男, 小林藍子, 金野潤, 嶋田悦子, 秋澤叔香, 川道弥生, 三谷穣, 松田義雄, 松井英雄
先天性心疾患合併妊娠における妊娠中のBNP値に関する検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

43. 櫻井理乃, 三谷穣, 藏本吾郎, 金野潤, 小林藍子, 秋澤叔香, 川道弥生,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
腎移植後の妊娠許可条件の妥当性に関する検討.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

44. 佐々木かりん, 平井康夫, 木崎尚子, 牧田千恵, 劉典子, 秋澤叔香, 橋本和法, 松井英雄
当科における子宮頚部初期病変の子宮温存手術後10年間の追跡調査.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

45.鈴木宏美, 小川正樹, 深川富美子, 金野潤, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄.
周産期心筋症が疑われた肺塞栓合併の妊娠高血圧症候群重症の一例.
第22回日本産婦人科・新生児血液学会 2012/06 三重

46. 牧田千恵, 橋本和法, 中野千枝, 大原麻美, 吉形玲美, 石谷健, 松井英雄, 太田博明.
閉経後女性におけるFRAXを用いた骨粗鬆症治療介入基準についての臨床的・医療経済的検証.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

47. 鈴木志帆, 三谷穣, 金野潤, 嶋田悦子, 小川正樹,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
重篤な転帰をたどった脳血管障害合併妊娠の2例.
第123回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012/06 東京

48. 深澤祐子, 三谷穣, 藏本吾郎, 金野潤, 小林藍子, 秋澤叔香, 川道弥生,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
浮腫先行型妊娠高血圧症候群症例の臨床像.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

49. 池田真理子, 橋本和法, 小関真理子, 木崎尚子, 佐々木かりん, 牧田千恵, 鈴木宏美, 高橋伸子, 秋澤叔香, 石谷健, 平井康夫, 松井英雄
未熟奇形腫の2例.
第363回東京産科婦人科学会例会 2012/09 東京

50. 菅野俊幸,牧野康男, 木崎尚子, 阿部結貴, 藏本吾郎, 金野潤, 深川富美子, 小林藍子, 秋澤叔香, 三谷穣, 松田義雄, 松井英雄
興味深い経過をたどった肝被膜下血腫合併妊娠の一例.
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012/04 神戸

51. 小谷侑里, 小川正樹, 金野潤, 嶋田悦子, 小林藍子, 秋澤叔香, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄.
移行抗体高値を示すBasedow病合併妊娠の管理経験.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012/07 大宮

52. 杉浦友美, 三谷穣, 金野潤, 嶋田悦子, 小林藍子, 秋澤叔香, 小川正樹,牧野康男,松田義雄.
腎移植後腎不全合併妊娠の一症例.
第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 2012/07 大宮

53. 杉浦友美, 松下純子, 小関真理子, 板井侑里, 池田真理子, 櫻井理乃, 金野潤, 木原真紀, 石谷健, 橋本和法, 平井康夫, 松井英雄
絨毛性疾患の術前診断で緊急子宮全摘出を施行した侵入奇胎の1例.
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012/10 山梨

54. 寺田美里, 松田義雄, 菊浦沙織, 三谷穣, 小川正樹,牧野康男, 松井英雄, 佐藤昌司.
日本人の出生体重に関与する因子の検討.
第36回日本産科婦人科栄養・代謝研究会 2012/08 鹿児島

55. 寺田美里, 阿部結貴, 鈴木宏美, 高橋伸子, 石谷健, 橋本和法, 平井康夫, 松井英雄
婦人科がん再発による閉塞性黄疸に対して胆道ステント留置術を施行した2例.
第365回東京産科婦人科学会例会 2013/02 東京

56. 松下純子, 三谷穣, 土山史佳, 小川正樹,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄.
羊膜下血腫および胎児発育不全を認めた胎児十二指腸閉鎖の1例.
第362回東京産科婦人科学会例会 2012/05 東京

57. 菊浦沙織,小川正樹, 土山史佳, 金野潤, 三谷穣,牧野康男, 松田義雄, 松井英雄
出生前に発見された縦隔リンパ管腫に対するMRIおよび超音波検査の有用性.
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012/10 山梨

58. 花田梓, 平井康夫, 木村祐子, 深川富美子, 藏本吾郎, 秋澤叔香, 石谷健, 橋本和法, 西川敏郎, 松井英雄
子宮内膜LBCによる無敗卵生周期に伴う機能性出血の細胞学的研究.
第53回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2012/06 千葉

59. 花田梓, 平井康夫, 木村祐子, 深川富美子, 木原真紀, 石谷健, 則松良明, 矢納研二, 西川敏郎, 松井英雄
子宮内膜癌発見におけるOSG式内膜細胞診判定様式を用いた子宮内膜LBC法の有用性.
第51回日本臨床細胞学会秋期大会 2012/11 新潟

60. 広兼春美, 平井康夫, 花田梓, 木村祐子, 深川富美子, 藏本吾郎, 木原真紀, 石谷健, 西川敏郎, 松井英雄
子宮内膜悪性病変摘出材料を用いたLBC(TACAS)法による子宮内膜細胞像の検討.
第51回日本臨床細胞学会秋期大会 2012/11 新潟

61. 橋本和法
『子宮内膜症の治療戦略』~患者さんのQOL向上を目的とした薬物療法と最近の話題~
TOKYO Gynecology Seminar 2012/9  東京